ジーンズ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ジーンズ」の項目を執筆しています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「ジーンズ」の記事を執筆しています。

ジーンズとは、特殊な性質を持つ衣類である。

概要[編集]

ジーンズは機能性に特化した衣類であり、デニム記事を使ったズボン全般を指す。カラージーンズというものもあるが基本的にはインディゴブルーであり、これは1870年代に虫除け染料として流行したのが切っ掛けだとされている。元は鉱山で使用されており、長期間穿き続けても擦り切れないようにとにかく頑丈である。ただし時代を下るとファッション性を持たせるようになり、頑丈さは薄れていった。こちら葛飾区亀有公園前派出所でも「進駐軍のはとにかく頑丈で10年は穿けた。最近は縫い目まで軟弱になった」と嘆くシーンがある[要出典]

年代による名称の変遷[編集]

特に日本においては、ジーンズをどう呼ぶかは年代によって大きく異なる。団塊の世代辺りは「Gパン(ジーンズパンツ)」だが、バブル以降は海外と同じく「ジーンズ」となる。しかしゆとり世代の前後からは「デニムパンツ」の呼称が一般化した。前の世代からすれば、デニムと言えば上っ張りだしパンツと言えばこっちであり、世代間の衝突を招く一因となっている。

また形に関しても名称の世代間変化があり、例えば70年代に流行した裾の広いベルボトムはその後「ゲルググズボン」という呼称になっているし、ローライズジーンズも「ヒップハング」と呼ばれるようになっている。こういったものは常に最新の名称を持ちいなければ時代遅れと見なされてしまうため、余計に世代間の衝突を煽ることになっている。

その他の多様性[編集]

ダメージ加工の例。「貧乏臭い」「繕ってあげたい」と思ったらオバサンである。

服飾の世界では極めて珍しく、ジーンズはダメージ加工を許される存在である。ダメージジーンズというジャンルはあれど、ダメージワンピースやダメージスクール水着などはまず存在しないしあったとしても価値は低い。しかしジーンズは「漂白する」「石と一緒に洗濯する」「タバコで焼け焦げを付ける」「裁ち鋏で切り刻む」「車で轢く」「ショットガンで撃つ」などして意図的にボロボロにする事で、価値を上げることが可能。

また、ジーンズは基本的に洗濯を行わないという特徴もある。これは「意図しないダメージを防ぐ」という効果と共に体臭を込めることで愛着性を高める効果もあると言う。傷だらけでロクに洗濯もしていない衣服が価値を得るというのは、服飾界においてはジーンズやブルセラのように特殊なものに限られている。

関連項目[編集]