ジョーンズ星

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ジョーンズ星 (- せい) とは、太陽系外にある惑星

ジョーンズ星人という人型の知的生命体が生息する。近年、こりん星ケトル星との外交関係があることが確認された。

概要[編集]

領主エージェントK。敬称はボス

アメリカ極秘宇宙人管理機関メン・イン・ブラック(略称、MIB)に長年所属していたエージェント・K(本名:検閲により削除)は退職後に暇をもてあましていた。そこに知り合いの宇宙人から田舎暮らしを薦められ、一念発起したエージェント・Kが墾田永年私財法に基づいてせっせと耕した惑星がジョーンズ星である。前職が前職ゆえ、エージェント・Kの本名は極秘となっている(抹消されている)。

環境・生物など[編集]

惑星環境
大気組成は地球と同等だが、宇宙放射線重力が強い。
ジョーンズ星人
外見的には地球人と同様。そのため、地球には多数潜んでいるものと思われるが、検閲により削除
アメリカでは主に橋管理局に偽装した宇宙港、日本ではこりん星大使館に併設された宇宙港を利用している。本星の重力が強いため、筋力が地球人の数倍であり、目に見えないほどの速度で動くこともできる。(そのため、温泉卓球が強いのだとする説がある。)
植生
日射量など環境の相違により、この惑星ではコーヒーノキは育成しない。そのため、ジョーンズ星ではコーヒーを飲む文化が存在しない。

言語・文化[編集]

ジョーンズ星の言語日本語と酷似している模様。なぜなら調査員ジョーンズに本星から送られた文書は日本語そっくりの文字であった。 また、ジョーンズが八代亜紀の歌に感動できることからもそう思われる。

彼が日本を中心に調査していたのもそれが理由かもしれない。

関連項目[編集]


Alberteinsteintongue.jpg ジョーンズ星は執筆者が光速に近い速さで書いたため、ローレンツ収縮により短くなっていますもっとゆっくり書いてくださる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)