ジュラルミン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ジュラルミン」の項目を執筆しています。
Bouncypotato.gif
この記事「ジュラルミン」は何故か「ジェラルミン」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

ジュラルミン(duralumin)とは、アルミニウムを主成分とした軽合金製のテディベアである。近年はその軽合金自体を指すこともあるが、[1]テディベアの方が広く知れ渡っているので、本項目ではこちらを扱う。

えっ、「リボンの騎士」の登場人物でもあるって…?そんなの知るかっ!

概要[編集]

ジュラルミンはアルミニウムに4パーセント、マンガン0.5パーセント、マグネシウム0.5パーセントを標準組成とし、全長0.16Hyde(25cm)くらいのテディベアに形作られている。1906年、ドイツの冶金学者であったA.ウィルムが当合金を発明し、そのことに対して気を良くしたウィルムが調子に乗って、記念にと自分で鋳型を作り、金属製のテディベアを製作したのがきっかけである。ウィルムの発明したこの軽合金はジュラルミンだけでなく、飛行機の骨組にも利用されており、今日もジュラルミン[2]はどこかのを飛んでいる。

性能など[編集]

耐熱性・強度に優れているジュラルミンは、気球の放出するでもびくともせず、高さ20Hyde(30m)の位置から落下させてもその形状を保つ。また、ジュラルミンはとても抱きしめやすい形をしており、強く抱きしめたりすると「めえぇぇ」と喋り、なのに山羊バナナマンの日村のような鳴き声をするというお茶目で可愛い意外性も見られる。[3]ごくまれに「わんわん」との鳴き声もしたり、「やんだ あとで なかす」といった恐怖的な発言を発することもある。

三半規管があるようで、高所から落としてもちゃんとから着地する。そのときに両腕を挙げてポーズを決めたり、ヘリポクタープロペラのように回されてもを回さなかったり、後転をしたりすることから新体操のセンスがあることがうかがえる。

なお、は可動式であり、固定しないと自身の手足を使って移動するので、おもちゃのに乗せるときはシートベルトをさせ、一緒に寝るときは体から離れないようにする必要性が生じる。

性格など[編集]

  • 恥ずかしがり屋で、から見えにくい場所に隠れている。
  • 狭い所が好きで、袋の中によく入っている。
  • 喋らそうとすると喋らなくなるという、天邪鬼のような一面を持っている。
  • 寝相が悪く、寝かせても布団から出て行ってしまう。
  • 折り紙セミを食べる。
  • もっぱら不思議な気持ちに浸っている。
  • 蹴られたらおたふくかぜに罹るが、を抜くと治る。
  • 体中にくっつき虫をつけたがる。
  • 何回も高い所から落とすと、その人を嫌う。
  • 時々忘れられる。
  • かわいい。

種類[編集]

ジュラルミン
一般的なジュラルミンで、ショッピングモールの専門店などで取り扱っている。
超ジュラルミン
材料の合金は2024合金のマグネシウム1.5パーセント、銅4.5パーセント。別名「ヴィンテージテディ1908レプリカ」で、価格は¥50,000(税込)。ジュラルミンよりも硬く形が崩れにくいが、硬くて抱きにくいという欠点がある。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「超々ジュラルミン」の項目を執筆しています。
超々ジュラルミン
材料の合金は7075合金の亜鉛5.5パーセント、マグネシウム2.5パーセント、銅1.6パーセント。ジュラルミン専門店の店頭に置いてあり、全長は1Hydeを平気で超える。ジュラルミンよりも硬く形が崩れにくいが、上と同じく硬くて抱きにくい。
想像から作られた超ジュラルミン。
F8F ベアキャット
第二次世界大戦末期、ジュラルミンを参考に製造された戦闘機。そのずんぐりとした可愛らしい外見で日本軍の零戦パイロットを骨抜きにする予定だったが、実戦投入前に終戦となった。しかし熊猫ってパンダじゃねえの⁉

注釈[編集]

  1. ^ 合金2017のこと。
  2. ^ ここでは軽合金のジュラルミンを指している。
  3. ^ ただしやりすぎると顔から外れなくなってしまうこともあるので、注意が必要である。

関連項目[編集]


この項目「ジュラルミン」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)