ジャー・ジャー・ビンクス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
「不愉快です。」
ジャー・ジャー・ビンクス について、大衆

ジャー・ジャー・ビンクスとはアメリカの戦争ドキュメンタリー映画スター・ウォーズ』に登場する人物ではない。いや、『スター・ウォーズ』に登場するの部分まではあっているがではない。この場合クリーチャーと称するのが最も適切。グンガン人というナブーの原住民の男性。身長は196cm。名優ヨーダの約3倍。最も重要なことはhydeの身長は156cm

概要[編集]

前述の通り『スター・ウォーズ』に登場するキャラクターなのだが、可哀想なこと可哀想なこと。大衆に苛められているのである。イジメの理由は言われもないことで。我々はイジメをゆるしません!

イジメの詳細[編集]

  • とある国女王に厄介ごとの種などと言われる。そもそもその国の名前は彼の惑星の名前のはずなのに国の名前として扱われ、原住民であるジャージャーらは見下される。
  • 平和の使者ジェダイの1人でもあろう人に舌を捕まれる上に、お下品などという罵声を浴びせられる。
  • 映画を見た大衆によって勝手に不愉快なキャラ1位にされる。
  • 映画館で雑誌を見ている子供たちに気持ちが悪い奴と称される。ここから親たちのすりこみを案じさせられる。
  • 金ぴかの機械というより最早金ぴかの機械ですらなかった回線丸出しの野郎に「変わってますね」と言われる。
  • エピソード2では数十秒の登場となり、エピソード3でも登場予定だったのが、製作者側の都合で削除される。製作を請け負っている人たちの中でもいじめが垣間見られるという悲惨さ。
  • それでもって出身の集落からは追い出された身で、帰郷しても押し置きをされる。ちなみに彼らは同種のクリーチャーである。故郷でもいじめられていた。
  • 工事中のタグを貼り付けたのに編集されない。
  • 赤リンクが目立つ。
  • 面倒になって節スタブを貼られる。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

数少ない友達[編集]

  • この項の筆者
  • この項の読者の一部

実情[編集]

それでも本人はいじめを認識していないのか、気にしていないのか、実際はいじめはないのか、明るく振舞っているのか分からないが、典型的ないじめられっこのような陰湿な性質は持ち合わせていない。それ故にいじめが絶えない一要因なのかもしれない。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ジャー・ジャー・ビンクス」の項目を執筆しています。