ジャン拳

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ジャン拳(じゃんけん)とは、単純な拳法である。

概要[編集]

パンチ、目潰し、張り手で構成されている拳法。ウミガメ好きの山賊からヤムチャまでこの拳法に敗れた者は多い。この拳法をマスターすれば腕力や体格に関係なく、たとえ子供でも女性でも幼女であろうと、ガチムチの大男に三分の一の確立で勝てるといわれている。

グー[編集]

いわゆるパンチ。これが奥義でありながら、この拳法の使い手はグーを先に打ってしまう。

チョキ[編集]

手を鋏の形にして目潰し攻撃。

パー[編集]

いわゆる張り手、掌底突きなど。

チー[編集]

オーラを溜めて斬る

この拳法の使い手[編集]

単純な技でありながら、亀仙流で受け継がれている伝統の技である。彼らにとってかめはめ波以上に重要な技なのかもしれない。

毎週日曜日の終わりに30秒ほど、この拳法の極意が映されると言われている。放映される理由はわからないが、大企業の陰謀があるらしい。

この拳法のライバル拳法(流派)[編集]

この項目「ジャン拳」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)