ジャパン州

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ジャパン州(じゃぱんしゅう)とは、日本国アメリカ合衆国に併合されたときに名乗る名称である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ジャパン州」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アメリカニゼーション」の項目を執筆しています。

成立[編集]

第二次世界大戦で日本が敗北した際にアメリカに植民地にされる可能性が大いにあった。その場合には植民地にされるより、アメリカに併合される道を選び、選挙権などを得て国民生活を守るために州として併合されてアメリカの他の州と対抗する必要があった。結果的にその必要はなかったのだが、アメリカに併合される可能性が出てくるたびにこの名前はたびたび出てくることとなった。

アメリカに併合された場合[編集]

  • 名称はジャパン州となり、公用語は英語、通貨はドルとなる。
    • 日本語が第二言語として認められるかは微妙。は間違いなく廃止となる。
  • 日本に返還される前の沖縄のような状況になる。
    • ただし、同じアメリカなので甲子園の土を持ち帰ることができないなどの惨事は発生しない。
  • 文化は特に変化無し。現状の日本もすでにアメリカナイズされているため。
    • むしろ、日本文化が早くアメリカに吸収されていた。
  • 一流の野球選手は大リーグに流出してしまう。
    • もっともNPBが既にマイナー(3A)化しているのであまり深刻ではない。
  • 天皇制は当然廃止。天皇皇族は姓を付与され一般市民になる。アメリカ人にとって国家元首はアメリカ合衆国大統領、「」とはキリスト教の神だけ。

政治的影響[編集]

アメリカ上院は各州から2人の議員が選出される制度であるので、ジャパン州選出の議員はたったの2人である。これでは、大勢に影響は薄い。

アメリカ下院は人口比例で議席が配分されるため、ジャパン州に配分される議席は下院総議席435議席のうち、およそ110議席前後になる。下院の動向はジャパン州の政治情勢にかなり左右されることが予想される。具体的な案件で考えれば、「学校で進化論を教えてはならない」などということに賛成するジャパン州民は皆無と思われるので、このような議案は通らなくなるだろう。キリスト教右派涙目である。

もっと重要な問題がある。大統領選挙である。現在の規定通りに大統領選挙人を配分すると、ジャパン州に割り当てられる選挙人の数は110人を超えると予想される。アメリカ本土最大の州であるカリフォルニア州でさえ55人である。選挙人は各州ごとの勝者総取り方式なので、ジャパン州における勝敗が大統領選挙の結果を左右することになる。各大統領候補はジャパン州での勝利のために必死になるであろう。日本流の選挙戦術である「土下座」をマスターするアメリカ大統領も出てくるかもしれない。なお、大統領候補は、連邦憲法が「13植民地当時からの移民の家系、または生まれながらのアメリカ市民」と資格を規定しているので、併合されて以後の国民しかなれない。

内政の大変動はない(現状、アメリカの各州が一国並みに知事・議会・最高裁判所と三権を持っている)。

アメリカ以外に併合された場合[編集]

現在ではアメリカだけでなく国連を中心として様々な国からたかられている。そのうちアメリカ以外にも日本を併合しようとするかもしれない。ここではアメリカ以外が日本を併合した場合想定されることを記述する。

中国
中華人民共和国日本特別区になる。併合された場合まず搾取の対象となり、チベット人や東トルキスタン人や台湾人並みの扱いを覚悟する必要があるだろう。中国の国営コンビニが日本に進出して、東京都心の街角でも気軽に米と卵を買えるかもしれない。もっとも香港のような「一国家二制度」は確実に容認される。
ロシア
ロシア連邦イポーニヤ国またはイポーニヤ州になる。公用語はロシア語になり、日本人が発音しにくい巻き舌が多い言語なので訛りまくって新しい方言ができるかもしれない。もっとも、日本降伏直後の分割占領案(ドイツとか朝鮮半島みたいに)がアメリカに反対されて潰れたという現実があるのでロシアによる併合というのは考えられない。
イギリス
ジャパンランドまたはイギリス連邦の一員になる。国家元首はイングランド国王になる。一国二元首はあり得ないので天皇制は廃止、または総督としてのみ生き残れる(この場合も世襲は出来ない)。イギリスの4つの国+1になる可能性が高い。ユニオンジャックに組み込んでもらえるサービスがあるかも知れない。メシは確実にまずくなる寿司を味わっていた人々が、フィッシュアンドチップスを食わされることになり、落差に愕然とするであろう。その他、食文化の面では、国民がマーマイトの味に慣れるまで、何人が餓死するかは、ロンドンのブックメーカーの良い稼ぎの種になりそうだ。もっともイギリスからは遠過ぎ、イギリスにとってどういう利益があるのか全く不明。
韓国
いわゆる韓日併合である。東京の首相官邸跡地には大韓民国日本総督府が設置される。旧日本地区は「日本道(イルボンド)」に再編されるであろう。在日コリアンは在韓コリアンになるので、単なる「韓国系韓国人」という珍しくも何とも無い存在になる。通貨はウォンになる。ウォンは最も高額な紙幣でも50,000ウォン札(4,000円相当)しか無いので、日本列島在住の新韓国人の財布は厚くなって不便になるだろう。テレビ局は韓流ドラマを昼間から流すことになるだろうが、現状と何の変化も無い。また、「東海(トンヘ)」の対象も太平洋になるだろう。何故なら、西日本にとっては東海は「北海(プクヘ)」、東日本にとっては「西海(ソヘ)」だからである。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

総論[編集]

もしアメリカに併合された場合には当然主権を失う。州としての自治権はあるものの、連邦の下での制約されたものになるであろう。もっとも、合衆国内部での政治的発言力はかなり大きなものになると思われる。これは大統領選挙の選挙人と下院の議席の配分が州の人口に比例して決められているからである。

もっとも、日本人の右派は中国韓国は敵視してもアメリカには平気で擦り寄る連中ばかりなので、アメリカに主権が委譲されたとしても大喜びするだろう。

関連項目[編集]