ジャック・デリダ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ジャック・デリダアルジェリア出身のライトノベル作家。ライトノベルという蔑称に近い表現を嫌い、ライトノベルを「エクリチュール」というなんだか高尚っぽい響きの言葉で表現したことで有名。また、無類の声優嫌いとしても知られており、声優のアンチスレで定期的にネガティブキャンペーンを行っていたことでも知られる。

概要[編集]

少年の頃、デリダは学校が嫌いであった。学校を好きになったことは一度もないと語っている。なぜなら、彼の学校は学校の図書館にライトノベルを置くことを赦してくれなかったからだ。幼い頃からライトノベルに親しんできたデリダにとって、ライトノベルを学校図書館に置くことを許さない教員達は頑迷な老人にしか映らなかった。

その後、ルイ・アルチュセールと知り合い、彼から影響を受けることで想像力と構成力を開花させ、ライトノベル作家として大成する。しかし、アルチュセールは晩年ヤンデレと化して妻を絞殺したキチガイである。朱に交われば紅くなる。なるべくしてデリダもキチガイとなった。このほか、マルティン・ハイデッガーも、彼の作風に強い影響を与えた。しかし、デリダは当時植民地だったアルジェリアの出身、片やハイデッガーは沢山の植民地政策を推進していたナチスドイツの出身で、ヤスパースなどを迫害したナチスに加担していた。弾圧される側の人間が、憎むべき弾圧する側の人間に私淑するという、凡人では出来ないことをやっている。

デリダは、ライトノベル執筆の際ネタが思いつかないとき、ドイツに行ってエドムント・フッサールのミイラを掘り起こしては、サンドバッグ代わりに何回も殴打した。殴打している内に、ネタが思いつくのだという。

ロラン・バルトフィリップ・ソレルスと知り合ったことが切欠で、ソレルスが編集長を務めるテル・ケル文庫からライトノベルを刊行する。1967年、『グラマトロジー』『声と現象』『エクリチュールと差異』という三作品を一度に刊行する。この三作品は世界観を共有しながらそれぞれ一冊ずつでも十分読み物として面白く読める作品で、デリダの書いたライトノベルの白眉と言われる。

1968年、五月革命が起こった。多くの知識人はこれを擁護し、積極的に後ろ盾となるなど活躍したが、この頃デリダはのっぺらぼうとホモセックスに夢中で干渉するタイミングを逃してしまった。そののっぺらぼうもまた作家であり、モーリス・ブランショなどという名前を名乗っていたらしい。デリダは音声をパロールという表現を使って呼び、唾棄していた。彼にとって、セックスの際に口から出てくる喘ぎ声は、ただただ不快であった。それゆえ、のっぺらぼうのブランショとセックスしようとしたのである。なお、このとき、デリダは自分自身も喘ぎ声を出してしまわないよう、スケキヨマスクで顔を覆ってホモセックスに望んだ。しかしそのせいであやうく窒息死しそうになった。

その後のデリダはますます奇行が著しくなった。1972年に刊行された『ポジシオン』『散種』は狂気の書物と呼ばれる。ポジシオンのポジは言うまでもなくHIV陽性のことであり、当時まだ偏見著しかった同性愛を主題とした重い作品でありライトノベルにしては重すぎると批判された。『散種』については、なんとデリダは挿絵の部分に自分の精液をばら撒いて刊行させた。何ゆえこのような狂気に走ったのかは不明である。

作風・思想[編集]

デリダが生まれた時代、ライトノベルはアニメ化前提が当たり前という時代だった。多くのオタク達は、作画やアニメで声を当てる声優、BDの売り上げにばかり注目していた。デリダは、こうした風潮を嫌忌した。ライトノベルは地の文こそが主軸であるという信念を持っていたからだ。さらに、アニメ化されて音声化した地の文は、声優の演技や伴奏されるBGMによって本来のものから意味が乖離してしまう。その結果、サムゲタンのステマを行う反日作品などあらぬ誤解を招かれて叩かれる温床になってしまう。これはデリダが最も嫌うものであった。そのため、彼は自分の作品をアニメ化させることを断固として拒んだ。しかし、その姿勢がアニメを造ってる偉い人達の反感を買い、麻薬の密売をしていたという罪をでっち上げられてプラハで拘束されたりもした。

デリダの作品は相応に人気を博したが、他方、「ありきたりなキャラクターや世界観など、ただの二番煎じ、馬鹿の一つ覚えな展開を斬新であるかのように文飾で見せかけているだけ」、「作品がグダグダになる傾向が強い」など、辛辣な批判もされている。

反声優活動[編集]

デリダは声優について強い反感を持っていた。彼らの声の演技によって原作の地の文が駆逐されてしまうという危惧を抱いていた。そのため度々2ちゃんねるやYahoo知恵袋などに入り浸っては声優に対するネガティブキャンペーンを行っていた。生天目仁美のスレッドが宗教関連の話題で荒らされまくったのも、大体デリダの仕業である。

造語[編集]

ライトノベルでは、設定や超能力の名称として、カタカナの読みが振られた漢字として表現される、中二病臭い言葉が現れる。多くは作者による造語である。デリダも例外ではなく、その作品の作中で様々な造語が登場した。以下、有名なもののみ抽出する。

当該項目を参照
これは漫画やゲームでもあるのだが、巻が進んだり、続編が出ると、後付設定によって、それまでの設定と辻褄が合わなくなることがある。これを正当化するために生み出されたのが「差延」の概念である。差延とは「差異」と「延長」を合わせた造語で「Differance」と呼ばれる。後付設定が出来たり、物語の進行で世界観が変わってしまうことを正当化するための概念で、どんなに絶対的と思われるものでも、時間が延びればズレが生じるというのがその趣旨である。例えば、フリーザ編の間はフリーザが宇宙最強だったが、その後フリーザより強いセルが出てきたり、しまいにはフリーザなんて雑魚扱いの界王神や魔人ブウが出てきた、サイヤ人は悟空とべジータとナッパとラディッツの4人しか生き残らなかったのに後付設定でターレスやブロリーという生き残りがいることになってしまった、なども、差延の一種である。この概念を使えば、ある程度の超展開も正当化できてしまう。汎用性の高い概念であった。なお、Differanceは、差異を意味する「Difference」と同じ発音である。しかし、スペルは明確に異なる。これは、スペルは違うが発音は同じ別の意味の言葉を設けることで、アニメ化された折に声優に発音させることを困難にしてやろうという、デリダ流の嫌がらせであった。

関連項目[編集]