ジャズ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
「いいプレイをする奴なら、肌が緑色の奴でも雇う」
ジャズ について、マイルス・デイヴィス
3分の音楽を3分で作曲するということだ」
ジャズ について、ピル・エヴァンス
「私の音楽に対する勉強は、変ロ嬰イの違いを学んだことからはじまった」
ジャズ について、公爵エリントン
クラシック音楽合体したい」
ジャズ について、東海林ガーシュウィン
楽器壊してもいいのかい?」
ジャズ について、オスカー・ワイルド
「半年しか経ってないんですけどジャズり方が尋常じゃないんですよ」
ジャズ について、ブクロのキング
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ジャズ」の項目を執筆しています。

ジャズ(Jazz)は、誰もが無意識に発する即興的な音。

ジャズを音楽の一部であるとする主張に加え、自分が認める演奏および自分の演奏以外をジャズとは認めない宗教が登場し、このままでは自己収縮の末に絶滅するとしてワシントン条約に掲載された。

歴史[編集]

最初の爬虫類が気まぐれに発した声に始まり、人類の歴史より長い。当然人類も誕生当時から演奏している。記録方法が無かっただけだ。そもそも、気まぐれがそのままジャズになるため、記録することに意味は無い。

楽譜に頼らず演奏できる音楽としても人気が高かったが、後述する宗教によってジャズの敷居が高く見えるようになってしまい、現在では難しい音楽と考えられがちである。

方法[編集]

意図の有無を問わず、動物が発生させる音はすべてジャズである。動物自体だけでなく、道具を用いて出した音も含まれる。

実例[編集]

以下はほんの一例である。

なお、いずれの方法も後述の宗教はジャズとして認めていない。

例外[編集]

ただし、予定調和によって生み出される音はジャズではないと考えられている。この観点からすると、以下のものなどはジャズとは言えないことになる。

音楽としてのジャズ[編集]

ジャズは音楽の一部であり、したがって音楽でないものはジャズではないとの主張もある。この主張によれば、ジャズとは即興的な音楽演奏を指す。

即興性[編集]

即興性の幅は非常に広く、イントロやエンディングはもちろんのこと、リズム、メロディ、曲の長さ、曲名に至るまで自由に変更可能。そのため、ジャズにかかれば次のようなことが可能である。

  • 国歌を2曲以上(ラ・マルセイエーズ君が代など)同時に演奏する
  • 既存の作品の音を一部変更して自分の新作であると主張する、あるいは誤解させる
  • 既存の作品の一部のみを演奏して自分の新作であると主張する、あるいは誤解させる
  • 既存の作品の曲名を変更して自分の新作であると主張する、あるいは誤解させる
  • 演奏せずNEETになる
  • 4分33秒に即興で音を加える
  • 4分33秒リピートを加えて無限ループ

あまりの即興性の高さに原作レイプが公然と行われており、著作権侵害が日夜繰り返されているが、あまり管理局には睨まれていない。原型をとどめていないケースが多いためと思われる。原作よりも他の演奏の方が有名になった場合、原作が盗作扱いされることも多い。

他の音楽との関連[編集]

ジャズを意識的に取り込み、発展した音楽ジャンルがいくつか存在する。

宗教としてのジャズ[編集]

近年、自分が認める演奏と自分の演奏以外をジャズとは認めない宗教が登場し、勢力を強めている。

教義[編集]

この考えでは、ジャズとは自分が認める高貴な演奏、もしくは自分の高貴な演奏に酔いしれる祈りの時間を意味する。高貴なる奏者はとなって降臨し、信者は演奏に参加して酔いしれるか演奏に聴き入って瞑想する。

信者は選民思想に染まっており、ジャズを自分たちの専有物だと勘違いしている。演奏は一般的に退屈か狂気的だが、信者だけは演奏に没頭している。空気なんて読むな。


特徴[編集]

基本的に煙草仔猫のどれか1つは服用しないと奏者にも聴衆にもなれないため、未成年は参加できない。

依存度が非常に高く、この宗教に人生を捧げてしまう者が少なくない。中には「ジャズは俺の」と主張して戸籍上の独身を貫く「」もおり、これらの人々を総称して「ジャズメン」と呼ぶ。

演奏が一瞬でもキマったと感じると解脱することができる。上述の服用物は解脱を助ける上で必須である。一旦解脱して酔いしれる喜びを知ってしまうと依存度は更に強まる。中にはオトナの音楽を自称して勧誘活動を繰り広げる者もある。

実際、服用物も相まってキマった瞬間を目の当たりにしたと錯覚し、オトナの音楽と信じ込んで入信する者が後を絶たない。特に演奏にまで手を出してしまう入信者には注意が必要である。入信後まだ解脱していない者が演奏すると、奏者は技能不足の疑心暗に陥って悩み、聴衆も一体奏者が何をしたいのか理解に苦しみ悩むという何の得にもならない時間が発生する。奏者が解脱した場合は、演奏に酔うことのできない正常な者が去った後、自身が快感に呑まれているとしか受け取れない世界が繰り広げられ、得にならない時間が発生する。

聖地[編集]

信者であれば一生に一度は、聖地巡礼の旅としてアメリカ合衆国ニューヨークの地を訪れることを推奨される。この地では、や最終解脱者達による布教が日常的に、それもごく僅かなお布施で行われており、世界中からこれを求めて信者がやってくる。なかにはこの聖地の魅力に取り憑かれ、そのまま住み着いてしまう者や、何度も訪れる者もいる。無論、信者とは言えそのような者達は外国人なので、合法なビサを所持している事を求められるため、移民局により不法移民として摘発される信者が後を絶たない。信者の間ではこれは宗教弾圧であるとされている。

現状[編集]

全国の大学サークルや地域団体によって積極的な布教活動が行われている。ジャズを職業と自称し、布教の広告塔となって活動する者もいる。

当然布教のために各種メディアもフル活用されており、楽譜映画CDDVDも数多く制作されている。これらは前述したように予定調和に基づくものであり、本来ならばジャズには含まれないが、誰も気にしない

祈りや解脱不足による時間の浪費は夜に行われることが多く、信者の多くが睡眠不足であるか昼夜逆転生活をしている。このため国民生活の更生の観点から破防法の適用が検討されている。

時間使うってレベルじゃねーぞ!」
ジャズ について、モノウ・ルッテレ・ベルジャネーゾ

尚、聖書としてはスイング・ジャーナル、AdLib、ジャズ批評などの雑誌が配布されていたが、多くの信者が低年齢化および幼稚化したのに伴いジャズ教からクラブ・ジャズ教に改宗し、お布施の額が激減した。その結果スイング・ジャーナルとAdLibは出版できなくなった。この事象は「2010AD クラブジャズ教の氾濫」と一部で呼ばれている。

大日本帝国とジャズ[編集]

現在では、「ジャズは戦後日本の象徴」と呼ばれることも多いが、実は戦前からジャズは大日本帝国においては人気で、戦時中においては、ジャズが禁止されていたほどである。 しかし、ジャズを生み出したのは黒人。「白人列強から解放すべき者」である。なぜ禁止したのだろう?ドイツのクラシックは演奏されてたのに

関連項目[編集]

  • 音楽
  • 君が代 - 一説には即興で作られたと言われ、ジャズの可能性がある。
  • 宗教
この項目「ジャズ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)