ジパニウム

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
ジパニウム(Zipanium)
一般特性
名称, 記号, 番号 ジパニウム, Zp, 78
分類 金属
族, 周期 10, 6
密度 19.4 g/cm3
金色
原子特性
原子量 193 amu
原子半径 121 pm
注記がない限り国際単位系使用及び標準状態下。

ジパニウム(Zipanium)とは、ネオ元素のひとつ。 ネオ原子番号78、ネオ元素記号Zpジパンジウムジャパニウムニッポニウムヤポニウムとも呼ばれる。

ヒヒイロカネと混同されることもあるが全くの別物である。

概要[編集]

黄金色の輝きを持つジパニウムは、錬金術の研究の過程で生まれたネオ元素である。 原子核の周りを電子以外に八百万の神が飛び回っており、このために黄金色の光沢が生まれている。 と非常によく似た性質を持つが、硬度だけはと大きく異なり、9.0と非常に硬い。

最大の特徴は、外部からの圧力によって容易に形を変えられることである。硬くて加工が容易であるため、様々な機械に利用されている。

またアメリシウムとの合金は非常に頑丈で、性質もアメリシウムによく似るので、取り扱いが危険なアメリシウムの代用物として利用されている。

既存の技術ではメビウスの輪の形がもっとも丈夫な形である。理論上はクラインの壷の形状がもっとも丈夫だが、現在まで加工法は確立されていない。

また、ジパニウムに外部と内部を勘違いさせることで、極めて丈夫な金属板を作ることができる。 ロボット工学の権威兜十蔵博士が開発したこの技術を応用し、巨大ロボットの開発が現在進められている。(→マジンガーZ

その他[編集]

旅行家マルコ・ポーロによってその存在が予言された。 学者たちの間で元素記号をZpにするかJpにするかYpにするかで意見が分かれ、論争となっている。(周期表のZpは創価学会の公式見解によるもの。)

この項目「ジパニウム」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)