ジキル博士とhyde氏

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ジキル博士とhyde氏(-はかせ-ハイドし、原題:The height of Mr.hyde is 156cm. )は、作者不明の小説の一つである。作者・作成年代などの記録が一切残っていないが、一説には、1560年に作成されたと言われ、156cmを題材とした代表的な小説であるといわれる。そのため、「ジキルとhyde」と言えば、hydeの身長は156cmの代名詞として使われることもある。 なお、ハイド(hyde)という名前は、hyde氏が156cmの身長を隠していることに由来することは周知の事実であろう。


スポイラー
スポイラー

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、フェル博士の正体はハンニバル・レクター教授であることや、親戚一同が会した遺言状公開の席にいた犬神佐清は実は別人だったことや、渚カヲルは第17使徒タブリスであることや、ギラタクルの正体はキルアの兄のイルミ・ゾルディックであることや、マーティン・ジグマールは自分のアルターに殺されることや、クラウド・ストライフはソルジャーではなく一般兵であることや、バイラム幹部マリアの正体はレッドホークの恋人であることや、吾輩」は偉そうな事言った挙句に酔っ払って溺れ死ぬことや、ウィキペディアアンサイクロペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、救急箱を手放さないようにしてください。

ストーリー[編集]

弁護士である、A氏が、友人ジキル博士と身長が156cmhyde氏が異常に緊密すぎる関係にあるのに疑問を抱き、調査していくと、hyde氏の周りで身長測定の装置が次々と破壊に遭っているという事実が判明し、そのどれもが、156.1cmより上が壊されていた。さらに、街ではハイヒールのかかとの尖っている部位だけが盗難される事件も発生した。

Aは、その事件の内容から、hyde氏が関係しているとわかったのだが、そのAが襲撃、拉致された。Aは身長が、190cm以上あったのだ。

無事一命は取り留めたものの、「この件にこれ以上関わると、そのうち、足を切られ、身長が1hydeになってしまう。」そう感じたAは、それからというもののこの件に関しては一切触れなくなった。

こうして、hydeの身長は156cmという事実は闇に葬られたが、その後、ジキル博士が死んだと同時にhyde氏も失踪。そう、ジキルとhydeは二人で一人だったのだ。

作者不明の背景[編集]

この作品の作者が一切分からないというのは次の理由が考えられる。

しかし、作者に関する事実は闇の中である。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ジキル博士とハイド氏」の項目を執筆しています。
Bouncypotato.gif
この記事「ジキル博士とhyde氏」は何故か「ジキル博士とハイド氏」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。


二代.jpg この項目「ジキル博士とhyde氏」は、先人によって冒頭部が作られ、代々伝えられてきた物語のほんの序章に過ぎない、始まったばかりの項目です。これからの本当の物語の綴り手は、あなた自身です。 (Portal:スタブ)