ジキル博士とハイド氏

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Alice Liddell.jpg
修正依頼
この項目は、文章が冗長・まとまりを欠く・エッセイ的である・不適当な翻訳など改善の余地があるため、修正・推敲を広く求めています。
修正の要点 : このページのノートまたは履歴をお読み下さい。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ジキル博士とハイド氏」の項目を執筆しています。

ジキル博士とハイド氏 (- はかせ - し)とは、19世紀にスティーブンソンが書いた小説あるいはそれを題材とした映画。

概要[編集]

ヘンリー・ジーキル博士が薬物乱用の果てに「エドワード・ハイド氏」を名乗って無差別大量殺人を起こす。その薬は人格も体型も身長も変化させる作用があり、変身後はなぜか後退ができずひたすら前進あるのみである。

作者であるスティーブンソンは、蒸気機関車の発明者を父に持ち、自らも初の実用的蒸気機関車を設計しただけあり、蒸気動力の巨大アンドロイドとハイド氏が死闘を繰り広げるスチームパンクの名作として名を残している。

一方で、主人公が友人に背後から抱えられて友人の手で抜かれるシーンなど過激な性表現もあり、当時のお上品な文壇で物議を醸した。

映画化決定[編集]

この小説は映画化され、映画黎明期の特撮映画として映画史に名を残す存在である。 変身したエドワード・ハイド氏は着ぐるみ(スーツメイション)により操演された。着ぐるみを着た役者は80分の1に縮小されたロンドンの街を破壊し、人型蒸気と格闘戦を繰り広げる。

ハイド氏のモデル[編集]

例のあの人」は5フィート1インチと書かれており、原作でもヘンリー・ジーキル博士より明らかに身長が低いと書かれている。「名前を呼んではいけないあの人」は「雲に隠れて上半身は見えず、あの恐ろしい両足だけが街を蹂躙」「1マイル近くの巨体」ということから、こちらが怪獣映画のモデルになったと考えられる。

ビデオゲーム[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ジーキル博士の彷魔が刻」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「平和にお使いをするゲーム」の項目を執筆しています。

怪獣映画で著名な東宝からファミコン用ゲームソフト化された。無政府状態になったロンドンを舞台としたアクションゲームに改編されている。

  • ジキル博士状態では、とりあえず平和におつかいをしてくるゲームとなっている。コンビニで牛乳を買ってくる、コカインにはまってたせいで数日間登校してない学校へ行って研究費をせしめてくる、など、ごく普通の日常生活を送ることになる。
  • しかしムカツク事態がつぎつぎに発生する。特に、旧支配者の研検閲により削除窓に!窓に!
  • ジキル博士のSAN値がゼロになると、なぜか一方向にしか歩けない怪人ハイド氏に変身して暴れはじめる。
  • この状態では、DOOMのやりすぎで高校を火の海にしたり、失恋を銃で解決してジュウ教授をぶち殺したり、ぬこサイレンサーを製造したり、自殺目的で小学生を虐殺したり、ロリ惨殺ビデオを製作したりと暴虐非道の限りを尽くすことができるが、身長も体力もスペランカー並に低いことは忘れてはならない。
  • 放っておくとハイド氏は良心の呵責に耐えかねて銃を口にくわえて自殺してしまうため、その前に殺したいだけ殺して破壊したいだけ破壊しておくといい、せっかくだから。
  • ハイド氏の状態で一定以上悪事を重ねると、全ては異民族のせいとして論理をすりかえたのか、元のジキル博士に戻って、なにごともなかったかのごとく婚約者にストーキングをする仕事に戻る。
  • ハイド氏の身長は画面上156ドットである。ファミコンの画面は224ラインしかないため、ジャンプボタンを少しでも長く押すと頭をぶつけて死ぬ。

近年、DreamcatcherからもPC用3Dアクション・アドベンチャーゲームとしてゲーム化された。ゲーム中、プレイヤーは「自分は日本人です」と絶えず主張する必要がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

Bouncypotato.gif
この記事「ジキル博士とハイド氏」は何故か「ジキル博士とhyde氏」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。