ジェロニモン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ジェロニモンとは、『ウルトラマン』に登場する怪獣検閲により削除である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ジェロニモン」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「ジェロニモン」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「ジェロニモン」の記事を執筆しています。

概要[編集]

『ウルトラマン』第37話「小さな英雄」に登場した怪獣検閲により削除の異名を持つ地球出身の怪獣。ホワホワ検閲により削除を思わせる羽飾りや白く立派な髭が特徴的な怪獣である。怪獣検閲により削除の異名を持つだけありジェロニモンの知能は高く、計画性や戦術眼も有している恐るべき怪獣である。そのホワホワ検閲により削除を思わせる風貌ゆえに、『ウルトラ怪獣かっとび!ランド』や『ウルトラマンSTORY 0』など一部の漫画作品では高齢の怪獣として書かれているが、検閲により削除=年寄というわけではないため、こうした設定は原作においては特に存在しない。

最大の特徴として、ジェロニモンはホワホワの儀式により死んだ怪獣を生き返らせることができる。ジェロニモンによって甦らされた怪獣は、ジェロニモンの命令をなんでも聞く傀儡となり、まさしく検閲により削除のごとく部下を操ることができる。この能力を用いて、ジェロニモンはウルトラマンや科学特捜隊に倒された怪獣を60体(そんなに放映当時いねえよ)も復活させ、怪獣検閲により削除の名のもとに地球人への復讐を行おうとした。その行動はまさに、嘘で大切なものを奪われたホワホワが徒党を組んで復讐を行った、ジェロニモンの名のもとになったかの有名な検閲により削除に酷似していた。

主な武器は口から吐く真っ白い反重力ガスで、まるでホワホワの吹かす紫煙を思わせる。背中のホワホワに酷似した羽飾りはすべて毒羽根であり、ジェロニモンの念力で自在にあやつられ敵を襲う。その姿はまるで機関車を襲うホワホワの軍勢の毒矢のようだ。

行動[編集]

ジェロニモンは手始めにゴモラレッドキングという地球圏最強のパワーファイターを蘇らせようとしたが、死体が手に入らず失敗し、代わりにゴモラと同じ地底怪獣であるテレスドンと、レッドキングにやられたドラコの死体をホワホワの秘術で蘇らせた。その結果、テレスドンは昼間でも動き回れるようになり、ドラコは翼を失ったものの強靭な両腕と5本の角を持ちパワー・アップした。さっそく検閲により削除として命令を下そうとするジェロニモンであったが、元々極めて頭の悪い二体は勝手に喧嘩を始める。ジェロニモンが検閲により削除気取りで仲裁をはじめ、喧嘩は収まったのはいいものの、うっかりレッドキングの死体を探そうとして多々良島で拾ってきたピグモンまで再生させてしまったのはジェロニモンの運の付きであった。はっや。

人間に味方するピグモンは検閲により削除を裏切り、「ジェロニモンは怪獣の検閲により削除だ。奴は超能力を持っている」と科学特捜隊に恐るべき計画を暴露。イルカの研究家と天才イデ隊員の協力により翻訳装置が完成され、復讐計画はまだ何も行っていないにもかかわらずすべて科学特捜隊に筒抜けになってしまった。ブチ切れたジェロニモンはテレスドンとドラコを差し向け、ピグモンはペッチャンコに叩き潰され一瞬で死亡。「ウルトラマンさえいれば人類側の自助努力は無駄なのではないか?」と悩んでいたイデはこの死とハヤタの怒りを見て考えを改め、ドラコを新兵器スパーク8で倒す。テレスドンもなぜか今まで一回も出てこなかった新戦術トリプルショットで瞬殺され(なら毎回そうしろ)、遂にジェロニモンは部下が一人もいない検閲により削除にされてしまった。というか、仲間がいない検閲により削除はもはや検閲により削除じゃないだろう。

怒りのあまりジェロニモンは科学特捜隊に襲い掛かるもそこにウルトラマンが現れ、ホワホワとの塹壕戦のように岩山を挟んで向かい合う。ジェロニモンは毒羽を飛ばしウルトラマンを苦しめるが、ウルトラマンはスペシウム光線でこれらをすべて焼き払う。そして真後ろからとびかかって頭の毛を全部抜いて丸ボーズにすると、ジェロニモンの吐いた反重力ガスをバリアーで弾き返す。ムーンサルト回転したジェロニモンはウルトラマンに抱え上げられ、最後はイデ隊員のスパーク8で木っ端微塵にされた。

かくして悪魔の計画は防がれたわけであるが、ジェロニモンもまた人間の乱開発によって住処を奪われた存在ともいえ、ホワホワ同様に侵略の被害者であるとも言える。

おことわり[編集]

なお、本記事には大変民俗学的見地において不適切な表現が存在していますが、その表現を書かずにジェロニモンに関する記述を行うのは、放映当時の文化・風俗・製作者のメッセージ性を薄める意味を含みかねないので、多少手直ししたうえで記させていただきました。決して揶揄・差別の意味はないことをここに明記しておきます。

関連項目[編集]

UltramanA.jpg ジェロニモン未完成だ。編集を忘れないでくれ。
互いにいたわり、どんな記事も大切にする心を失わないでくれ。
たとえその気持ちが何百回裏切られようと。それがわたしの、最後の願いだ。 (Portal:スタブ)