シーサーペント

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情乳酸菌が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「シーサーペント」の項目を執筆しています。

シーサーペント ( : sea serpent ) は一種のである。蛇目の海蛇科に属する。仲間(亜種)はワニ(というかモササウルス)やオタマジャクシの姿である。

名前の由来[編集]

この名前は一般的にシー(海)とサーペント(蛇)の合成とされているが、これでは只の海蛇となってしまう為、沖縄人が蛇妖怪アカマタをモチーフとして、その後、シーサーを合わせてシーサーペントになったという説もある。

ギリシャ神話でのシーサーペント[編集]

ここではリバイアサンと同一視されている。当初はワニにされていたが、蛇にしだいに変わってきた。これはエジプトの神であるセベクが「ワニの妖怪だの神だのは私が務めるからオマエは蛇になれや!。」と言って蛇にした。ちなみにエジプトにアポピスと言う蛇がいる。

UMAとしてのシーサーペント[編集]

主なシーサーペント

ニューネッシー[編集]

ニューネッシー。

ネッシーと呼ばれているが、本人が言うにはシーサーペント。しかし姿はプレシオサウルスのようなので嘘の可能性がある。体臭が凄い為に、海に捨てられた。

グロスターのシーサーペント[編集]

このシーサーペントは出没する場所の名前がグロブスターのようなので、グロブスターとは敵対している。この場所が舞台の映画があったがこの映画への出演は叶わなかった。

イベリアン号のシーサーペント[編集]

第一次世界大戦中、ドイツ潜水艦であるU-28イベリアン号を撃沈させた。イベリアン号が沈んでから25秒たって、イベリアン号は特撮の怪人のように爆発をおこす。すると海中からモササウルスのような生物がジャンプした。

ロベール・ル・セレックの撮影[編集]

フランス人の詐欺師であるロベール・ル・セレックは家族や友達と一緒にキャンプをしていた。彼らはボートに乗っていた。すると子供が何かに気がついた。なんと海中に大きなオタマジャクシがいたのだ。彼は写真に収める事に成功するが、オタマジャクシが襲撃してきた。必死で逃げるとオタマジャクシは諦めたのか珊瑚礁の裂け目からゆっくり帰っていった。ちなみに写真は偽物と判断されたそうである。

正体[編集]

正体についてはリュウグウノツカイ説が有力であるがメガマウスと名乗るや空から降ったらかなり町が崩壊しそうでフランスのどこかの村でう○こが降るという現象よりやばそうなオタマジャクシ、クッパよりでかいの説がある。

関連項目[編集]

この項目「シーサーペント」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)