シーサー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「シーサー」の項目を執筆しています。

シーサーとは、沖縄県民が屋根や、玄関場合によっては、市役所にも飾る[要出典]ありがたい置物である。

概要[編集]

今日も眼を光らせている。

古来より獅子正義の象徴[不要出典]であり、その眼は悪を見抜き、その牙で悪を砕くと言われている。これが、4世紀ごろにシルクロード経由で中国商人から「一日一回、崇めるだけで、運気が上がる置物だ。」と言われた、琉球人が高額で買い上げ、自分の家に飾ったのが始まりである。

シーサーの名称に関しては、本土から太閤検地に来たものが、島の者が皆して、シーサーを崇めるのを見て「いったいこれは何だ?」と聴いたところ、琉球の人々は「見てわからないのか。これは獅子さぁ」と自信たっぷりに答えたのであった。じきにそれが訛って「シシサァ」から「シィサァ」そして「シーサー」と呼ばれるようになったのであった。なお、これはかなり無理やりであるとして、大多数の頭の固い人達は信じていない。

魔除け[編集]

新興宗教の元で、育まれたシーサーは時代が経つごとに、だんだんとあのような、恐ろしい風貌になっていった。

この事から、沖縄および奄美諸島では少しばかり美容的な観点からアレな殿方やご夫人は「シーサー」と陰口されたほどである。そんなシーサーは妖怪魔物にとっても近寄り難い存在であるらしく、シーサーが屋根の上で昼寝などしていると、台風ですら遠慮してそばを通過するまでにその威光は行き渡っていたようだ。[1]

現代[編集]

畏れおののけ、アヤカシも魔も。

かくして沖縄の代名詞として知られるようになったシーサーは日本全国に広まり、神道との習合過程において狛犬へと変化を遂げたり、獅子のままであり続けたりするのであった。また、材質も石像だけでなく石膏陶器青銅コンクリートなどさまざまなアレンジが試みられ、魔除けとしての効能を期待して衣服などにプリントされることもある。が、前述の通りあくまでイミテーション(模造品)はイミテーションに過ぎず、なんちゃって魔除けで完璧な効果を期待するほうが無理と言うか無謀と言うか、とにかく甘いのである。

[編集]

  1. ^ と、琉球人が思っているだけである。

関連項目[編集]