シークレットブーツ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「シークレットブーツ」の項目を執筆しています。

シークレットブーツ(Secret Boots)とは、その名の通りあらゆる機密情報(国家機密、企業秘密、禁則事項、一族の秘密、自身のプライベートな秘密など)を肌身離さず隠しておくことを目的として着用される履物である。類似語としてシークレットシューズ(Secret Shoes)があるが、これは大阪・西天満に総旗艦店を置く紳士靴量販店シューズ・オットー[1]登録商標であるため、本項ではシークレット・ブーツの表記で統一することとする。

概要[編集]

シークレット・ブーツは一目見るだけでは一般的なとの違いは見られない。これは秘密を隠していることを安易に知られないためである。

靴の中に機密情報を何らかの媒体に記録し靴の中に隠しておく。記録媒体としては古くから使われるから一昔前に使われた小型のコンパクトカセットがあり、現在ではICチップCFカードメモリースティックSDカード等が主流である。

隠す位置は、機密保持の観点から足の甲の上部、かかとの後ろ、つま先の下よりもかかとの下に収納することが最も目立たなく情報を隠すことができるようである。 確かに足の甲の上部だと異物が足の中に入っていることが前から一目見てわかってしまうし、かかとの後ろだとやはり後ろから見た場合にすぐにわかってしまう。また、つま先の下に隠すとや足指によって記録媒体が損傷してしまう可能性がある。

構造[編集]

かかとの下に情報を隠すため、記録媒体が履く者の体重の重みに耐えられるかどうかが重要となってくる。そのため、かかとの下は記録媒体を保護するハードケースとその周りに足をハードケースの硬さから保護するウレタンで包むことが一般的な構造となっている。ここで使用されるハードケースのシェアトップはゼロハリバートン、ウレタンのシェアトップはデュポンである。

近年では、空気の圧力で遊びを作り記録媒体を保護する方法もある。機密の保存性では従来法を凌ぐものであるが、収納できる量が少ない。しかしその敷居の低さでアクティブ指向の者や中二病患者を魅了している。これはマイケル・ジョーダンが発明し、ナイキが独占的なライセンスを取得して製造・販売している。発売当初は大人気で機密情報目当てのカツアゲが行われたこともあった。

現在では秘密の多いエクゼクティブは従来法のシューズを、秘密の少ない若年層や激しく活動する者は空気圧保護式という形で棲み分けが進んでいる。

誤解[編集]

シークレット・ブーツへ隠す記録媒体の量が多いと履く者の身長が数cm高くなってしまう。この現象からシークレットブーツの存在は広く世に知られることとなった。印象が先行してシークレットブーツは身長をごまかすためのものという認識が一般化しているが、これは大きな誤りで、シークレットブーツの本来の目的は機密情報の保持にあることを忘れてはならない。

そうであるから、身長が殆ど変化していない者であってもシークレットブーツを履いている可能性が大いにありうるのである。匿名による調査によると、国家公務員のキャリア組のうち実に8割の人間がシークレットブーツを履いているという調査結果が野村総合研究所によって発表されている。

それでもシークレットブーツをはいて身長が数センチ高くなる人間は低身長の者が多いので、誤解はなかなか消えてなくならない。しかしこれも、高身長の者が数センチ身長が高くなるシークレットブーツを履くとただでさえ目立つその図体がさらに目立ってしまうが、低身長の者は数センチ高くなろうが大して目立たないという経験則の元、高身長の者は進んで収納力の大きいシークレットブーツを履きたがらないということが原因である。

着用している人物[編集]

  • 金正日 - やはり国家を統べる将軍様は膨大な機密情報を抱えており、15cm高くなるシークレットブーツを履いている。
  • キムタク - このような抹殺することが困難な有名人に報酬を支払い、機密情報を持たせることが日本の中枢では一般的である。妻子を持ったことで個人の秘密が増えたのか、最近ではシークレット靴下やシークレットカツラも着用しているようである。

着用していない人物[編集]

  • hyde - 自身の身長は156cmと正直に申告する人物が多くの秘密を持つはずないだろう。常識的に考えて。