シルバーレイン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

シルバーレインとは北海道にある家庭内手芸企業トミーウォーカーが開発したなりきり課金ゲーム。同社TRシリーズの二作目に当たる。システム開発はASH有限会社、メインイラストレーターはたぢまよしかづ。上様からは『まだまだだね』

概略[編集]

現代日本の色んな所に、鎌倉時代あたりから世界の影から生活を守護してきた「世界結界」のほころびにより発生した「魔暴すべし銀」現象の副産物「妄想暴走垢病」と、それにテンション下がりながら頑張っている「能力者」を育成するべく公的資金が注がれた鎌倉市にある「銀誓館学園」の生徒達&一部大人に成りきれて居ない社会人の汗と涙の青春群像を描く、学園伝綺なりきりチャット。

公式サイト上では「main illustration : たぢまよしかず 」と表記されているが、企業としての関連はなく、たぢま個人の活動として、おっぱいPC(プレイヤー)やグギギアイコン、また、キャラクターの作成および参加を行っている。

ついでに言えばこのチャットの対象年齢は萬30歳までと定められており、これを過ぎるとなりきろうとする本人達が暴走してしまうので、チャット参加の際に身分証明書と市役所から出される親印が必要となっている。

特徴[編集]

  • 本作の世界観で最も特徴的なのが「世界決壊」の存在である。世界決壊は、人々の「不思議な事などぶっちゃけ有り得なーい」と信じる勝手な思い込みを力の源とし、ぶっとんだ存在や現象を一般人の目から見えない場所にこっそり隠す。その力は人々に「常識による虚象(自分達が作った設定で見えない象さん)」を見せるほど強力なもので、ゴースト達も7割の例外を除いては、世界決壊の影響下では効果を使えなくなるスキルドレイン状態になる。ただし、人々がそれまでの常識を疑い出すと、決壊の効力が弱くなってしまう。主な舞台である楓華列島だけは、世界決壊の作り出した歪みが集中する場所となっており、決壊が正しく作動しない。その原理や成り立ちについては解明されていない。なお同業他社の作品等に出てくる「世界結界」と名称がダブるので、一発変換で出る「世界決壊」となった。
  • ゴースト」は基本的に東部同盟諸国との共存は不可能な、交渉の余地の無い列強種族として描かれているが、例外的にキングモーラットを除く「使役ゴースト」のみは、冒険者が☆0.5を払うことにより、パートナーとして共に戦う事ができる。使役ゴーストに関しては謎が多く、何故彼らのみが冒険者パートナーになり得るのか、通常のゴーストを使役ゴースト化する事はできるのか、そもそも通常のゴーストと使役ゴーストを識別する方法はあるのかなど、全てが不明でザウスのみが知りえるが、異世界の人たちがぶっ殺しちゃったので、知ることはできなくなっているので楽しくなっちゃいますよね?
  • ゴーストには大きく分けて、特定のテリトリー内で大きな力を振るう「自爆」、罠カード「リビングデッドの呼び声」又は某社のウィルスによって生まれ、自分に愛情を抱く者の禁則事項ですを得て身体を維持する「ゾンビ」、常に垢病に悩まれている幼い動植物のゴースト「幼獣」、高い知能ち、十二使徒として知られる女性型ゴースト「リリス」、無添加ゴースト「メガリスゴースト」のおよそ五種類が存在する。ゴーストは、長い平和に慣れきって平和ボケした現代人にはとても迷惑な「よくある倒すべき敵」だが、後述する「来訪者」など世界の真実を知る者の視点では「自然現象」であり、経験値を吸い取るために倒すだけの「スライム」も同然と映るらしい。なお、自爆霊、ゾンビ、幼獣の三種がほとんど理性を持たない(あったとしても断片的)のに対し、リリスだけはノーベル賞を受賞する並の人間と同等以上に賢く、冒険者になりたい意思を持つ人間を好んで(性的に)狙う性質がある。メガリスゴーストは2008年12月に登場した新種族で、後述のメガリスの力によって発生。一般人の装備カードとなり行動する。メガリスゴースト以外のゴースト(特に幼獣)は女性を特に好み、蛸などの触手を持つものには、戦闘不能になれば真っ先に禁則事項ですされてしまう。
  • TW1無限のファンタジアにおける「列強種族」に近い立場の存在として「来訪者」がある。彼らは「世界決壊」が形成される以前の忘れ去られた歴史において、ある者は人類と敵対し、またある者は人類と共存していた「宇宙人未来人異世界人超能力者」である。現代においては「鬼蜘蛛戦争」を経て、やっと人類にその存在を思い出されたかわいそうな子でもある。来訪者の多くは、冒険者をも凌駕する強大な力とゴーストには無い軍事力、そして巨大な力を秘めた古代の遺産「目がリス」を所有しており、過去の栄光と繁栄を取り戻すべく、冒険者や他の来訪者達と壮絶な殴り合いを繰り広げている。来訪者の間にもそれなりの俺ルールが存在し「因縁深い敵対種」でも無い限り、理由無く他の来訪者へPKを仕掛ける事は厨とされるらしい。
  • TW1での「グリモア」が破壊不可能なクリスタルであるのに対し、「目がリス」は破壊する事で真価を発揮する(ただし、一つの能力者組織の総力を結集しなければならない)インスタント食品という風変わりな特徴を有し、破壊した時に発動する「目がリス破壊効果」(TW1でのグリモアエフェクトに相当)も組織ごとに異なる。目がリス破壊効果は、各組織の特徴を反映したものである事が多い(若い力の集う銀誓館学園の目がリス破壊効果は、キャラクター全員が効果期間中ゾンビ化する「生命賛歌(笑)」)。目がリスそのものも特殊能力を持ってはいるものの、関わった者に災厄をもたらすようなデメリットとメリットがつりあっていない力である場合が多く、しばしば怪奇事件の元凶になっている。
  • 冒険者は、たとえ「ひんし」に陥ったとしても、「げんきのかけら」を使用すれば「魂が肉体を凌駕し」ギリギリのところで立ち上がることが出来るよ!これにより、漫画などでよく見られる「すでに立ち上がれないほどのダメージを受けているにも関わらず、根性で立ち上がる」ベタなシチュエーションをルールに則った形で再現できるようになった。(しかし突然新技を使い出したり、異常にパワーアップ前世の力を開放する等はしない)
  • キャラクターが所属するキャンパスとクラス、担任や教室内での席順が適当に決められている。また、担任や各クラスの人数設定なども適当に設定されており、学園都市級巨大校における学園生活を演出している。
  • TW1では追加要素として「ライバルが味方になる」や「新必殺技」使用などベタな事があったが、本作では「新ジョブ追加」がそれにあたる。「ジョブチェンジ」のシステムがあるため、一人のキャラクターが多くのジョブを経験しグランドマスターになることも可能。ゲーム開始から現在まで、年間10前後のジョブが追加されており、まだまだ増えるようで実質グランドマスターとなることは不可能になっている。
  • ちなみに、ストーリー上の主な舞台は合衆国日本に限定されているが、海外を起源とするジョブも色々と因縁をつけてちゃんと手に入るようである。(現状、来訪者達は合衆国日本以外で本来の力を発揮できる場所が無いので、自然に日本へ集まってくる。4年ごとにオリンピックも開催されている)「海外を起源とした」ジョブが出るということで、お隣の半島にあるお国が「すべてのジョブはウリ達が起源ニダ!」とうるさいので、かかわらないよう来訪者ジョブは全て日本もしくは欧州が主である。(来訪者ジョブとしてではなく通常の冒険者ジョブとして除霊建築士が大陸からは一応来ている)
  • 吸血鬼などもジョブと存在するため、「俺は人間をやめるぞジョジョ~!!!」と屋上で叫ぶ人間が後を絶たない。
  • イグニッションカード≠パクティオーカードである。
  • 女性のみ服が破れるのは仕様。

主な登場キャラクター[編集]

ver0.5~[編集]

メインキャラクターより先に使えたNPC。と言ってもそもそも経験値稼ぎができたのは0.6の教室での依頼受領ができるまでできなかった。0.8以降でないと、お化け屋敷が使用できなかったため、依頼外ではいるだけであった。

揚羽・夏希(C.V.関智一
最初期からいるキャラクター。「燃えるぜバーニング」と叫びつつ、重火器から波動球を打つ、ネオジャパン出身のガンダムファイターであり、唯一の姐御キャラ。卒業後は立派なオバサン大人のお姉さんになった。取扱説明書、第三期販促ポスターに登場している。
山神・伊織(さんしん・いおりん)
鬼の末裔。その証拠に右頭部に白い角が生えている。強い人に出会えば即戦闘のポケモントレーナー体質。単体で見せるとゲームを間違えられてしまうので注意。取扱説明書に登場している。
金森・あかね(かねもり・あかね)
⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーン
藤間・圭(エル・ローライト
「さぁ、私を殺してみろ」「私がLです。」「やはり…私は…間違って……なかった…が…ま…」等名台詞を残した名探偵。果たしてこの先生きのこれるのか。
桜井・優希(さくらい・ゆーき)
ゆうしょただしいまほうつかいショタ
日下部・拓海(たくみん)
ぼくのうたをきけ!ショタ
高瀬・綾乃
BLEACH参照。
詩条・美春
ひぐらし参照
神凪・刹菜
マクロス幸星参照
鷲崎・北斗(わしざき・ほくと)
初期頃から重宝されているムロフシバイオハザード主人公もできる、主人公向きなキャラ。ハンマーを逆噴射して飛べる。
緋月・涼(c.v.コッペパンを要求する軍曹
どう見てもミツルギ。を持っている者なら惹かれるのではないか?

ver1.0~[編集]

ようやくこの時からストーリー外でもメインキャラクターが使えるようになった。
なぜ最初から使えなかったかは不明。

雛森・イスカ(いしずえ・かなた)
メインヒロイン。一応女主人公といわれる立場でもある。「主人公」だけあって特にぶっ飛んでいることもなく、平凡である。(メインキャラクター以外は明らかに趣味に走った設定ばかりである。)しかし極度の甘党。スタート画面や初期販促ポスターにはデカデカと載るが、それ以外目立たなく影が薄い。学園入学後に教室を選べばルートに入る。あまり近くにいると危ないヨ
毒島・修二(どくしま・しゅうじ)
真のヒロイン。巨乳でツンデレ、強い先輩と多くの設定が混ざっている。どこぞの先輩とは姉妹。イレズミをしているようだがあれは油性マジックで描かれた模様である。学園入学後にお化け屋敷を選べばルートに入る。
御鏡・更紗(みかがみ・ささら)
兵器×幼女。「白き狼」ではなく娘。Ver2.0で加入するめぐるとは特に対立などはなく普通だが、美幼女会内では稀によくある。何だかぶっ殺したくなる程楽しくなっちゃいますよね?学園入学後に美術室を選べばルートに入る。
癒月・マヒロ(C.V.youを歌ってる人)
ボケ担当。春夏秋冬いつでも暑くなってしまいプールにいつもいる。むしろプールが家。腰のラインが最優秀。初期販促ポスターにいない。学園入学後にプールを選べばルートに入る。片手を忘れた人と一緒にいたりする
夜取木・楓(やどりぎ・かえで)
電波。学園入学後に図書館を選べばルートに入り、魔道書のありかがわかる。
八坂路・繰太(コピーロボット)
男主人公。主人公といってもストーリー上だけなので、実際主人公は自分がキャラクターメイクできる。無口・影が薄い邪気眼キャラ。ランスが主兵装。24時間いつ屋上に行ってもいる村人A。ルートが無いのはもういるから。
ミツルギ・レイジ
初版ver0.5~1.0までのみ没データとして入っているキャラクター。戦闘にPARを使って出してもスパロボZ西川チャーハンのようになるだけである。誰かに似ているが他人の空似。1.0までに出しておかないと1.2からは使用不可。
国見・眞由璃(ひらさか・はつねくにみ・まゆり)
土蜘蛛の女王その1、すでにお亡くなりになっている。
葛城山を不法占拠し抵抗したが敗れ、半年後そこには元気で駆け回る土蜘蛛達の姿が!
土蜘蛛の女王はもう一人存在するが、ごめん、覚えてない。
伯爵(C.V.若本規夫)
吸血鬼がハイパー化した「原初の吸血鬼」の一人、原初の吸血鬼の常としてゴーストの追っかけが絶えない。
ゆりゆり(ゆりゆり)
えっちなのうみそおいしいです
廉貞(れんさだ)
七星将候補生の武曲を見に来ただけの人。ナズェ ミテルンディス!?
七星将になると強くなる代わりにもれなくユーモア欠乏症に陥ってしまう。

余談[編集]

グループSNEよりソードランドの出版が行われているが別に関係ないね。