情報処理装置

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「シュレッダー」の項目を執筆しています。
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイくじけぬ心が必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。

情報処理装置(じょうほうしょりそうち)とは、全国の官公庁企業学校各種団体で使われる、仕事を高速で片付ける装置である。

機能[編集]

この装置はいろいろ種類があって、大きさも宝石箱ぐらいのものから、大きいものになると冷蔵庫ぐらいの大きさのものがある。

駆動させる方式は電動式がほとんど。小型のものには手動式もある。

処理したい情報を紙媒体に印刷して、その装置の中に挿入すると自動的に処理されるのだ。中にはCD-Rや磁気ディスクなど、紙以外の媒体でも対応できる機種もある。

使い方[編集]

処理が難しい情報や、解決が困難な案件を処理するのに、この装置を使う。ビジネスでの難しい案件も、この装置を使えばすぐに解決する。

使用例[編集]

ある政府では、地方住民から解決困難な陳情が寄せられると、この装置を使って解決している。陳情書をこの装置に入れれば、たちまち解決し、仕事が片付く。陳情は無かったことになる。

どんなコンピュータよりも処理速度が速い。もし、普通のコンピュータで処理しようとすれば、10年かかる案件でも、この装置を使えばすぐに片付いてしまう。

また、緑色の小さな悪魔などを突っ込みフレッシュなジュースを造ることも可能である。

製品紹介[編集]