シャーリー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「シャーリー (漫画)」の項目を執筆しています。

シャーリーとは森薫によって描かれた漫画作品。19世紀ロンドン寿司BAR「モナ・リザ」の店主クランリーの弟子で寿司の為、冥土まで供をするシャーリーが究極にして至高の寿司を握るまでの苦難とそれを妨害ないし利用する悪の組織食家軍団らとの愛と激闘の物語である。

ストーリー[編集]

ヴィクトリア王朝19世紀ロンドンはジャポニズム趣味の浸透によって、腹切忍者浮世絵歌舞伎寿司芸者が人気職業や注目商品となっていった。ロンドンで寿司BARを営む28歳の女主人ベネット・クランリーは富裕層の出身であったが、独身であり寿司BARの職人兼経営者であった。

労働階級の年配者に安定した人気をもっていたリーズナブルな寿司BAR「モナ・リザ」であったがクランリーはある日、いきなりやってきた日本人の威厳ある年配者に「こんなものは鮨ではない!!」と一喝されてしまう。無礼な和服姿の男に怒りを感じつつも確かに自分に渡日経験がないことを感じていたクランリーは悩む。

翌日、更に若い日本人男女二人に「ねぇ…このお鮨」「ああ、化学調味料だ」と謎の呪文を云われたクランリーは、遂に寿司道を極める決意を固めた。

自分の修羅の道に冥土まで付き合ってくれる相棒兼弟子が欲しかったクランリーは新聞に「寿司冥土募集」と広告を出す。連日業務の後の鮨研究で疲労困憊のクランリーの前に現れたのはなんと寿司冥土志望の13歳になる少女シャーリーであった。


spoiler
spoiler

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、ヒトラーがユダヤ人である事を記した文書はカウフマンに確保されるものの既にヒトラーは死んでいたことや、ギラタクルの正体はキルアの兄のイルミ・ゾルディックであることや、力石が試合直後に死亡してしまうことや、結崎ひよのは鳴海清隆が鳴海歩に絶望を与えるために用意した最後の切り札であることや、鷲津が事切れたのを見て赤木しげるが自分から投了してしまうことや、セーラーVは本物のセーラームーンを誤魔化すダミーだったことや、奇天烈大百科は最後、ママに汚い白紙のノートと勘違いされて捨てられることや、ウィキペディアアンサイクロペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、単行本を手放さないようにしてください。

テーマとも云える作品冒頭の詩[編集]

二人の寿司屋がおったとさ。一人はシャリを見た。一人はネタを見た。

登場人物など[編集]

シャーリー・メディスン 
若干13歳の少女にして寿司冥土。鋭い味覚を持ち、クランリーが初日に出した鳩の握り鮨を食べて「こっちがアキタコマチ、これがササニシキ、そしてこれはコシヒカリです!」と見事に言い当てる天才。鮨の命はシャリにあると信じて疑わない少女。大人しく素直な性格だが完璧主義でもあり、クランリーの庭に田んぼを造り自作のシャリを収穫している。[1]クランリーに貰った人形マリーを手に装着すると握りの能力が上がる。[2]ベネット・クランリーが鮨研究に行き詰まるとシャーリーが手伝いつつ気がついたことを述べて問題が判明することが多い。彼女には実は暗い過去がある。[3]
ベネット・クランリー 
28歳の寿司BAR「モナ・リザ」の女主人にして若き鮨職人。富裕階級の出身だったが鮨に魅せられて家を半分飛び出す形で寿司BARを経営している。合理的かつ楽観的な性格ではあるが意外と悩みも深い。職人としての実力は安定したものがあるも英国ロンドンという鮨の本場、日本から離れたハンデを気にしつつ日夜鮨研究をしているブロンド美人。…だがやや嫁ぎ遅れ。[4]シャーリーの師匠であるが彼女に教えられることも多い。
爺さん 
クランリーの店の常連。50代後半~60代?の労働者。いつもパイプを咥えているか帽子を被っている髭の男性。悩むクランリーに的確な助言をすることが多い。[5]いつも飄々としている。
ネリー 
クランリーの知り合いの寿司BAR「レスター」の冥土弟子。眼鏡を掛けている17歳程の年頃の少女。中々美人。[6]店主の息子(坊ちゃん)が拾った小鳥の雛が死んだので、鮨ネタに鳥を使うことに否定的になってしまった。[7]
ノーマ・ジーン 
ネリーと同じ寿司BARの先輩冥土弟子。マリリン・モンローに似た面倒見のいいブロンドセクシー系美人。[8]虫が駄目でありイナゴの佃煮を鮨ネタに使うことを主人とネリーに止めてくれといった。
坊ちゃん 
寿司BAR「レスター」の女主人の一人息子。将来は寿司職人でありネリーに懐き寿司の英才教育を受けている。画期的なネタを使うので周囲を困らせる。父親が不明であるが実は父親は日本人の小説家であるという。[9]
スミス先生 
ネリーの店の坊ちゃんの家庭教師。ネリーに惚れているが告白しようとした日に坊ちゃんの佃煮鮨[10]に中る。生死不明。[11]
ジェームズ・ボールトン卿 
子爵であり様々な寿司BARを食べ歩く鮨ファンの爺さん。鮨ではネタに凝る性格であり、下手の横好きで自ら歪な鮨を握る貴族。その壮絶な鮨ネタ話の為に世間では変人で名が通っている。外見がショーン・コネリーに似ている。[12]
メアリ・バンクス 
ボールトン卿の冥土。卿曰く「ワシの弟子」。しかし20代の若年であるが鮨の腕は確かであり、卿の弟子というよりも技術的には先輩な頼れる逞しい姐さん。[13]ボールトン卿の握る奇怪な鮨を斜めに見て呆れている。
エリック・C・ウェルズ 
ボールトン卿の執事である若き男性。メアリの同僚。有能であるがお人よしであり、「鮨ネタに使うから寄こせ!」と卿に革靴を無理やり片方取られたりしている。[14]
ジョナサン・ジョースター 
通称JOJO。ボールトン卿の友人のジョースター卿の子息でありマッチョな礼儀正しい英国紳士。いつも奇妙な呼吸をしており蒸気機関車の様な無駄な生命エネルギーに満ち溢れている。[15]寿司冥土の美味い鮨を食べると「震えるぞハート!!!」と叫びエネルギッシュになる困った癖がある。考古学者で「謎のアステカの鮨仮面」を研究している。[16]
ディオ・ブランドー 
通称DIO。JOJOの幼馴染で貧民窟で育ったジョースター卿の養子。生きた犬を焼肉にしたり[17]と乱暴であるが独自の鮨ネタ愛好をしていた。目的の為に手段を選ばない悪の性格で養父暗殺未遂を起こした。[18]ジョナサンらに追い詰められたDIOは「鮨仮面の力」に気がつき、遂にそれを被る。[19]「JOJO~!!俺は人間を止めるぞ~!!!」と鮨になった[20]悪の食家(ショッカー)軍団とは別の組織を造り暗黒美食世界を制覇しようとしたが大西洋上で相討ち覚悟のJOJOの生命鮨エネルギー(シャーリーが握った)で鮨桶に100年間封印された。
ケリー 
鮨職人を長年していた老婦人。路上で花と鳩を食べている野生少女エマを拾って一人前の鮨職人冥土にした。知的で厳格な性格であるが非常に優しい人物。実はその過去は…。
エマ  
ロンドン最高と言われる鮨冥土。ケリーの愛弟子。十代後半にしてほぼ完璧な握りを行い、シャーリーとクランリーの前に立ちはだかる。弱点は視力が弱く赤外線眼鏡がないと鮨が握れない。物語途中、食家に拉致されて「鯨をネタに鮨を握れ!!」と云われるが彼女も欧米人の一人であり頑なに拒否。オーストラリアへ送られる為に拉致輸送されていたが、大西洋上でその船はJOJOとDIOの戦いで爆沈。脱出後は南北アメリカ大陸で放浪。遂に真の寿司の心を習得して帰英する。限界を超え己の感情が高まると「かつての貧民窟での野生」と「ケリーに仕込まれた最高の鮨冥土技術」、そして食家の拉致被害後アマゾンで会得した「二つの融合は自然の心」を発動させ「エマゾォォォォォォン!!!」と叫び恵真存禮拿になり究極至高の本当の鮨を握ることが可能となる。実はこれも含めて食家の筋書き通りになってしまった。(但し洗脳は受けていない)
ウィリアム・ジョーンズ
富裕商家の長男。父親がかつてケリーの寿司BARを贔屓にしていた縁で、少年時代はケリーから寿司の握り方から[21]算数、英語まで習ったケリーの教え子。数年ぶりにケリーの家を訪ねた際、エマに一目惚れをしてしまう。裕福な家で育ったやや鈍い青年であるために金銭感覚が庶民と異なり、[22]エマとは一時期相思相愛であったがエマが寿司冥土であるということで家族からエマとの結婚を大反対されてしまう。行き違いからエマと離れてやけくそになったウィリアムは子爵キャンベル家の令嬢と婚約してしまうが…。[23]
仮面ライダーマン 
謎の仮面人間。シャーリーにしつこくストーキングを行い、隙あらば片手にマリーを嵌めて彼女を困らせる。何処かで悪いものを喰ったのか「ハァー!!」「ダァー!!」とかしか云わないが二部では遂に「ウィンウィンウィン」と云った。その正体は…。
食家軍団(ショッカーぐんだん)
謎の食道楽組織にして寿司BARをはじめ世界各国の飲食店と食文化に進出している。軍団員は食文化に対して的確なことをいいつつも、実際は各国の料理人を幻惑し結局は破滅させ軍団傘下に組み込む悪の組織。洗脳書籍が非常に多く影響は無視できないものである。[24]
U山、Y岡、K田 
三人の日本人の美食研究家。実は食家軍団総帥雁屋哲の遠隔操作型スタンドであり毒を飲ませても死なない。本体はオーストラアリア在住。不幸になるから料理人は関わらない方がいい。すぐ「発癌性がある」「味覚がおかしくなる」とか云う。
男組 
雁屋哲の親衛隊。無駄に熱く鉄拳が飛び、ドスが舞い、銃弾が跳ぶ生活の中で学ランを愛用している青年たち。
男闘呼組 
雁屋哲の親衛隊の一つであったが神竜軍団との戦いで敗北後、壊滅。生き残ったリーダーは教来石と名を変え武田信玄の家臣になった。
岡星 
食家軍団の幹部。かつてはケリーと双璧を成す「強力若本」と言われた存在であったが総帥の無理難題で鬱病となった。弟の良三が代わりに頑張っている。
雁屋哲 
全世界の食文化支配を目指す食家(ショッカー)軍団の総帥にしてオーストラリア在住の革命家。「鯨が一番美味い」と主張。魚にマヨネーズを付ける。「オーストラリアと日本は国交を断絶すべきだ」と食い物を外交問題に摩り替える左翼。蟻も食べる。なんでも喰う。人も喰う。『パイナップル・アーミー』を出版禁止にしマッキントッシュが好きでウィンドウズが大嫌いなあまり隅田川の水を消毒してウィンドウズ信者に飲ませる暴君である。闇から食文化を支配し地球に野望の王国を築こうとしている。第一部終盤ではディオに鮨仮面を横取りされディオの鮨組織と、シャリーら鮨冥土らとの三つ巴の戦いとなってしまい計画は頓挫したかに見えた。[25]
第二部では南北アメリカでの放浪から帰国し、山吹色の鮨を超える究極至高の鮨を握ることに成功したエマを裏で操りつつ「英者の赤飯」と「鮨仮面」を使い究極美食家に変貌する望みを適える為にシャーリーら山吹色の鮨を握る可能性がある他の寿司冥土らを抹殺しようとした。義弟とも云える「握り鮨の天才」風の戦士ダンはシャリーとの握り鮨出前レースで敗北死[26]し、その話は出版界では禁句。
ディオとは異なり鮨人間ではないが、鮨人間に近い体質の食人間である。第一部ラストではシャーリーの活躍で食家軍団主力が壊滅した為に潜伏し、第二部では雁屋哲をもじった様なネーミングセンス駄目駄目な雁屋頭[27]という組織を結成した。

登場した寿司など[編集]

鳩の握り鮨マッシュルーム入り 
クランリーが最初にシャーリーに食べさせた鮨。安定した人気がある彼女の店の定番メニュー。彼女自身の好物でもあり度々登場する。
ティプシー散し寿司 
クランリーの好物。ティプシーケーキを酢飯に散らしている。
コマドリの握り鮨 
ネリーの修行する店の人気メニューであったが、ネリーは鳥肉ネタ恐怖症で握れなくなってしまう。
佃煮鮨 
ネリーの修行する店、寿司BAR「レスター」の新作鮨。スミスが中った為に店が暫く営業停止になった。握ったのは坊ちゃん。
蛙の握り鮨 
ボールトン卿が作った新作鮨。「私、蛙だけは駄目なんです!!」と新人が逃げ出した。メアリ曰く「見た目は悪いが味は悪くない」らしい。
革靴の握り鮨 
ボールトン卿が作った新作鮨。ゴールドラッシュで沸き立つ新大陸アメリカでは革靴を食べると聞いた卿がエリック執事から靴を取り上げ握った。メアリ曰く「食い物ではない」
地獄行き巻き(ゴートゥ・ヘル・ロール)
アメリカはロスで流行っている太巻き。アボガドワサビを生かした味であり、アメリカ帰りのエマが鮨勝負にて必殺技で繰り出した。審査員のおデブの日本人が「こりゃーいくらなんでも…不味いだろう!!(笑)よし頼もう!」と試食してあまりの美味さにほっぺが落ちてゲッソリ痩せて帰った。(半分実話
鮒鮨 
Y岡曰く「究極の鮨のひとつ」再会したクランリーに「本物の日本の味を教えてやる」と遥々船で運んだ琵琶湖産。強烈な臭いを発し「これは?腐っているんじゃないですか!?」とシャーリーに指摘される。「この臭いを解らないようではまだまだだな」と云われたシャーリーであったが、爺さんが食った処、本当に腐っていた。
イクラ 
日本の魚の卵を使用した鮨。日本の鮨の癖に露西亜語を名乗っている日露戦争記念のハイカラ鮨。ボールトン卿が真似て工場近くの川で釣り上げたマスの卵で握ると喰わされたエリック執事は「ハーイ!チャーン!ばぁーぶぅー!」と言語障害になった。
コハダァ 
仮面ライダーマンが喰った鮨。実はDIOの血液が入っていた。
塩鮨 
究極の鮨の一つ。天然の塩をネタとし飯を使う。かの徳川家康公が諸大名を招いた際に何が美味いか?という話題となり福島正則らが珍味、美味を挙げる中で家康の愛妾、お梶が「塩が一番美味い」と塩抜き料理を振舞った故事に由来する。しかしシャーリーは「これって只の塩お握りじゃないですか?」と真実を云ってしまった。
科学の勝利鮨 
シャリ以外では全て化学調味料を使用したナチスドイツの鮨。鮨仮面とエイジャの赤飯で究極美食家となった食家総帥雁屋は大否定したが「ドイツ軍人はうろたえない!」とドイツ軍人はうろたえなかった。(第二部で登場)
鮨仮面 
アステカ文明が残した鮨型の仮面。被って鮨を食べると人間で無くなり生鮨になる。鮨になった人間は鮨になった故にありとあらゆる鮨に精通し「人智を超越した美食家」になる。但し直接太陽光に中ると身体が腐ってしまう。なにせ生鮨だから。
鮨人間
鮨仮面を被り他人が握った鮨を食べ、体質が変化し限りなく鮨に近い吸血鬼のような存在になった者。第一部ではディオが此れに変貌しロンドンを始め英国全土の食文化と裏世界を支配しようとしたが、シャーリーが握った山吹色の鮨を食べ萌えたジョナサンの前に敗北した。太陽光やそれに近い萌えパワーにあたると鮨だから身体が徐々に腐敗する。実は高カロリーの生きた鮨でしかなく、究極美食家やそれを目指す食人間には食料でしかなかった。
食人間
雁屋ら食家軍団幹部らのこと。食べること、食文化に異常なまでに執着し、食の為ならば人類が滅亡しても構わないという鬼。鋭敏な味覚と嗅覚を持ち、極度な胃拡張及び、エネルギー効率が悪い身体組織である故に[28]美食以外で生命維持には鮨仮面で誕生した鮨人間を食料としている。鮨人間とは異なり太陽光に中っても腐敗はしない。が心が既に腐っている。
英者の赤飯(エイジャのあかめし) 
古代ローマ帝国ブリタニア時代から英国に隠されていたという伝説のシャリであり究極至高の鮨に必須。アーサー王伝説の聖杯とも関連があるという。食家軍団総統、雁屋哲はこれで握った「究極至高の鮨をはめ込んだ鮨仮面」を使用し腐敗と食中りを知らぬ究極美食家(アルティメット・グルメ)となること望んでいる。
生命賛歌 山吹色の鮨 
特定の鮨のことではなく、高度な技術を持つ鮨職人冥土が握った完成度の高い鮨。中でも一際食べた人間に「燃え尽きるほどにヒート」な精神を提供する鮨のこと。食べると悪を否定し生命賛歌を謳いたくなる。正確、完全な形で作中で握ることに成功したのはシャーリーとエマだけであった。但し属性がありエマが握ると眼鏡属性となり被り物同士で鮨仮面に適合し易くなる。
究極美食家となった雁屋は、歪ではあるが二人とは違う形で独自に此れを300倍の速さで握り勝ち誇るが、過剰な寿司エネルギーで休火山を大噴火させてしまう。
…そして雁屋は吹き飛ばされた宇宙空間で「帰ろうと思っても帰れない」ので生物と鉱物と食物の中間的存在となって考えるのを止めた

連載中のことなど[編集]

  • 元々は森薫が同人で発表した作品であったがメイド文化をいち早く取り入れた良作であり、更に『エマ』が好評であった為に『エマ』と並行するシリーズとして執筆されることになった。
  • 当初の連載スタイルとしては「修行修練物」という傾向よりは寿司文化に対する「19世紀英国人の日常スタイルを描く」作風であったが、次第にジョナサンらが登場してからは『悪の食文化に対して、素朴でもいいから光の食文化を』という壮絶な路線へ移行していった。
  • 『シャーリー』だけでもエピソードは理解できるが、エマを主人公とした『エマ』を読むと違う視点で物語が進行していく斬新な作品である。(『カムイ伝』と『カムイ外伝』の系譜である)
  • アニメになった際は、監督の富野由悠季は作画監督に「こんなオマンコを舐めたくないキャラを描くな!!」と逝った言った。富野は森が持参したアニメオリジナルキャラクターの設定画を見て「そう!これ、これよ!」とその女性キャラクター画の股間の臭いを嗅いだ。[29]

脚注[編集]

  1. ^ クランリーの叔母がやって来てササニシキとアキタコマチを無神経に混ぜてしまった時にはキレた程である。(…その後、怒り過ぎたことを謝罪するが)
  2. ^ マリーとは実は握り鮨職人養成ギプス
  3. ^ 創成期の食家軍団に纏わる話である。詳しくは『シャーリーZERO-岡星の声』参照
  4. ^ 叔母さんがやってきて結婚話をグチグチといいつつシャーリーの米を弄るエピソードで判明
  5. ^ 出入りの寿司BAR「レスター」の坊ちゃんの話をして彼女らに鳩鮨とコマドリ鮨の合わせ握りのヒントを与えている
  6. ^ 残念であるがエマに比べると萌え度がやや足りなかったらしいが…エマよりもロリータ属性なので需要は低くない
  7. ^ しかし焼き鳥は好きだと述べている。人間ってこんなもんだ
  8. ^ 作者の森薫がモンローがモデルと公言している。もし似ていないと貴方が判断したなら森さんの画力の所為だ
  9. ^ 少なくとも日本の文壇が認めている
  10. ^ 学生たちに布団の中に入れられたイナゴが原料だという
  11. ^ 多分死んだと思います、そう演じて下さい」と作者の森は声優の池田秀一に述べた
  12. ^ 第二部では死んだと思われていたが手から茨を出す能力で奇妙な鮨を握った。
  13. ^ 若者に分類される登場冥土の中では最高齢である。
  14. ^ 「革靴の握り鮨」である
  15. ^ ファミレスに間違われると怒る。
  16. ^ 鮨仮面自体は父親のジョースター卿が気まぐれで購入した骨董品であったが、偶然にディオとの少年時代の手巻き鮨の取り合いで彼と共に気がつく
  17. ^ ダニーという名犬であったが大きすぎて手巻き鮨のネタにはならなかった
  18. ^ 酢飯に毒を混ぜていた。
  19. ^ 発覚した時に「全部少年時代の貧乏が悪いんだ!」と泣きながら訴えた演技は泉ピン子級であったが、貧民窟で育った過去があるシャーリーに「これは臭いです!!酢飯でいうなら悪い酢の臭いがプンプンする!!!」と看破されてしまう
  20. ^ 鮨人間参照
  21. ^ 『寿司社交界』での紳士の嗜みであり本人も認めるほど才能は全然なかった
  22. ^ エマにプレゼントを贈ると宣言するが『特上の本マグロ』一匹をプレゼントしようとしてエマから引かれてしまう。
  23. ^ この部分の背景をよく読み込むとジョナサンとウィリアムが大学では同期であり知人であることがわかる
  24. ^ 特に日本の理容店では『美味しんぼ』が『ゴルゴ13』の次に多い…ゴルゴ最強
  25. ^ 但し大西洋でディオとジョナサンが相討ちになった際、爆沈した船に乗っていたスパイのトミィ副部長が鮨仮面をサルベージするシーンが描かれている
  26. ^ ワ○ウのことではない
  27. ^ カーズと読む
  28. ^ 『美味しんぼ』の連中はどう見ても食いすぎでありエンゲル係数が高く、常人ならば肥満である
  29. ^ 岡田斗司夫が同人誌で暴露した

関連項目[編集]