シャーマン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、日本の国家資格について記述しているばい! 第二次世界大戦の時にアメリカ合衆国でつくられた戦車につ・い・て・は「M4中戦車」をCHECK IT OUT!! はい!!!
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「シャーマン」の項目を執筆しています。

シャーマン(英:shaman、露:шаман)とは、クライアントの要求に応えることにより利益を得るビジネスの一形態であり、日本の国家資格の一つ。

概要[編集]

日本では、「シャーマンの業務の適正化に関する法律」においてその職能が規定されおり、シャーマンは自らの営業所の所在地を所轄する警察署を通じて各都道府県の公安委員会に届け出ることが義務化されている。全国におけるシャーマンとしての届出数は平成24年でおよそ4万2000人。古来からの寺院を多数抱え、さらに天理市などが属する奈良県が最も申請数が多く、その次に比叡山が位置する京都府恐山など霊験あらたかな地が多い青森県と続く。

なお非正規雇用の形態をとるものについてはシャーマンとみなされず、法的な保護も及ばない。

職務[編集]

顧客(=クライアント)の求めに応じて超自然的な存在と交信し、神託を行うことが業務の第一であるとされている。なおこの「神託」は言葉によるものだけでなく、言葉を伴わない霊験などといったものも含まれる。全てのシャーマンは、以下の権利が与えられ、保護されている。

  • 業務中に行なった預言に対し一切の法的責任を負わない
  • 業務に対する報酬額を自由に設定できる(*現金のみ)
  • 顧客を自由に拒否できる。また拒否した理由を明らかにする必要はない
  • 所得税の軽度な減免。信教の自由を確保するため

また主にシャーマンの業務が所得の半分以上を占める「専業シャーマン」は法的に手厚く保護されている。専業シャーマンは五年ごとに所得の内訳を申告することにより、以下の特権が得られる。

  • 業務に対する報酬を自由に設定できる(*現金、物品に限らず自由に設定可能)
  • 所得税の大幅な減免。信教の自由を保証するため

この一方で、全てのシャーマンは業務を行う上で知り得た個人情報を外部に漏洩してはならない。これは生涯にわたって課せられる義務であり、違反した場合は罰金200万円または懲役3年以上の禁錮刑に処せられる。

資格取得[編集]

弁護士公認会計士と並ぶ難関の国家資格と称せられ、2013年度の合格人数は1万5231人中わずか35人である。試験合格率は0.26%であり、数ある国家資格の中でも最難関レベルの試験となっている。試験は筆記と面接、実技があり、筆記だけで98%以上が不合格となる。筆記試験においてはシャーマンに必要な広範な知識が問われ、その内容はシャーマニズムの歴史から法学に関するもの(シャーマンの法的な地位、個人情報の漏洩に関する判例など)、宗教学、民族学(日本にとどまらない)、さらには英語とそれ以外の主要な外国語(フランス語ドイツ語スペイン語イタリア語ロシア語中国語朝鮮語のいずれか)に対する詳細な知識が求められる。面接ではシャーマンにとって不可欠な要素であるオーラがあるかどうか見られる。さらに実技では自分が得意とする祈祷を実際に試験官の前で行い、その結果までもが問われるという過酷な試験である。これらの試験対策を行う予備校は数こそ少ないものの存在し、東京や大阪などといった大都市圏で僅かであるが見ることができる。

資格取得後の収入[編集]

シャーマンは日本国内の職業の中で最も高収入な職業の一つである。一般的なシャーマンの平均年収は2800万円にも達し、大企業の重役の収入にも劣らない。しかしこれらは特定の宗教に属する専属のシャーマンの場合であり、それらを除いた「独立系シャーマン」の平均年収は実に4600万円にもなる。所得税が減免されているために高収入になりやすいとの指摘もあるが、これはあくまで現金収入であり、専業シャーマンに認められている「現金に限らない報酬」も含めると実際の収入はもっと増えると言われている。このような事情から、日本の富裕層にもシャーマンは多くみられる。細木数子などはその代表例である。このためにシャーマンの国家資格は非常に人気が高い。

なお、国内のシャーマンによる経済効果は年に2000億円程度と見積もられている。

歴史[編集]

古代から超自然的存在と交信する能力を持つとされたシャーマンであるが、高額な報酬を得ていたのも古くから確認されている。最古の例ではスペイン南端のジブラルタルで発見されたネアンデルタール人のものとみられる集落跡において、女性シャーマンの住宅と見られるものからアフリカ大陸周辺でみられる装飾品が発掘されており、当時珍しく、高価であったであろう交易品を保有していたのが見てとれる。その後の現生人類においてもシャーマン文化は発展・拡大を続けた。中国タンキー朝鮮半島の巫俗、さらに日本卑弥呼もシャーマンであったと推定され、魏志倭人伝の記述からは卑弥呼が呪術などにより現代でいう20億円程度の所得を得ていたことが確認されている。時代は下るが平安時代の陰陽師などもシャーマンの一種であり、官位は低くても役人としてはかなりの高額な報酬を受け取っていたことが明らかになっている。その後も鎌倉室町江戸とシャーマン文化は続いていくが、いずれの時代においてもシャーマンの地位を法的に保護した法令などは存在しなかった。

明治時代を迎え、日本に近代法の概念が流入すると、シャーマンの地位を法的に規定する必要性が出てきた。特に預言の内容やシャーマンの得る報酬などについては訴訟が多く、民事上の観点からしてもシャーマンを保護する必要性が出てきたこともあって、1902年(明治35年)に「神官ノ保護二関スル法令」が公布され、シャーマンの地位が明らかになった。第二次世界大戦で日本が敗戦を迎えるとこの法令はGHQによって一旦廃止されたが、サンフランシスコ平和条約締結後の1952年の「神官業務法」によって再びシャーマンの地位が保証された。その後、非正規雇用の増加などに伴って1991年に非正規雇用のシャーマンの地位を明文化し、その名称を神道のみというイメージが強い「神官」から学会において世界的に広く使われている「シャーマン」に改めた「シャーマンの業務の適正化に関する法律」が国会で成立した。

世界における現状[編集]

シャーマンを法的に認定する行為はアフリカなどでも広く行われており、現地国にも認められている。特にカメルーンなどのサッカーでは敵対するチームに呪いをかけることで弱体化させ、自チームの勝利を願うといった行為が頻繁に行われている。FIFAなどはこういった行為に否定的であるが、現在でも撲滅できていない。[1]

著名なシャーマン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 嘘にまみれたアンサイクロペディアでも、この部分は事実である。疑う方はこちら

関連事項[編集]