シャンディ・ガフ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「シャンディ・ガフ」の項目を執筆しています。

シャンディ・ガフ(Shandy Gaf)とは、軟弱者のカクテルである。

概要[編集]

ジンジャーエールを割るとは、なんてもったいない

ジンジャーエールが「辛くて飲めない」などとほざく軟弱者への配慮として、なるべく味と見た目を損なわないようビールで割ったことがその始まりであり、イギリスパブでは古くから定番となっている。間違ってもドイツ人がそんな軟弱なこと(そして何よりもビールへの冒涜)をする筈もなく[1]フランス人はワインさえあれば満足なので、やはりそんな呼び方はしないのであった。

レシピ[編集]

ジンジャーエールとビールを1対1で混ぜるのが基本であるが、1=2であることからジンジャーエール9に対してビール1でも、またその逆であっても誰も気にしない[2]どちらもよく冷やしておくと美味しくなるのは言うまでもないが、発泡酒第3のビール黒ビールによる代用は断固として認めない。どこまでジンジャーエールを冒涜するつもりなのであろうか。中にはトッピングとして生姜の絞り汁を大量に加えてジンジャーエール以上の辛さを楽しむ猛者も存在し、まさに燃えるようなのど越しである。

パナシェ[編集]

ちなみにフランスではビールをベースとして炭酸飲料で割って作るカクテルをパナシェ(Panaché)と言い、シャンディ・ガフもまたこの「パナシェ」として分類[3]されているのであるが、逆にイギリスではパナシェをシャンディ・ガフの亜流(むしろ邪道)として認識しているため、お互い様である。[4]

脚注[編集]

  1. ^ と思っていたら、最近の若者ときたら、ラドラー(Radler、南部の呼称)、アルスター・ヴァッサー(Alsterwasser、北部の呼称)などというものを作って飲んでいた。けしからん!
  2. ^ フランス人はビールを口に注いだあと、ジンジャーエールを満たしステアする。
  3. ^ シャンディ・ガフという呼称が野暮ったくて嫌だとのこと。
  4. ^ しかし、イギリス人は「シャンディー」と馴れ馴れしく呼ぶので忌々しい。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]