シャワーズ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

シャワーズは、ポケットモンスターの一種であり、また水の中に含まれている成分の一種でもある。

特徴[編集]

シャワーズは体の細胞の構造がの分子と似通っているため、水に溶けることができる。そのため水として生息することができる。我々が野生でシャワーズを見かけないのはシャワーズが水として生息しているからである。特性が貯水であるのもそれが理由である。ただしシャワーズが固体である一般的な姿となれるのは水分子が重さ29㎏以上となったときであり、それ以下の重さでは固体となることができない。そのような場合では下記の水に非常に似た「シャワーズ元素」として生きることになる。

固体としてのシャワーズは強さ、可愛さなどで結構優秀な水ポケモンである。

シャワーズ元素[編集]

シャワーズ元素 (しゃわーずげんそ)とは元素の一種であり、単体であっても水分子と非常に似た特性を持つ原子である。大きな違いとしてはシャワーズ元素は元はシャワーズという生物のために意思を持っていることである。その違いによる影響は

  • 意思を持つため他の外的要因が無くても動くことができる。川の流れなどはこれに微小ながら影響を受けている。
  • シャワーズ元素はシャワーズという生物上希ガス元素と同じように、基本的に純粋な分子となる。
  • シャワーズは世界で一番可愛いのでなぜか水に愛着を持ってしまう。
  • 意思があるため水質汚染がひどい場所には存在しない。
  • 飼いならせればスパイにもなる。ただし特殊工作はあまりできない。

他にも「入っていたらなんとなく水がおいしい」「なぜか水から視線を感じる」などもあったりする。また、普通に水として飲むこともできたりする(ちなみに生命の体内上に入っているシャワーズ元素は固体とはならない)。わかっていることとしてはシャワーズ元素は我々にとっては有益なものであるということである。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「シャワーズ」の項目を執筆しています。


この項目「シャワーズ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)