シャフト

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「シャフト (アニメ制作会社)」の項目を執筆しています。

SHAFT(シャフト)は、日本の紙芝居制作会社。主要株主は新房昭之

概要[編集]

1975年に仕上げスタジオとして創立し、30年ほど下請けを専門的に行ってきたが、新房昭之が目をつけ、怪電波を発し続けてみたところ予想以上に良いリアクションが得られた。これ以降、新房はシャフトを手中におさめていき、今ではシャフトの最高権力者の地位に坐している。

社名のSHAFTは"SHimbo Akiyuki Flying Team"(ぶっ飛び新房昭之軍団)の略称である。

作風[編集]

奇抜な色彩や独特なカメラワーク、サブリミナル的な止め絵、暗示的な黒板の文字などを駆使することで、視聴者の脳をゆさゆさ揺さぶるという、最先端の洗脳技術を乱用したアニメーション制作を得意とする。同社の看板作品である「ぱにぽにだっしゅ!」やそれに続く「ネギま!?」、「さよなら絶望先生」などで顕著に現れている(一説によれば電子ドラッグの原点とも言われている)。また、「ひだまりスケッチ」では洗脳効果向上のためにアハムービーを用いている。 さらに、前述したとおり特撮映像を用いた大胆かつ強引な演出を得意とする。最近では声優を音楽制作にも起用し始めた。要はどーでもいいところに力を入れるのがすきなんですね、彼らは。

新房先生に認められた人々[編集]

新房昭之
SHAFTを裏で操る男であり、言わずと知れた日本一の遊び人。シャフト作品はすべて彼の監修のもとにあり、やりたい放題やっている。近年衰退傾向が顕著であることも事実だが、詳しくは新房昭之の項目を参照
大沼心
ゲーマー。そのゲームに対する深い愛情と造詣から、しばしばアニメーションにゲームを混ぜ込んだりしてる。最近では「ef - a tale of memories.」の監督も務める。ただ、この作品に関しては監修という名目で新房がストッパーになっているため、どこからどこまでが大沼の本領発揮なのかというのは今後の動向も参考にしなくてはならない。しかしある日突然シャフトを抜け出し、己の力を極めるという名目で怪しい学園の最下位クラスへ勝手に入学したため、現在シャフトから「観察処分者」の指定を受けている
尾石達也
クリエーター気質の強い遊び人。「ぱにぽにだっしゅ!」以来多くのオープニングディレクターを任される。結構やる時はやる人
高山カツヒコ
乙種火薬類取扱保安責任者。「芸術は爆発だ」という偉い人の言葉を妄信し、それ故特撮監督を務める事が多い。でも本業は脚本家。部屋に腐海を持つ
チャーリー・マネーロール
目立たないながらも、カオスなシリーズ構成を作り上げてるのは彼
関島眞頼
新房作品のシリーズ構成をずいぶん長いこと勤めているため、すでに常連・・・なのかと思ってたら実はシャフト作品では「月詠 -MOON PHASE-」にしか参加してなかった。なんと新房より2歳年上
亀山俊樹
多数の作品で新房とタッグを組む音響監督。往々にして新房と結託して声優陣を弄ることが多い。遊び人としては相当プロフェッショナルの域に達しており、ダーツの腕前は同業者に匹敵するものが居ない程であるという。もうけっこうな付き合いなので、新房のご指名パターン(キャバ嬢のではなく、声優のです)はとっくに熟知済みみさしかしズボンのチャック全開なのが玉に

洗脳兵器[編集]

月詠-MOON PHASE-
いわゆる「ネコミミモード」。本編はいたってシリアスな展開なのに、このOPと強襲用タライのせいでロリ向け電波コメディとしか受け取られない。ちなみに、「富士山事件」と似たような不具合を中盤と後半に起こしている。
ぱにぽにだっしゅ!
SHAFTの技術と無駄なスキルを最大限に活用した結果生まれた最終兵器。これを製作した後、新房の魂は抜けてしまったという説もある。
ネギぽにだっしゅ!
原作厨からはいたく嫌われています。
ひだまりスケッチ
次世代型として「ひだまりスケッチ×365」が2008年夏に発表予定。「さよなら絶望先生」の一部には、バグ修正前のプロトタイプである「血だまりスケッチ」が組み込まれている。10回目の作動に際して不具合を起こし、この事は後に「富士山事件」と呼ばれることになる。
さよなら絶望先生
正統進化型として「【俗】さよなら絶望先生」も発表されている。原作者が黒板の文字を書いている。
ef~a tale of memories~
大沼にとっての初めての本格兵器。「ギャグ専シャフト」のレッテルを払拭したという意味では、その効力は凄まじいと言えよう。最終回のOPには全俺が泣いた。
まりあ†ほりっく
efの感動的な演出でガチもできるシャフト、と思ったにわかを一蹴した強力兵器。原作が原作だけに新房もやりたい放題である。久々に新房がやる気を出したにも関わらず空気アニメと化していた。しかし2期も制作された。原作者の遠藤海成と新房がデキているのではないかという説もある。
夏のあらし!
新房シャフト最大の黒歴史となるのではないかと囁かれている超大作。 1話から謎の丸っこい生物を登場させ総バッシングを浴びたのは記憶に新しい。
化物語
新房が尾石に丸投げしていると噂の大型兵器。おかげで尾石はやりたい放題である。原作者のエロ妄想によって書かれた小説(笑)であるため、映像化するのに若干の無理が見え隠れするが、千和神谷の朗読会に絵が付いていると思えばいいのである。
荒川アンダー ザ ブリッジ
原作のお電波ファンタジックギャグが更にお電波になり、取り返しのつかないことになった快作。声優の力の入れようは半端ではない。
それでも町は回っている
女子高生の日常を哲学にまで発展させた作品。原作もそんな感じだが。
魔法少女まどか☆マギカ
シャフト単独では初の完全オリジナル作品。新房はもとより脚本を幸福破壊兵器・虚淵玄が担当したことでかつて無いほど破壊力をもたらした真の「血だまりスケッチ」。視聴者たちは本編だけでなく関係者の呟きにも振り回されて右往左往する日々を送っている。
メカクシティアクターズ
脚本をじんとかいうボカロP兼原作者にやらせるという気合の入った作品。9話のOPではフル3DCGで作られており、その完成度故話題になった。この作品のために放送予定だった花物語を延期したりとかしたわけだが……ぶっちゃけニセコイとスマブラ参戦PVの犠牲になった。演出は尾石のいない化。

スタッフお気に入りの声優たち[編集]

スタッフお気に入りというか・・・どうみても全員新房のお気に入り♥


関連項目[編集]


ぞぬ.jpg この項目「シャフト」は常に不完全であり、フォローが必要です。

そのため、秀逸な記事にして下さる中の人を求めています。
つまり、この程度の内容で我慢できる野郎はお呼びではありません。
また、最低でも通常のMSの3倍の性能を要求します。
※編集が加えられた時点でサポートの対象外となります。ご注意ください。 (Portal:スタブ)