シャナ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

シャナShana)とは、炎髮灼眼の撃ち手である。炎、飛行タイプに含まれるシノザコイドでメロンパン評論家。ドラえもん同様、どら焼きも好物である。

にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「シャナ」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「シャナ」の記事を執筆しています。

概要[編集]

見ての通り、シャナは銃刀法違反の常習者である

シャナとは、坂井悠二によって名付けられた本名不詳の燃え萌えな生き物である。そうした経緯から「萌え」から一歩飛び出した「燃え」というジャンルに含まれるはずなのだが「幼女ツンデレ。こりゃあたまらんねぇ……」と思っているキモオタは結構多い。

日常的には殺害したクラスの人間、平井ゆかりを名乗っている。そして誰も気付かない辛光洙ビルゲイツミハエル・シューマッハびっくりである。彼女の夫はナックルズ氏(16歳)である。近年の調査で1979年5月生まれ説が最有力とされているが実際は永遠の10代である。

性格はツンデレ(自己才能陶酔型)。甘い物が好きで、特にメロンパン大好き。ただし酢昆布には興味がない。

周辺情報[編集]

贄殿のシャナ
ヒンニュー教御三神」の一角を務める。御三神の区別がつかないようでは困り者

北方領土択捉島にある紗那郡紗那村毘盧遮那仏との因果関係はお察し下さい

釘宮病の三大感染源の一人であるともされ、そのためかルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールゼロの使い魔)や三千院ナギハヤテのごとく!)にそっくりに見える気がするがそれは気のせいである。

また、最近では貴船未緒というおねいさんキャラが登場し、"シャナの美化コピー"(つまり巨乳でエロカッコイイ(笑)美少女キャラ)ということで一部で問題になっている。しかしこれをシャナwikiで書いても流される。そして消される。

さらに、神凪綾乃というちょい巨乳おねいさんも登場している。美化コピーと思われがちだが、ツンデレ性及び凶暴性が増している上に多分こっちの方が強いので一部では人気だったりする。

人物像[編集]

  • 前項での説明の通りメロンパン好き。そのこだわりについてはやたら長ったらしい。好みには一定の法則がありカリモフの法則と呼ばれる。詳しく触れないが条件の一つに「メロン果汁入りは邪道」とある。しかし「メロン果汁の入ってないメロンパンは果たして本当にメロンパンと言えるのか?」という哲学的命題については、本人は一度も触れていない。触れるとキレる、あと斬られる。最悪の場合は検閲により削除。この法則は、世界的に公表され、全世界のメロンパン業界に大きな影響をおよぼした。
  • 得意な料理はケシズミ、何を作っても真っ黒に仕上がる出来はまさに「匠の技」と言える。
  • 彼女の戦闘服「夜笠」の中にはいろいろな物が多量に収容できるが、ドラえもんのポケットとの関連性は不明(一説によると空間を共有している)。
  • 炎の翼を出して飛ぶ。一見派手だが飛行能力は30km/時なので大したこたあない。因みに1時間の飛行でガスボンベ10本分のプロパンガスを使う。
  • 第二次性徴が見られない、ウーパールーパーみたいな奴である。要はつるぺた幼女。
  • 翼で空を飛べるがレッドブルを飲んでいる訳ではない
  • なので心も体も漲っているわけではない。ただしメロンパンで補う。チョココロネではない模様。
  • 灼眼のシャナのパロディ作品のしゃくがんのシャナたんのシャナは…、それは禁則事項なのでリンク先を参照に。
  • 一度メロンパンナを見て「あいつを絶対捕食してやる」と言い、毎朝懸命に鍛錬している。

関連項目[編集]