シモ・ヘイヘ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
「よく・・・わしを起こしてくれた。貴様が現れなかったら、
本当に永遠の眠りについていた所だ!」
シモ・ヘイヘ について、ジ・エンド

シモ・ヘイヘ(Simo Häyhä, 1905年12月17日 - 2002年4月1日は、フィンランドの生んだスナイパー。死の妖精、白い死神(又は元祖白い悪魔)、ムーミン谷のゴルゴ13、デスムーミンと言われ恐れられた、人外の妖精スナイパーである。その大きな特徴は、とにっかく、ちっこい。その大きさたるや1hydeにすら満たない。

白い死神の名にふさわしい風貌

概要

雪のように白いギリースーツに身を包み、生涯で500名以上の人間と数え切れぬ数のケワタガモを射殺したシモ・ヘイヘ、1940年の冬戦争ではヘイヘ含む32名のフィンランド軍で4000人のソビエト軍を撃退した。以下がそのヘイヘの逸話である、まさに英雄

  • わずか32人のフィンランド兵なら大丈夫だろうと4000人のソ連軍を突撃させたら撃退された。
  • シモ・ヘイヘがいるという林の中に足を踏み入れると、一時間後に小隊が全滅した。
  • 攻撃させたのにやけに静かだと探索してみたら赤軍兵の遺体が散らばっていた。
  • 気をつけろと叫んだ兵士が、次の瞬間こめかみに命中させられ倒れていた。
  • スコープもない旧式モシンナガン小銃で攻撃、というか距離300m以内なら確実にヘッドショットされる。
  • 「ボルトアクション」でしかもリロード時間込みで、いとも簡単に一分間に150mの距離から十六発の射撃に成功した。モシン・ナガンは ボルトアクションライフルであり、装弾数も5+1のため、最低2回のクリップ給弾が必要である。
  • 野営中の真夜中にトイレからテントまでの10mの間にヘッドショットされ即死。
  • 戦車と合流すれば安全だろうと駆け寄ったら、戦車長をシモ・ヘイヘが狙撃済みだった。
  • 赤軍の3/100がシモ・ヘイヘからの狙撃経験者、しかも白い死神という伝説から「積雪期や夜間ほど危ない」。
  • 「そんな奴いる訳がない」といって攻撃しに行った25名の小隊が、一日で全員遺体になって発見された。
  • 「サブマシンガンなら狙撃されないから安全」と雪原に突撃した兵士が穴だらけの原形を留めない状態で発見された。
  • 迫撃砲に砲撃してもらおうと無線機を使おうとしたが何者かに狙撃され大破されており伝令を走らせても砲撃がなく、仕方なく砲撃陣地を見に行ったら頭に穴のあいた伝令と砲兵が死体で発見され、死体を見て「ヤツがやったんだ・・・」と言った兵士が次の瞬間頭部を失い雪原に倒れていた。
  • 足元が柔らかくないので雪を掘ったら、狙撃された兵士の遺体が大量に出てきた。
  • 五階級特進で少尉となったシモ・ヘイヘに狙撃の秘訣を尋ねると、ただ一言「練習だ」
  • コラー河付近はシモ・ヘイヘに撃たれる確率が150%。一度狙撃されて負傷する確率が100%なのと、その後運よく生き延びてももう一度狙撃され死ぬ確率が50%の意味。
  • シモ・ヘイヘが狙撃で殺害したソ連兵は正式なものだけで少なくとも505人、他にこれまた特技であったサブマシンガンで殺害したソ連兵の数は正式なものだけで200名以上。
  • さらに、開戦当初は狙撃でもサブマシンガンでもソ連兵の殺害数をカウントしていなかった。
  • ヘイヘ抹殺指令を受けたソ連兵その晩、遺書を書いた。
  • そんなシモ・ヘイヘの上官も「ちょっと散歩に行ってくる♪」と言いながら戦車一人破壊してきたり赤軍の砲撃の中で座ってくつろいでいるとんでもない猛者である。
注:アンサイクロペディアは、嘘と出鱈目にまみれています。
以上の文章も嘘や出鱈目である可能性が高いです。
こんな厨二病キャラがいるラノベなんか売れる訳ねえだr……え、マジ?

よく知られた伝説

シモ・ヘイヘの存在を知ったソ連兵及び後世の人々の主な反応
  • とにかく小さい。自分の銃に銃剣をつけるとほとんど同じ大きさになるぐらい小さい。ただし、戦場においてはでかいソ連兵よりも被弾率が確実に低くなるという大きな利点があった。
  • 実は1940年に開催予定だった札幌での冬季オリンピック選手に内定するほどスキーも上手かった。何の競技かは、いわずもがな
  • フィンランド侵攻が予想以上に滞っている事に、頭を悩ませていたヨシフおじさんが、デスノートにシモ・ヘイヘの名前を書いたが効果がなかった(ヘイヘは人間でなく妖精だったからである。そのかわり赤軍兵はたくさん死んだ。)。
  • ソ連兵「あ、そうだ寒いから吐く息が白く出るしそれを撃てばいいんじゃね」→見つかんねー→このソ連兵は死体で発見されました。
    • ヘイヘは吐く息が白いと居場所がばれる事を既に知っていたので、雪を口に入れて温度を下げ、息の色を無くした…常人なら雪ばっか食ってたら下痢するどころか死んじゃいます。
  • ヘイヘの撃破スコアを聞いた同じフィンランド軍のスナイパー達が、「妖精にあれだけできるのだ。人間である俺たちも負けないぞ。」と雪崩のごとくやってくるソ連軍を次々となぎ倒していった。そのため、スロ・コルッカなどヘイヘに匹敵する死神が次々と誕生していった。
  • そもそも冬戦争に於いてソ連が投入した兵器の数は、当時のフィンランドの人口よりも多かった。しかし、ヘイヘにとってはそれすらも練習の的に過ぎなかった。
  • 人間の力ではとてもヘイヘに太刀打ちできないと悟ったソ連軍は、多砲塔戦車T-35重戦車を繰り出してきたが、ヘイヘは砲口を狙い討つという戦法を用いて撃破している。砲口を撃てば弾薬に直撃し、爆発するからだ。その撃破数63輛は、T-35の全生産量であり、フィンランド侵攻によって全てが失われた事になる。ちなみにヘイヘ曰く「砲塔がたくさんあるので、やりやすかったよ。」という事であり、多砲塔戦車という兵器そのものがこれをきっかけに消滅した。だが、キチガイ集団のフィンランド軍は、ヘイヘが破壊したT-35から部品を寄せ集めた上で再生し、ソヴィエトが誇るチート戦車T-34継続戦争フルボッコにしたという。もちろん主砲塔は全て完全破壊されたため、ゼロから作り直したとされるが、一説によると戦車砲の代わりに狙撃銃を抱えたヘイヘを載っけて、そのまま砲塔にしたとも言われる。
  • 戦車をもってしてもヘイヘに太刀打ちできないと悟ったソ連軍は、今度はガングート級戦艦ミハイル・フルンゼを派遣したが、これもヘイヘに呆気なく撃沈されてしまう。ちなみにヘイヘ曰く「砲口が戦車よりも大きくて狙うのが簡単だったから、もっとやりやすかったよ。」という事であった。
    • 後にガングート級戦艦マラートもハンス・ウルリッヒ・ルーデルによって呆気なく撃沈されており、戦艦という兵器が時代遅れになった事を世界中に知らしめた。
  • 戦艦をもってしてもヘイヘに太刀打ちできないと悟ったソ連軍は、今度は原爆を搭載した爆撃機を派遣したが、これもヘイヘに呆気なく撃墜されてしまう。
    • ちなみにこの時に行ったソ連軍による爆撃機の大量生産は、当時のアメリカに「ボマー・ギャップ論」を巻き起こし、両国の軍拡のきっかけとなった。
  • 核兵器をもってしてもヘイヘに太刀打ちできないと悟ったソ連軍は、今度は弾道ミサイルでヘイヘを倒す事にした。ちなみにヘイヘを倒すためのミサイル開発の副産物として、世界最初の人工衛星打ち上げと、世界最初の有人宇宙飛行を成し遂げている。そしてそのミサイル開発の最後のプロセスとして、月面有人探査計画を実行するも、実験用の宇宙船が月に向かっている最中に、ヘイヘに撃墜されてしまった。そのため最初の人類月着陸の栄誉は、アメリカに奪われてしまった。
  • ミサイルをもってしてもヘイヘに太刀打ちできないと悟ったソ連軍は、宇宙ステーションを打ち上げて、継続的に宇宙からヘイヘを攻撃する事を計画した。しかしそのために打ち上げられた宇宙ステーション:サリュートは、次々とヘイヘに撃墜されてしまい、最後に残ったミールも2001年3月23日に撃墜された。ヘイヘが逝去したとされる日の1年前の事であった。
  • ヘイヘ自身は終戦直後に5階級特進という、実際にはあり得ないような昇進を果たした。
  • ヘイヘにとって人間は只の的であり練習相手に過ぎなかった。彼が本気になるのはフィンランドに凄む怪鳥ケワタガモだけであり、何度も壮絶な死闘を繰り広げた。
  • 中東戦争においては、キチガイ集団のイスラエル軍は、メルカバで距離4000mからT-72を一方的に潰している。これは、ヘイヘがイスラエルへ渡って加勢した結果ではないかというのが、軍事評論家の間では定説となっている[要出典]
  • 2002年4月1日に96歳で逝去したとされるものの、当然ながらこの日はエイプリル・フールであり、嘘である事はバレバレである。多分この人、いやこの妖精は、(練習の的である)人間の生き血をその愛銃で吸いつつ、今も元気で生きているに違いない。
  • こんな化物だからさぞかし体格もすごいと思われがちだが、北欧人には珍しく実はHydeより4cm身長が低い。最初に使っていたモシン・ナガンは120cmと長く使いにくかった筈だが、それにスコープすら付けないでこんな有様である。
  • 「白い死神」という渾名は、「アフリカ戦線の白い死神」デマー・グライフへと受け継がれ、アムロ・レイ(とRX-78と、頭を冷やすことで有名なあの人)の通称「白い悪魔」に引き継がれている事は間違いない。狙撃手とMSパイロットという違いこそあれど、どちらも多数の兵士をごく短期間で大量に殺傷している点は共通する。性格はあまりに違い過ぎるので、血縁関係はないと思われる。え、デマーを知らないだって?新連邦が出来た頃に毎週登場してた新キャラの一人だよ。ナイフ振り回す奴。


注:アンサイクロペディアは、嘘と出鱈目にまみれています。
以上の文章も嘘や出鱈目である可能性が高いです。
さすがにこっちはネタだよ? でもそこかしこに事実が混じっているような…


ムーミン谷のゴルゴ13

ヘイヘがムーミン谷の出身である事はよく知られているが、故郷・ムーミン谷では彼の知名度はあまり高くない。当時のムーミン谷の村長であり、後にムーミン谷の事を小説に書いて世界中に広めたトーベ・ヤンソンが、「私の村の住民はノー・カー、ノー・ファイト、ノー・マネーだ(車とカネを持たず、また争わない)」と言って怒ったからである。

そのため、ヘイヘがムーミン谷の妖精の種族(ムーミン、スノーク、ミムラ、ムムリク、ヘムル、フィリフヨンカ、はい虫など)のどれに属するかについては、未だに明らかになっていない。現在有力になっているのは、ムムリクとミムラのハーフではないかという説である。同じムムリクとミムラのハーフであるスナフキンが、普段温厚なのにブチ切れると暴れ回る人物である事から、ヘイヘの超人的な活躍もこの種族の性癖ではないかと推測されている。

関連項目

外部リンク

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「シモ・ヘイヘ」の項目を執筆しています。