シッタカ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
シッタカ(バテイラ)
分類
: 動物界 Animalia
: 軟体動物門 Mollusca
: 腹足綱 Gastropoda
: 古腹足目 Vetigastropoda
: サザエ家?
: 腰高居丈高」(コシダカイタケダカ
: シッタカ
亜種 : シラナイバカ
Wikipedia
ウィキペディアの専門家気取りたちは「シッタカ」を知らないので別名の記事を作成しています。そのような知ったかぶりたちを笑ってあげましょう。

シッタカは、知識人の象徴とされるの一種。標準和名は「馬蹄螺(バテイラ)」であるが、食用として流通するときはシッタカしったか貝という名前で売られている。

概要[編集]

シッタカは、古腹足目に分類される巻貝の一種である。北海道南部から九州にかけての太平洋の岩場に生息する。知識人と自認する人々にとって、一度は食べておかないと知識人との自称は許されない。ましてや、シッタカの存在すら知らない人々は、教養が足りないと馬鹿にされても仕方がないとされている。

分類[編集]

亜種
日本の日本海沿岸および朝鮮半島南部に分布するものは、亜種大腰高火貝」(オオコシダカファビヨンとして区別されている。一般に、シッタカよりも大型で発生地にこだわりがある場合が多い。
ファミリー
この生物種は、古くはイササ科に分類されていたが、複数の遺伝子を対象とした分子系統解析の結果から隣科のサザエ家(科)に属するものと確認された。

食用上の注意[編集]

普通に食用にされている貝であり毒性は確認されていないが、大量に摂取すると体形の妙に哲学的なシッタカブッタとなるとも囁かれている。また、別亜種オオコシダカファビヨンを食すと粛清されました

ちなみに[編集]

筆者は頭の固い事典で、この生物種の記事に遭遇するまで、シッタカの存在は知らなかった。もちろん、食したこともなければ、知識人を自称するつもりもない。どうでもいい貝の名前など…

知るか!


このシッタカは知ったかぶりの人を募集しています。曖昧な知識で結構ですからシッタカを炸裂してください。 (Portal:スタブ)