シックスシグマ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

シックスシグマとは、50年以上前にロシアで生まれた品質管理手法である。その有効性は、世界中の多くの国々において実証されている。しかし、アメリカでは今世紀に入ってやっと有効性が認められたばかりであり、日本にいたってはまったく導入が進んでいなく、今後を憂う声が聞かれる。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「シックスシグマ」の項目を執筆しています。

基本概念[編集]

シグマ(σ)は、統計学において標準偏差をあらわす記号であり、バラツキの大きさを示す数値である。例えば棒を100mmごとに切断する場合、加工精度の問題により誤差が発生するが、この誤差の平均(正確には2乗平均)を標準偏差と呼ぶ。

標準偏差は、あくまでも誤差の平均であるため、±1σの範囲に収まるのは全体の60%である。つまり、先の棒の長さの標準偏差が1mmである場合、99mm~101mmの範囲に60%が入ることになる。もし、設計上の許容範囲が99mm~101mmであったなら、合格品は60%しかないことになる。

シックスシグマにおいては、標準偏差の6倍(±3σ)の製造誤差があっても機能が損なわれないよう、許容公差の大きな設計をおこなう。同じ条件で許容範囲が97mm~103mmであったなら、合格品は99.97%にも達する。

実績[編集]

1946年頃、ロシアの1人のエンジニアは、毎晩のように悩んでいた。彼のテーマは、これまで0.1mmの精度で設計されていた機械を、0.3mmの精度でも作れないか、というものであった。果てしない試行錯誤のあげく、ついに完成した機械は、彼の期待通り世間に認められ、当時のソビエト連邦に正式採用されたのである。こうして、シックスシグマという考え方は世に知られることとなった。

製造や保守の容易なこの機械は、国内需要はもとより、ソビエト連邦の重要な輸出品にもなり、国力の増大に大きく貢献することとなる。また、十分な工業技術を持っていない国でも製造できるため、ライセンス生産も盛んにおこなわれ、この点でもソビエト連邦に多大な利益をもたらした。

残念ながら現在では、製造が容易であるためにコピー生産が横行している。しかし彼の設計した機械は、1億台を超える製造数をほこり、いずれも役に立ち、50年たった今でも多くのユーザーから厚い支持を得ている。何よりもこのことが、シックスシグマの有効性を物語っていると言えよう。

現状[編集]

GEでの導入から世界的に広まり、日本では東芝において意味付けが強化され、経営変革のツールとしても利用されるようになった。これにともない、シックスシグマの概念は、社内・グループ会社内コンサルタントという専門家のような新たな業務を生み出し、高賃金を受け取っているが、社内ポジションに空きがなく、有効に活用されていない中間管理職に対して、新たな雇用の創出に貢献している。

関連項目[編集]


Hammer and sickle.png この項目「シックスシグマ」はまだ書きかけということを認める。ソビエトロシアでは、この項目があなたを加筆する!! (Portal:スタブ)