シゴフミ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
あなた宛に新しいシゴフミが届いています。

シゴフミ(死後文、4523)は、湯澤友楼原作のお手紙を配る会社による新事業広報活動のためのライトノベル及びそれを題材としたアニメ。人間SMTPが人間POPにシゴフミを届け、いざこざを発生させ、時折おせっかいを焼くのが通常のストーリー展開。1話ごとに完結させる方式を利用し、展開を素早くしているつもりであるが、実は連載ごとにあらゆる伏線や設定がリセットされてしまっているため、現在はストーリーが破綻しかけている。

死後文とは死者から届く手紙のことで、お手紙を配る会社電子メールの普及により減少傾向にある郵便の利用者を増加させる目的で実行しようとしている事業の通称である。「死後文の切手」が貼られていれば何でも届ける。それを届けるのが死後文配達人である。手紙であれば何の問題も無いが、動かせない物などに「死後文の切手」を貼ったりすると宛先人を移送しないといけないので配達人は憂鬱になる。なお、手紙に関して言えば同様のシステムは電子メールでより簡易に実現可能であるし、より大きな貨物に関しては新規参入を検討した会社も数社あるが、市場に将来の発展性がないとの理由で見送っている。

キャラクター[編集]

フミカ (中の人植田佳奈)
死者からの手紙「シゴフミ」を配達する死後文配達人。
達人的な戦闘能力も身に着けており、よほどの経験を持つ人間でなければ傷一つ付けることは出来ない。配達は命がけなのだ!
彼女が辺り構わず襲ってきた人間を返り討ちにしているためにこの配達地域の死者の数はどんどん増え続け、そのため配達の高速化等の理由により死後文は2008年1月1日から原則として受け取りが義務付けられた。
もし受け取らない場合、10万円以下の罰金および30日以下の懲役となるので注意が必要である。ちなみにこれは福音局の法ではなく日本国の法である。
カナカ (中の人松岡由貴)
フミカが携帯している杖。自己中心的な性格である。
フミカに武器として使われるのが嫌であると言っているが、ドMなのでむしろ「私を使って」的な考えをしていると思われる。
ノベル版だと少年のような性格。ダニエル
チアキ (中の人浅野真澄)
フミカの友人。彼女も死後文配達人であるが、フミカとは配達エリアが違うためめったに登場しない。
第9話にてその人気を高め、「第二期はチアキを主人公にして出してもらいたい」と思ってしまった人も多いハズ。
「シゴフミ」を配達する相手は、苗字が「遠藤」であることに限られる。
トマト (中の人加藤将之)
チアキが携帯している杖。正式名称は「マトマ」だが誰も気にしない
野島 要 (のじま かなめ) (中の人寺島拓篤)
文歌の友人。初めてフミカを見たときから、「文歌=フミカ」という証明を完成させるという無駄な努力をしているだけの人。
本来は要の父親・辰巳の中の人の倅のどちらかに演じてもらう予定だったが、女装設定がお気に召さなかったのかこの様なキャスティングとなった。
野島 辰巳 (のじま たつみ) (中の人野島昭生)
中の人世界の流石兄弟』に演じてもらう予定だった名残り。なお、職業は刑事である。
葛西 夏香 (かさい なつか) (中の人千葉紗子)
文歌の元朋友に当たる要の中学時代の同級生。要の事が好きらしいが気付いてもらえず…カワイソス(´;ω;`) ブワッ
美川 文歌 (みかわ ふみか) (中の人仙台エリ)
作品中に何度か登場しているが、最初に断っておくが文歌≠フミカである。
彼女は寝たきりであるため病院から外に出ることは出来ない上、Hydeの身長は156cmである限り二人が同一人物にならないという証明までされている。
劇中の多くの人物がフミカと文歌がそっくりだと言うが、全く似ていないと貴方が思っても貴方は変ではない。むしろ正常であるのでご安心ください。
美川 キラメキ (みかわ -) (中の人小山力也)
文歌の父。美こそが全てだと主張し、美をひたすら追求した結果、自分の子に殺害される哀れな結果を辿ってしまった人間。
殺された後、何事もなかったように生き返って元気に変態活動を繰り返している。
ただ、生き返った後は文歌がいなくなったので、数年間もの間執筆が出来なくなっていた。

呪文[編集]

死後文配達人は様々な呪文を使える。呪文は数字で示されており、多くは語呂合わせで作られている。それでも覚えられない人がいると考慮されているため、1=2を適用すると「1」と唱えるだけで全ての呪文を一斉に使用可能である。

0
呪文をランダムで一つ発動する。要するにパラ禁則事項ですである。
面白半分に使うと大変なことになるが、配達人たる者一度は使用したことがある。
1
1=2という個人設定を適用すると「1」と唱えるだけで全ての呪文を一斉に使用可能である。
大変面倒なことになるので誰も使わない。
13
福音局により使用禁止とされている呪文である。使用するには許可を得る必要がある。その効果は禁則事項です
156
そんな呪文はありません。お前…まさかHydeだな!?
893
一時的に筋力を増幅させられる。
0214
対象からチョコレートを貰う。死後文配達には必要無い呪文である。
5648
対象を葬る。この呪文が成功しても、死後文の配達という面倒な後始末があるため、誰も使っていない。
37564
対象とその関係者を一気に葬る。上述の「5648」より大量の死後文を運ばなければならないので、やはり誰も使っていない。

アニメ主題歌[編集]

コトダマ (オープニングテーマ)
あのアニソンの女王 (100人に聞いて156人は知っていると言われる) 、ALI PROJECTの曲。曲調、リズム、歌詞と曲のどれをとってもALI PROJECT的であり、これ以上にALI PROJECT的な歌は存在しないと言われたほど。
Chain (エンディングテーマ)
ALI PROJECTと比べると相当マイナーな方たちの曲。別に7連鎖しても「ばよえーん」と聞こえるわけではない。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「シゴフミ」の項目を執筆しています。
キャベツ.jpg このアニメ「シゴフミ」はまだかんたん作画のままです。
作画修正をしていただけるスタッフを募集しています。 (Portal:スタブ)
Boogie3.jpg この項目「シゴフミ」に欠けているもの未来なんだ。
君も世界の敵になるつもりかい? (Portal:スタブ)