シグマ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「シグマはワシが育てた」
シグマ について、Dr.ケイン
「もうシグマに関わりたくないよ・・・」
シグマ について、Dr.ドップラー(故)
「もうシグマに関わりたくないよ・・・」
シグマ について、ジェネラル(故)
「もうシグマに関わりたくないよ・・・」
シグマ について、Dr.ゲイト(故)
「もうシグマに関わりたくないよ・・・」
シグマ について、レッド(故)

シグマ(sigma、Σ)はロックマンXのラスボスを毎回勤めるハゲである。中の人は麦人

特徴[編集]

元イレギュラーハンター第17精鋭部隊隊長であり、エックスとゼロの上司の曰くつきのハゲである。

Dr.ケインの頭を見れば、何故シグマがハゲなのかも簡単に連想される。 Dr.ケインに最強のハゲなレプリロイドとして製作されたことに対し少しばかりの疑問を抱いていた。 わざわざハゲのケツアゴの最強として作られたこと、しかし、生みの親であるケインや人間に反発することが出来なかった。 人間はいやらしい、次第にその疑問は確信に変わる、自らをハゲと貶めた人類に対する憎悪を燃やし。 ついにはハゲな同士を引き連れて人類と髪のあるレプリロイドと世界に宣戦布告をした。

初登場のX1の頃は悪の親玉として威厳に満ち溢れたカリスマ的存在であったがX3辺りからラスボス=シグマが公式になる。

そしてX5では流石に死んだかに思われた、が、3週間後のX6では普通にゲイトがラスボスで良かった所を自分がラスボスであり続けたい一心で生き返る。 この時はラスボスではあったものの、ストーリー的には黒幕はゲイトであり、シグマは黒幕でもなんでもなく「ゲイトが復活させた悪魔」というだけで話の本筋には全然関わってなかった。 ゼロのデータをいじくっていただけで何故かシグマが出来てしまうのは、もはやシグマの存在自体が呪いである。 流石のシグマも3週間では再生が間に合わなかったようで、ステージに立つことすらも出来ない体だった。 しかし、喋ることもままならない体で「ごれがるがボンバナだッ」と言い放った、これはもはや執念である。

また何度も復活している内に次第に粘着質になり始めてゆき、「もうお前ラスボス引退しろよ」などと言われる有様であった。

実はX3の時点でまたあいつかといった感じで適当に流されていたりする。

それでも毎回ラスボスを演じる執念は凄まじく、X7で新キャラのアクセルが参入し、世代交代を思わせる時には某大佐オマージュかどうかは知らんが「何度でも、何度でも、な・ん・ど・で・も!蘇ってやる!!」と言い放ちまだまだラスボスの座は譲らんとアピールした。

しかし流石にこのしつこいハゲにカプコンも愛想をつかしたのかX8ではついに新たにラスボスの座に着いたルミネの前座に成り下がってしまった。またコマンドミッションでは登場さえしなかった。しかしシナモンは可愛かったよなー

最近ではニコニコ動画のとある投稿者のせいで、シグマ隊長でググろうとすると検索候補にプリケツなどと出るようになってしまった。とんだ風評被害だよ!
だが、こちらでは人類に対する憎悪を萌えとエロで克服しており、今でも(動画内では)隊長と慕われてたりするんだよな。萌えとエロの力ってすげー

活躍と変化[編集]

ロックマンX
記念すべき最初の戦い。手元のレーザーサーベルと頭部の光弾に加え、俊敏な機動力でエックスを追い詰めてくる。
撃破すると頭部だけ残るが、狼型巨大メカニロイドとシグマ頭部が合体、ウルフシグマとなって再び襲い掛かってくる。
腕や下半身など未完成の部分が多いが、完成したらこれを利用して一気に世界を掌握する予定だったらしい。
未完成といえど非常に巨大であり、炎や電撃攻撃などといった苛烈な攻撃を絶えず放ってくる上、本体も極めて頑強。
ロックマンX2
前作で倒されたが、EDにて示唆された通りに復活。
ネオ・シグマとなって登場、鉤爪を両腕に装着し、前作での自身の弱点武器を逆に自身の武器として身に着け、格闘戦・遠距離戦双方ともに隙が無くなった。
機動力もさらにパワーアップしており、間合いを急激に詰めては鉤爪で攻撃する上、一旦姿を消した後に上空から急襲するといった攻撃も繰り出す。
そして、撃破すると緑色のワイヤーフレームのような状態となったシグマの頭部、シグマウイルスとして復活。口から破壊光線やザコ敵を吐き出したり、体当たりなどを繰り出してくる。
ロックマンX3
刺々しいボディに円形の盾を構えた、セイントシグマとして登場。
盾はこちらの攻撃を阻むので上手く隙を突くか、盾でカバーしきれていないシグマの頭部を狙い撃つ事になる。
主に地上や空中から火球を放ってくる。ライフが減少してくると火球と同時に盾を投げつけてくるようになる。
撃破するとドップラーに作らせた究極のボディと合体し、カイザーシグマと化する。
圧倒的な巨体に途轍もないほどの火力を備えており、誘導弾を定期的に撃ち出しつつ、高威力のミサイルを発射したり広範囲にスプレー状のビームを放射するといった攻撃を繰り出す。
しかも、強固な防御力も兼ね揃え、それ故、弱点武器が何一つ無いというXシリーズ初のボスキャラとなった。
ロックマンX4
イレギュラーハンター時代の謎の紅いレプリロイドと戦ったエピソードなど、シグマがイレギュラー化するまでの過程・経緯が今作で幾つか判明する事になる。
今作では何と第三形態までも用意されている。
黒いローブで正体を隠し、巨大な鎌を持った死神のような姿の第一形態、ファントムシグマとして登場。
神出鬼没に姿を現したり眩ませたり、鎌を振るって攻撃してくる。
撃破するとローブが破壊され、第二形態であるデス・シグマとなる。
第一形態で使用していた鎌をブーメランのように投げたり、それを床や壁へ突き刺してエックス達の行動を封じつつ、追尾機能を持つブーメランを飛ばしたり目からビームを放つなどして追い撃ちを仕掛けてくる。
撃破すると最終形態として、シグマがコロニー内の人型メカニロイドと合体した形態シグマ・ガンナーと、ボロボロな容姿を持つ大型のシグマの頭部アースシグマの二形態が登場。
戦闘では両形態が交互に出現しながら、サポート用の三色のオブジェと共に猛攻を仕掛けてくる。当然、両方とも撃破しなければ勝利にならない。
ガンナー形態はステージ右上に出現し、大型のレーザー銃で攻撃してくる。
アース形態はステージ左下に出現し、突風を噴出したり瓦礫を吸い込み・吐き出してくる。
ロックマンX5
今作では何とオープニングステージから早くも登場し、多くのプレイヤーを驚かせた。
オープニングステージでは、建設中の女神像に潜んでいたシグマヘッドがボスとして登場。
しかし、この形態をエックス達に倒させる事がシグマの狙いであり、シグマヘッドの内部には濃縮されたシグマウイルスが溜め込まれていたため、地球全土に拡散してしまう。
その後、零空間でサイコシグマとなって登場。
電撃弾や体当たりの他、ライフが減少すると巨大な衝撃波も放ってくる。
撃破すると、ファイナルシグマWとなって再び襲い掛かってくる。シリーズ中では最も巨大な姿で、ステージには頭部と胴体(胸部)しか入りきっていない。
エックスの侵入が予想以上に早かった為、未完成の部分もあるが、後述の通りその性能は圧倒的。
シグマ自身は「Dr.ワイリーが作り上げた最強のボディ」と称しており、シグマの言動から、製作者がワイリーである事を指していると明確に推測できる。
その外観もロックマン3に登場したガンマと似ており、「かつて登場した巨大ボスは、後に登場する超巨大ボスの頭部でもありプロトタイプだった」「その超巨大ボスは未完成だが、それでも圧倒的な戦闘力を誇る」という要素は、
ロックマンワールド4に登場する巨大人型ロボット、ワイリーロボ・アイアンゴーレムを彷彿とさせ、共通点も多い。
両手を使った様々な攻撃や本体からの攻撃だけではなく、体をプログラム化する事で少しの間無敵状態になるなど、巨体に加え攻守共に完璧を誇る。
唯一の弱点でもある額のクリスタルを攻撃すればダメージを与えられる。
ロックマンX6

名言集[編集]

  • 「このわたしにたてついたことを、あのよでこうかいするがよい!」「地獄に旅立つ準備は出来たかね?」
    • X1、X4にて。ベタな悪役の台詞だが、まだラスボスの風格があった。
  • 「命乞いの台詞はもっと下手に出るものだぞ若造!」
    • コミックボンボン版にて。余談だがボンボン版のロックマンXはかなり熱い展開である。あのボンボン餓狼と同じ雑誌で連載されていた漫画とは思えない。
  • 「どうやら きさまとは たたかう うんめいに あるらしいな・・・いくぞ!!」
    • X3にて。「俺がお前の宿敵だ」と、ラスボスとしての存在感をアピール。まったく、懲りないハゲである。
  • 「めのまえに にどと あらわれないよう、えいきゅうに おまえのソウルを消してやる!」
    • ソウルイレイザーにて。毎度目の前に現れてきてるのは、あんたの方だろう・・・。
  • 「まー、これでじゅうぶんだ。」
    • X5にて。「まぁ」と言わず「まー」と言うところ辺り、本人でさえ「どうでもいいわ」という気持ちが漂っている。
    • エックスの侵入が予想以上に早かった為、未完成の部分もあるが、それでも性能は圧倒的であり、彼自身もその性能に納得しているようだ。 
  • 「ごれがるがボンバナだッ」「ジネ!デッグズ!ジヌンダ!ベッグズ・・・」
    • X6にて。昔の威厳は何処へやら。日本語が喋れなくなっている。
    • しかし、死にかけてもなお楯突こうとするその姿は、絶対に負けないという強い意志を物語っているという説もある。
  • 「何度でも、何度でも、な・ん・ど・で・も!蘇ってやる!!」
    • X7にて。クッパがマリオシリーズの永遠のラスボスであるようにシグマもロックマンXの永遠のラスボスなのである。が、次のX8では…

シグマ様の自画像[編集]

        _,,:-ー''" ̄ ̄ ̄ `ヽ、 
     ,r'"           `ヽ. 
    /" ::.    _ _      ヽ 
    |  ::    \◎/      ゙) 
    .l  ::   /;i   ∨    ∧     ,l 
  /;;l  _;; /::::l       /::::',   ヒ:::::`i 
 l,:::::l "-ー:ェェヮ;::)   f';;_-ェェ-ニ ゙l:::::::::.|  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
  |:::::l"::::''  ',;/  .::;i,  i `''\/   r::::::::.|  | 久々にシグマ 
 .゙l::::::l ::.  ....:;イ;:'  l 、     ,l,:::::::ノ  | 100前までは執念で復活だった 
  ゙|_i"ヽ;:...:::/ ゙'''=-='''´`ヽ.  /i:::::l"  < のが昔のワシなんだよな 
   .| ::゙l  ::´~===' '===''` ,il" .|'".    | X、Zが居れば何度でも復活 
    .{  ::| 、 :: `::=====::" , il   |     | した俺なのに今じゃゼロが 
   /ト、 :|. ゙l;:        ,i' ,l' ノト、    | 復活しても俺が復活できない 
 / .| \ゝ、゙l;:      ,,/;;,ノ;r'" :| \   | ので困る 
'"   |   `''-、`'ー-⊥-─'";;-'''"  ,|   \_| こうして長文に渡り説明する 
                          | ようになったX8のワシも困る 
                          \________ 

関連項目[編集]

うぐぐぐ、この「シグマ」はこれで充分ではない何度でも、な・ん・ど・で・も、書き加えてやる…あなたの奴め… (Portal:スタブ)