ザ・コーヴ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ザ・コーヴ」の項目を執筆しています。

ザ・コーヴ』(The Cove)は2009年に公開された、和歌山県太地町のイルカ主演のドキュメンタリー映画

概要[編集]

ザ・コーヴは和歌山県太地町のイルカ漁を否定的かつイルカの保護に立つ観点から撮られたドキュメンタリー映画である。田代の好きなことなど非合法な手法を含む手法を用い、ショッキングな映像を多く含んでいるが、欧米では強い反響を受け、2009年にアカデミー賞ドキュメンタリー映画賞にてオスカーを獲得し、オスカー取得と同時に日本人が騒ぎ出したのである。なおこの映画について「可愛いイルカちゃんをブチ殺すなんて日本人超野蛮!クレイジーファッキンジャップ!」および「人の国の文化に口出しするんじゃねえよこの鬼畜米英帝国主義者的侵略者のエコテロリストが!」という両方の観点においてユーモアが成立し辛くアンサイクロペディアに乗せるに耐えない罵詈雑言になる可能性があるため、この記事ではナナメ上の観点において述べる。

内容[編集]

ここが舞台

良くも悪くもこの映画はドキュメンタリー映画のレベルではない様々な表現におけるテクニックを用いている。

イルカ[編集]

この映画の主演でもあるリック・オバリーは元イルカ調教師にして、ある日自分の育てたイルカが自殺(したと彼は言っている)した事から何かに目覚めて「イルカを調教すること自体がイルカにストレスを与えていたんだ!」とイルカ産業と戦うエコ戦士に目覚めた人物である(な…なんだってー!)。そのやり方は時にイルカを捕まえてある網を切るなどといった暴力的な手法に訴えた事もあり、やり方自体はシーシェパード地球解放戦線、動物解放戦線といったいわゆるエコテロリストと呼ばれる人達となんら変わりない、「理想のためには非合法の活動も必要」という思想であると考えられる。そして彼の保護対象は間違いなくイルカであるのだ。

だがイルカは小型の鯨であるが、捕鯨の規制からは対象外である(日本などの暗躍のせいでもあるが)。その上、クジラクロマグロとは異なり、イルカ漁で取られるゴンドウイルカやバンドウイルカは絶滅しそうかというと絶滅する気配すら無く希少動物として保護させるのは極めて難しいという側面がある。つまり普通の理性的な手法ではイルカ漁を禁止させる方法は無く、感情に訴えるしかないのである。

そんな夢をみていたリック・オバリーがルイ・シホヨスに出会う事でこの映画の製作が開始されたのである。

舞台[編集]

舞台となったのは和歌山県太地町である。太地町と言われてピンと来るような方は地元か、そうでなければよほどの地理マニア、もしくはイルカ保護論者程度であろう。関西人であっても多分知らない、和歌山県人だったらもしかしたら知ってるかもといったレベルである。地図で見れば理解してもらえるが、市町村合併とその破談などによって出来た非常に小さな自治体であり、人口は3000人強で絶賛減少中である。

小さな小さな村であるが、これを対象とした場合どうなるかである。

これがアメリカの原住民がやっている狩りを残虐な行為として映せばその反応は目に見えている。すなわち「少数民族への弾圧をするな」である。欧米が直接かかわって支配した民族にはその文化破壊に対する負い目などがあり、非難を免れないだろうし、原住民のロビー活動によって大きな打撃を食らうであろう。また中国においてほぼ絶滅にまで追い込まれたヨウスコウカワイルカに関するドキュメンタリーをとった場合はどうなるか?撮影スタッフは人民警察に捕まり、運がよければ撮影機材をすべて没収された上で追放、運が悪ければ(チベット的な意味で)どうなるものかわかったものではないのである。

この点において日本の太地町というのは非常に優れた被写体である。なぜなら日本の小さな自治体(少数民族とすら言ってもいい)であれば欧米の社会から非難されるいわれも恐れも一切無いのである。また日本において多少派手にやらかしても日本の警察などにそれほど手酷い扱いを受ける事はまずなく、安全に取材を行う事が継続出来る。

さらに言えば和歌山県は補陀落渡海だの熊野古道だの密教仏教真言宗の本拠地だの鉄砲大好き雑賀衆だの、色々と面白い文化と宗教の集まった歴史的な聖地であり、アジールである。日本人から見れば歴史が深いで済ませられるし、これらの文化の地域と太地町がぜんぜん違うことぐらいは理解できるが、外国人であればそうはいかない。謎のジャパニーズの、そのまた謎の地域としか見えないであろうし、イルカ殺しみたいな野蛮な文化がありますといわれればコロリと信じてしまう。吸血鬼の映画を撮るのにはロンドントランシルバニアが最適であるように、謎の日本文化を撮るには和歌山県は最適であったのだ。わかりやすく言うと村が非常にSIRENっぽい構図なのである。

またシーシェパードとのつながりの面でもこの村は因縁がある。シーシェパードにとっては2003年に侵入してイルカ漁の縄を切り見事お縄になった思い出の残る村でもある。この映画がシーシェパードの協賛があり、またポール・ワトソンが出演しているのもこんな縁からかもしれない。(なおシーシェパードはウェブサイトにこの村の関係者の電話番号と抗議して欲しい旨を載せるなど、悪魔の詩に対するホメイニ師なみの執念を燃やしている)

手法[編集]

撮影スタッフ。米国陸軍兵士ではない。
米国陸軍兵士。撮影スタッフではない。

すでに述べたとおり、撮影には普通ドキュメンタリー映画では使わない偽装カメラによる盗撮など様々な手法が用いられている。これによってイルカ殺害以外にもエキサイティングでスリリングな映画を撮ることに成功したのである。まるで特殊部隊のような撮影スタッフが、特殊部隊のようないでたちで、特殊部隊のように山野に隠れて撮影を行うのである。これで爆薬を投入すればコマンドーになるのではないかという物騒ないでたちで、さらに村の隠蔽体質や「ジャパニーズマフィア」呼ばわりするほど厳しい目を向ける村の人など(数年前からシーシェパードがやってきたり、イルカ漁反対サーファーがやってきたりするのも村の人がかたくなになる一因ではあるが)などもスリルあふれる要素になっている。これが面白くないわけがない

米国クオリティペーパーであるニューヨークタイムズ(ちなみに日本のことは蛇蝎のように心の底から嫌っていて、ブッシュ政権の大量破壊兵器問題に少なからずかかわりながらも民主党支持と言うよくわからない新聞)をして「まるでジェームズ・ボンドの映画のようだ」と言わせるほどである。もう少しクオリティペーパーらしい表現の方法があるだろうがとかいったいどこら辺が007っぽいのか教えていただきたいものであるが、ボンドガールらしき人はヘイデン・パネッティーアおよびイザベル・ルーカスの二人も出ている。彼女達はブロンド美人だがイルカ保護派なのがタマにキズな女優さんのようで、ヘイデン・パネッティーアさん(読みにくい)に至っては反捕鯨から日本製品不買運動に到るほどのバリバリの環境保護アマゾネスであり、シーシェパードの支持者でもある。

データ[編集]

この映画では積極的にデータを活用して視聴者に影響を与えようとしているのも忘れてはならない。もちろんイルカの捕獲数があいまいでコロコロ変わるところなどに突っ込んではいけない。南京大虐殺のようにデータは時に変わるのであり、大事なのはデータの正確さではなくデータから受ける印象なのであるのだから。

またイルカの肉に水銀などが含まれている事からイルカ肉がである事をアピールするのも忘れてはいない。確かにイルカの肉には有毒な物質が含まれているのだが、この映画においてはそれを表現することで「この映画は日本人に本当の事、イルカを食べることは危険であると言うことも紹介しているんだ」「簡単に言えば日本人にとっても良い映画なんだ!」という風潮を漂わせている。海外の視聴者から見れば「日本たたきで済む話なのに、野蛮な日本人の健康のことも考えてあげるなんてなんてやさしいんだろう」と間違った印象を与える事ができ、その上日本国内において日本人のシンパを増やすと言うコミンテルン的な手法も見込めるのである。「日本人がそんなアホな手に引っかかるか!」と言われるかもしれないが馬鹿にしてはいけない。日本人の中には野原で日本軍の会議を行うような時代考証パール・ハーバーを面白いと言った視聴者や映画評論家が居るぐらい洋画に甘いのである。

またイルカの毒について日本政府が隠蔽しているというが、これは普通にネットで確認できたりする。しかし重要なのは見た人間が「また日本政府の隠蔽か」と思わせる事であるので、実際に隠蔽しているかどうかはあまり関係ない。また、シーシェパードは「ネットは全ての人が見るものではない」とも言っており、「情報弱者に対する隠蔽」という意味ともとれる(ただそれは新聞でもテレビでも政府広報でも当てはまることだが、それは誰も気にしない)。

ただし日本政府はネットをくまなく探さないと分からないようなところに、本当の事を書いておいて、一般向け書籍やマスコミの啓蒙の場が嘘八百という点が捕鯨においては異常に多く、首領様の国並みなので、インチキする必要などなかったのだが、この点においても隠蔽をばらすというのは口実であったのだろう。ただ、イルカ漁に関してマスコミが自主規制をしているのか知る人が少ないのも事実であり、あまりに少ないので伊豆で未だにイルカ漁をやってると思っている人も多い。

またドキュメンタリー映画なのにインタビュアーを騙して答えさせるなど、映画作成への意欲を見せると同時に目的のためには手段は選ばないあくなきデータ収集の姿勢も見せている。

反応[編集]

海外[編集]

案の定、「非常にショッキング」「イルカちゃんかわいそう」「日本人はけしからん」「ファッキンジャップ」とレイシズム丸出し発言連発での大炎上である。彼らのほとんどがもともとイルカ教徒であるというわけではない。元々は無関心であったか、もしくは知らなかったという人が大多数であるにもかかわらずである(もし本当に全員がイルカ教徒であるのであれば今頃はABCD包囲網が敷かれ、ハルノートが提出されているはずである)。それだけこの映画は(不公平な表現を含めて)ショッキングな影響を与えたのである。そして忘れてはいけないが、元々西洋と日本は別の文化圏で、日本が目立つほど逆に反感を持つ人達が一定数いるのである。そんな人達に棍棒と「大義名分」を与えればどうなるかは容易にわかることであろう。他所様の文化を「その文化は野蛮だからやめろ」と言う事ほど痛快で楽しいことは無く、正義のもとで行われる蛮行に人は決して躊躇しないのである。

ごく稀に「東洋人はイルカを食べるが西洋人はを食べる。どこに問題があるのか?」(英ガーディアン紙。マンチェスターの左派新聞、東洋人と言ってもあんまりイルカは食べないが)、「アフリカの飢餓問題など世界に発信すべき問題はいくらでもある。イルカが可愛いから題材にされただけだ。」(フランスの映画サイト)のような意見も散見されるが、少数派である。

国内[編集]

日本国内では、公開してもいないのに、前評判だけで大炎上しており、その状態はあの『スター・ウォーズ』公開前の興奮を髣髴とさせる。ただしそれは逆に見てもいないものに対して、是非を語るという前代未聞のものであり、この項目を記述した人の殆どが、実はこの映画をみていない。そんな国内での数少ない目撃者の中でも少しばかりの理解者(一部、元からイルカ教の敬虔な信者の自作自演を疑われるものを含む)も居ないでもなく、その中には「イルカ漁やってるの、びっくりしちゃったなあもう」というものも多く、日本でやはりイルカ漁はマイナーなのだという事を証明できるだろう、そんなこともあってか、あちこちのブログの中には感銘を受けた旨を記載しているサイトもある。また、見もせずに燃え上がる人々も多く、基本的に偏狭なナショナリズムに基づくものも多い。しかしなお馬鹿馬鹿が突撃して炎上という事態が怖いので外部リンクは載せない事が望ましく、公開予定の劇場においてはテロ行為も行われており、映画館においては洒落にならない状態となっているが、これはシーシェパードを叩くつもりが自分たちがシーシェパードになってしまっているのであり、ミイラ取りがミイラになってしまったといえよう。この為見ることもままならない状態になってしまうのは、却って良くないだろうと言う動きもある。とりあえず、公開予定の劇場は捕鯨船にならって音響爆弾や照明弾を装備して、陸のアディ・ギル号を沈黙させる用意をするべきだろう。

しかし一方で一時期日本人に大変効いた呪文「日本は孤立している!」に日本人が狼少年的な耐性を得つつあるのも確かである。

監督[編集]

イルカ殺しはユダヤ人殺しと同じ罪です!

監督のルイ・シホヨスはいくつかの発言を日本人に向かって発言している節がある。

  • ともかく一度見たうえで評価してください

ほとんどの映画監督は同じことをいうだろうが、彼の真意はそうではない。これをみれば日本人であろうと洗脳できる理解してもらえるという自信の現れである。

  • アウシュビッツでの画像を私が画像を撮っていたらどうか?同じぐらいの残虐行為が行われている。

でました、伝家の宝刀アウシュビッツ。今回ザ・コーヴが受けた長編ドキュメンタリー映画賞歴代受賞作品31個のうち4つがホロコーストをテーマにしているだけあり、欧米人がこの一言を口に出すのは強烈なイメージを植えつけたいときである。ただ自分の国の戦争犯罪にもいい加減な日本人に対して、他所の国がやらかしたホロコーストという言葉がどれほどの威力を持つかは懐疑的ではあるが。

  • 私に言わせれば、これは日本人へのラブレターである
  • たとえ水銀汚染の問題がなかったとしても私はイルカを守ろうとするだろう。そして日本人を水銀から守りたいと思う。

それはひょっとしてギャグで言ってるのか.jpg

結果[編集]

ドキュメンタリー映画としては大成功と言わざるを得ない。目立てないドキュメンタリーなど何の意味も無いからだ。そういう意味では良くも悪くも大注目されたこの映画はかなり狙って作られたものであり、プッツン来て衝動的にイルカの網を切断するような短絡的な人ではまず製作は不可能であろう。なんらかのブレーンが製作にアドバイスしたと考えて間違いないだろう。2009年の公開時にトヨタの公聴会や捕鯨・クロマグロなどのジャパンパッシングと言った追い風が吹いていた事、オスカー受賞等は狙った結果、ついてきたおまけのようなものである。

と、いう向きもあるが、地中海のクロマグロが十分の一に減少したり、トヨタの車がポンコツであった事自体は事実であり、これは被害妄想と見る向きもある、事実ここに「要出典」を貼っても日本叩きが目的であるという確実なとんかつソースは出ないはずである、そんな事もあってか実は当のアメリカでは大コケしている。が・・・見もせずに騒ぐ日本人が面白いのか、シーシェパードが金を出したのか、第二弾製作が決まったとか聞いた気がするが、どうなったんだろうね。

尚、この映画より前にシーシェパードがひと肌脱いだ、南米のサメ漁を批判する映画も存在したため、これは二番煎じであったのだが、多くの日本人はそれを知らない。

なおこの記事は出来る限りNPOVを心がけてあるが、一部に批判的な記載があると思われるかもしれない。だがこれはこの映画や映画製作関係者、イルカ至上主義者への批判ではなくラブレターであるのでどうか多めに見てほしい。

外部リンク[編集]

余談[編集]

なおユーモアの聖地ことアンサイクロペディア英語版のイルカの記事において以下のような事を書いたアホアンサイクロペディアンが居た事も記載しておく。

「The truth is, Dolphins are stupid. Just like Dolphin-likers. Kill them all.」
Dolphins について、The Japanese

関連項目[編集]