ザングース

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ザングースとはポケットモンスターの一種。紅白の毛皮を身にまとっており、祝い事などに縁起物として使用されることが多い。

暗き虚空より降臨されるザングース様。決して水中ではない。

概要[編集]

ザングースは、その紅白の毛皮から、しばしば結婚式正月などで引き出物にされる。またのしや門松などとして干物を家の戸口にぶら下げたり自動車のフロントに縛り付けたり、神棚に飾ったりする。日常生活においても、その洋梨型の体型から、しばしば商売繁盛、子孫繁栄、家計安定などをもたらすといわれ大切にされている。

またアフリカの一部族ではザングースの脳味噌が作られ、カステラのような味とくさやのような香りで最近フランスあたりで静かなブームが始まっている。

歴史[編集]

ザングースとハブネークの姿に扮して舞い踊り、戦いを再現する伝統行事。

日本国内では、古事記にザングースらしき動物についての記述があり、古くから霊的な存在として崇められていたことがわかる。またザングースがドロドロの世界を天と地にわけ、この世界を作り出したと言う民間信仰も各地に見られる。

また海外でも、古くから悪魔とされるハブネークを倒す守護神と考えられており、非常に人気が高い。また後述するが、非常に毒物や微生物に対する抵抗力が強いため、民間療法では多くの薬品に用いられ、ペストなどがはやった時期には大量に乱獲された。そのため現在はホウエン地方の国道116番道路でしか確認されない。

生物学的知見[編集]

ザングースは毒物や微生物に対する抵抗力が非常に強い。ある文献によるとザングースの血液を混ぜた寒天培地の上はほぼ無菌状態だったという。

また毒物を分解排出する能力も強力である。ある研究者(オーキド博士説が濃厚)がザングースに一度に水銀化合物1リットルを投与したところ、銀色の尿を排出したとの報告書が大英図書館に保存されている。

またザングースは非常にハブネークに対し攻撃性が強い事も実験で知られている。 ある文献(ウツギ博士著といわれている)によるとザングースとハブネークを同じ檻に入れたところ、激しく取っ組み合っている内に核融合反応を起こしイエローケーキになった。

愛玩動物として[編集]

その容姿から愛玩動物としては敬遠されてるかと思いきや、何を考えたのか原型をとどめないほどの完全なデフォルメを施したイラストが出回ってしまったために、男性諸君にはツンデレ腐女子にはお前誰なんだよポケモンじゃねえだろといった出で立ちのスマートな美男子としてインプットされている。

また愛用されるザングースにはオスかつマゾなモノが用いられることが多い。 腹のMの文字と何らかの関係があるかと思われるが、たぶんただの羞恥プレイだと思われる。

ネコイタチ科問題[編集]

21世紀最初の大問題と言われるこの問題は果たしてザングースはネコかそれともイタチかという論争である。

ネコ派の主張によると

  • ネコじゃらしに反応する
  • マタタビにも反応する

の二つの主張がある

イタチ派の主張では

  • 歩行パターンがイタチそのもの
  • が意外に臭い

などの主張がありいまだに決着は付いていない。

関連項目[編集]


こんな感じに捕まえてください。
WANTED ザングース

この「ザングース」は、研究中に逃げていきました捕まえてくださるハンターまたはトレーナーを求めています。よろしくお願いします、そこのあなた!
モンスターボールを持って、捕まえに行ってください。賞金は無量大数円です。 (Portal:スタブ)