アブー=ムスアブ・アッ=ザルカーウィー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ザルカウィから転送)
移動: 案内検索
ニット帽はママの手作り♪
この方は亡くなられました?
心からご冥福をお祈りしたいところですが、無理です。イスラム原理主義者に抹殺されてしまうので…

アブー=ムスアブ・アッ=ザルカーウィーは、世界的に有名なロックバンドアルカイダの自称メンバー。2003年3月20日十字軍の連中が中心となってイラクで開催したフセイン・ライブに参加した。重度のマザコンである。

概要[編集]

ヨルダンの首都アンマン近郊の町ルカリオにて生を受ける。幼少期はエジプトのイスラム原理主義組織の座談会に積極的に参加するなど真面目な性格だったものの、2001年9月11日に開催された同時多発ゲリラライブに多大な影響を受け、ヒゲオヤジに忠誠を誓うとともにイスラム狂からキリスト狂に改狂した。

失望と迷走[編集]

金髪のカツラの上からニット帽!我ながら完璧な変装だな。

本人はライブ参加時「アルカイダのメンバーである」と謳っていたが、実際は「イラクの性戦アルカイダ・グループ」とかいう全く別の組織で活動しており、アルカイダと直接的な関係は無かった。多分。

フセイン・ライブ終了後にアルカイダのメンバーであるアマガミ・ザワヒリが、ザルカウィを正式なメンバーとして迎え入れる旨の発言を行ったが、当のザルカウィは中東の極右放送局アルジャジーラの電話インタービューに対し「祈りダコ(過度な礼拝行為によって、おでこが陥没したような状態になること。)がある奴はサタン(悪魔)に呪われた変態であると、ママに教わった」と、ザワヒリの申し入れを断った。

2006年5月、イラクのバクバ市近郊にあるハッテン場からオスカー像を手に出て来たところを、ICPO(International Caos Porno Organization)の捜査員に発見され、記念撮影を行った。しかし翌月7日、同市内で開催されたアメリカとのチーム戦に敗れ、ママの待つヨルダンへと去った。

関連項目[編集]