サーターアンダギー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

サーターアンダギーとは、沖縄の郷土料理であり、悪魔の油揚げと呼ばれる菓子である。

概要[編集]

サーターアンダギーの材料

主に奄美~沖縄一帯は薩摩藩の属領とされた期間が長く、派遣された役人に意味を悟られないよう一種の暗号として方言文化を発展させてきた。また、戦後27年間にも及びアメリカの統治下におかれたため、方言にも英語が含まれるようになった。その一例として、「外人」を示す沖縄の方言は「アメリカー」もしくは「イギリスー」である(例えインド人であっても、話者の感覚によってそのどちらかで呼ばれる)。

これらの情報を元にサーターアンダギーの意味を紐解くと、「アンダギー」は「油揚げ」であり、残りの「サーター」は「サーターン」(英:Saturn、悪魔)の省略である。

したがって、それらの意味を組み合わせると、

 サーター(悪魔)・アンダギー(油揚げ)

となり、「悪魔の油揚げ」という意味になる。

 

含有される有害物質[編集]

どうみても劇物。サーターアンダギーの断面図

サーターアンダギーとは、沖縄の郷土料理であり、方言由来の名称である。

サーターアンダギーには、悪魔の食べ物の呼び名にふさわしいほど、様々な有害物質を含有している。

酸化油[編集]

まず、油で揚げたものであるため、有害な酸化油を多く含んでいる。調理工程として、高音の油で1時間近く揚げるのだが、このサーターアンダギーの調理に使われるエゴマオイルは、オメガスリー脂肪酸[1]に分類され、非常に酸化が激しいと知られている。

砂糖[編集]

続けてサーターアンダギーは、大量の砂糖を混ぜてつくり、表面にもまぶしているため、とても甘くなっている。砂糖に関してはリンクをたどれば分かるとおり、その危険性は高い。そこから「サーター」は悪魔という意味にとどまらず、砂糖をも意味するようになった。また、最近では砂糖はうつ病を増進させるものとして注目されており[2]、そのことから砂糖は悪魔的な危険性を持つと言われるようになった。

カロリー[編集]

「油」・「砂糖」の他にも、「大量のでんぷん」を含有しており、高カロリー食品となっている。事実として、1個320gのサーターアンダギーを食べると、それだけで「1,200Kカロリー」ものエネルギーを摂取するはめになる[3]。サーターアンダギーは、食生活の改善における、ダイエットを阻む非常に危険なカロリー爆弾である。

 

その他の危険性[編集]

この菓子を摂食した少年Aの表情。新世界の神に私はなる!

摂食[編集]

またこの食品を摂食することで、生命維持に必要な水分を口腔内から奪い去るという、非常に危険な特徴を有している。したがってサーターアンダギーを食べる際は、必ず水分補給を忘れてはならない。これを怠ると、悪魔によって咽がカラカラに乾いてしまい、最終的にはに至る可能性もあるだろう。

また、内部にある悪魔によって、摂食すると不必要に妄想を膨らませ、終には世界一の犯罪者になる願望に魅入られてしまうかもしれない。食べ過ぎは厳禁である。

調理[編集]

サーターアンダギーは油で揚げると爆発するが、内部の悪魔(サーター)や膨らし粉(軍曹・満腹剤)の入れ具合によって、その程度が異なる。表面に軽いワレメをつける程度に収まるか、はたまた水蒸気爆発するなど危険性を孕んでいる。

ちなみに、初版投稿者は沖縄の大学に通っていたのだが、冷凍庫に1ヶ月ほど入れていたサーターアンダギーを油で揚げたところ水蒸気爆発を起こし、顔面に火傷を負って病院に緊急搬送された経験がある。大事には至らなかったが、友人伝いでお昼のワイドショーにて報道されていたと知った時は大変驚いた。その時の原因は冷凍食品のサーターアンダギーを袋から出したまま冷凍していたせいで、表面にが張り、それによって悪魔が大暴れしたのだという。このように、サーターアンダギーを調理する際には、それ相応のリスクを覚悟した方が良いだろう[4]

参照[編集]

  1. ^ オメガスリー脂肪酸(Wikipedia
  2. ^ 砂糖とうつ病の関係について(Google
  3. ^ サーターアンダギーのカロリーについて(Site
  4. ^ サーターアンダギーが爆発する原因(Google

関連事項[編集]

Bouncypotato.gif
この記事「サーターアンダギー」は何故か「サーターアンダーギー」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「さーたーあんだぎー」の項目を執筆しています。
Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第37回執筆コンテストに出品されました。