サンデーVSマガジンTCG

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「サンデーVSマガジンTCG」の項目を執筆しています。

サンデーVSマガジンTCG』は、週刊少年サンデー週刊少年マガジンが合同で制作し、武士団が販売したゲームの総称。

概要[編集]

元は、週刊少年サンデー週刊少年マガジンが合併を想定した際、多くの作品を切らなければならず、本当の人気作品を決めるために制作したゲーム。

アンケートなどでは、一部の編集者が票を操ったり、同一人物による票が想定されるため、この方法となった。

ゲームというのはカモフラージュであり、無作為に選ばれたプレーヤーたちが、サンデー側やマガジン側のどのキャラクターを選択するかが人気投票となっている。

その後、ゲームが好評だったため、それぞれ別の作品として発売された。

登場人物などは、ウィキペディアや各商品の公式サイトを参照ください。

「TCG」の意味と降伏[編集]

「TCG」の意味は、「Target is Chumpion and Guanguan .(ターゲットは、チュンピオングアングアンです。)」であり、角川書店と集英社に対して戦意がないことを示している。角川書店はともかく、集英社と競合う意思がないのは、少年サンデーと少年ジャンプは客層が全く異なるため、競合になる恐れがないからである。

また、角川書店も集英社もこういった企画をいくつかやったことがあるため、先達者を敬った結果とも思える。

『集結!頂上大決戦』[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「サンデーVSマガジン 集結!頂上大決戦」の項目を執筆しています。

最強のキャラクターを決めるという名目で行われるバトルロワイアル

『集結!頂上大決戦』のあらすじ[編集]

あらすじは、「サンデーVSマガジンTCG」内のゲームだった頃ののみ存在したストーリーモードでのあらすじ

市販版では、ストーリーモードの代わりにシナリオモードが収録されている。


戦国の世に、突然、出現した魔界天界

ある者は、魔界の雑兵である妖怪(幻魔)を使い勢力を伸ばしある者は魔界の妖怪を倒すために天界の力を得ある者たちは、その混乱に乗じて武将たちを倒すため魔界の力も天界の力も借りず己が腕を磨いていく様々な者たちが戦っていく中戦国の勢力図は、我々の知らないものに変化していった

時を経た現代、一見、我々の知る世界とそれほど変わりはないが、そこにはまだ、魔界と天界が存在していた。

(サンデー側を選択した場合、)主人公は、「魔界こそが人間に悪事をさせている根源」考える消嶽館に属し、魔界の勢力などと戦う。

(マガジン側を選択した場合、)主人公は、「神(高次元生命体)こそが人間を支配しようとしている存在」考える高断社に属し、天界の勢力などと戦う。

結果として、どちらを選んでも、魔界と天界が消滅後、本当の黒幕(魔界と天界を人間界とつなげ、人間の争いを激化させた者)である醜永者(読み不明)が登場し、生き残った4人で戦うこととなる。

『ドリームナイン』[編集]

『ドリームナイン』あらすじ[編集]

魔界と天界の消滅から数ヶ月、人間には魔界や天界からの力がなくなり、人間界に移り住み生き延びた妖怪や天界人も同様の状態であった。

こんな状態で、それまでの兵器を使った大戦が起きれば、次は人間界が消滅する。

消嶽館高断社は、新たな争いの方法として、スポーツダブルデイ(現実の世界で言う野球)を提案。

その効果を示すために行われた消嶽館側のサンデーチームと高断社側のマガジンチームの間での対決。


裏でどんなことをしたのか、他の高校のエースピッチャーたちが同じチームにいたが、どちらのチームもピッチャーばかりやけに多かった。


それまでの確執から、戦いは激化していくが、後半、その目的がサンデーとマガジンの優劣の決定ではなく、打倒水島新司であったことがわかる。

『野球番』[編集]

この作品のみ、サンデーとマガジンのエースピッチャーたちが力を合わせ、水島新司のピッチャーたちと戦うという展開となっている。

名前も、水島新司を「野球漫画のご意見」とした皮肉からきている。決して、野球盤ではない

何故、水島新司を敵にしたのかは明かされていないが、おそらく、敵にできるくらい数のキャラクターを持っていていたのと、マガジンがサンデーと手を組むにあたりチャンピオンとは手を組んでいないことを示す必要があったためと思われる。

なお、これの商品化は、他の作品ほど人気が出なかったのか、コンピューターゲームではなく名前の通り野球盤である。

『めぐりあう2人の名探偵』[編集]

人気探偵が事件の謎を解くゲーム。国民的作品の名探偵・江戸川コナンとマガジンのエース・金田一一が対決する話。結構出来も良い。江戸川コナンは、『ドリームナイン』にも登場している。

サンデーとマガジンが、このゲームを最後に持ってくるということは、この合併の行く末が、「江戸川コナンや金田一一のように頭脳で考え、話し合いで解決する、決裂して潰しあいになる」かのどちらかしかないことの現れでもある。

サンデー・マガジン特別増刊 名探偵コナン&金田一少年の事件簿も参照。

関連項目[編集]