サンデー・マガジン特別増刊 名探偵コナン&金田一少年の事件簿

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「サンデー・マガジン特別増刊 名探偵コナン&金田一少年の事件簿」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

サンデー・マガジン特別増刊 名探偵コナン&金田一少年の事件簿(-とくべつぞうかん・めいたんていコナンアンドきんだいちしょうねんのじけんぼ)は2008年(平成20年)4月10日から9月25日まで発行されていた増刊漫画誌である。

概要[編集]

週刊少年サンデー週刊少年マガジンの両誌は、2008年(平成20年)に創刊50周年を迎え、その記念企画として発案された…などと言う建前論は判断力の無い石頭どもが書けばいいことであり、実際には未曾有の出版不況対策として発案されたものであった。 両誌とも出版不況の影響で一頃の勢いは全く無く、比較的客層の広いかつての看板作品を再度スペシャル化する事で一定の売り上げを確保すると言うものである。公称部数は40万部であった。 月2回刊行とし、編集は小学館講談社が交代で受け持っていたが、その結果一号おきに内容に大きなギャップが生じて売り上げも一号ごとに変動する事がないようにいろいろ工夫されていたらしい。 ただし、後述のように刊行後すぐにゾッキ検閲により削除

再掲なので、余り制作費は掛からない。強いて言えば2号だけ行なわれた作者と声優へのインタビューと読者離れを防ぐ為の懸賞ぐらいである。 この為、わざわざ一冊ずつ買わなくても古本屋に行けばもっと安く買える。

他誌の動向[編集]

これら二誌より後発でありながら一応売り上げ第一位である週刊少年ジャンプは静観しているようである。 もっとも、ジャンプには大ヒットした探偵モノが無い事と、腐女子もとい女子中高生向け漫画雑誌への転換を狙っている節がある事から、何もする事が出来ないというのが実情である。 一方、萌えなのかヤンキーなのか方向性が分からないけど取り敢えず独自路線の週刊少年チャンピオン全く気にしていない

今後の動向[編集]

週刊少年サンデー週刊少年マガジンの両誌は、創刊日が同じ1959年(昭和34年)3月17日である事だけでなく、長らく日本の出版界を二分してきた小学館講談社、もっと言えば音羽一ツ橋パワーゲームの象徴であったが、50周年いや未曾有の出版不況の影響とは言えこのような合同企画誌が期間限定とは言え創刊される事は、日本出版界にとって最初で最後の大再編劇の序曲となるのではと言われている。

すなわち、講談社小学館の将来の対等合併への布石ではないのかと言う声も囁かれている。

しかし、週刊現代週刊ポストが統合された雑誌とかならまだしも、サンデーとマガジンが統合された雑誌だの、ビッグコミックオリジナル週刊モーニングが統合された雑誌って…どうなるのだろうか。

ちなみに小学館と集英社は同じ一ツ橋グループなので、もしこの話が実現するとすると、下手すれば三大出版社が一つにまとまってしまう可能性も否定できない。

つまり、マガジンとサンデーだけでなく、週刊少年ジャンプも統合された大少年雑誌が完成する可能性があると言う事になる。もちろん、ジャンプが「腐女子ジャンプ」もとい「少女ジャンプ」に転換していれば統合はまぬかれるだろう。

余談[編集]

  • 2008年(平成20年)3月17日、東京都内で制作発表会が行われた。ゲストとして小栗旬石原さとみが出席したが、小栗は自分の好みは堀北真希でも山田優でもなく、みゆきだと発言し、二次元派である事をカミングアウトした。その時は…
  • 一部地域では発売日から数日遅れで某古本屋にも出荷されていた事が発覚している。しかも、店側の必要以上のサービスで半額以下の値ry

ゲーム化[編集]

関連項目[編集]