サンデーコミックス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Disambiguation

ここでは、まーそのー……いわゆるひとつの世間様に最も一般的とみなされていると考えられているとされている
サンデーコミックスにつきまして説明している項目です。はい。

  • 小学館の少年週刊誌「週刊少年サンデー」の漫画単行本レーベルにつきましてですがー、えー……少年サンデーコミックスをご覧ください。

サンデーコミックス(Sundae Comics)とは、1966年7月15日秋田書店によって刊行が始まった新書版の漫画単行本レーベルの一つである。レーベル第一号は『サイボーグ009』(石ノ森章太郎)。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「サンデーコミックス」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「サンデー (デザート)」の項目を執筆しています。

歴史[編集]

創刊と名前の由来[編集]

サンデーコミックスが創刊された1966年当時は講談社小学館などの大手出版社さえも自社の漫画雑誌をそのまま単行本化するレーベルを持ってなかった。そのために、やる気とお金さえある出版社であれば、金にあかせて版権を買いさえすれば、他社の雑誌の看板連載さえも単行本化し放題であった。

そのために、当時は小金を持っていた秋田書店が、新しい単行本レーベルを創刊する際に、アイスクリームの上に果物チョコレートシリアル生クリームなどをトッピングしたサンデー(Sundae)というデザートにちなみ、自社の月刊誌である「冒険王」の連載漫画をアイスクリームに例えて、その上に「少年キング」(少年画報社)「少年」(光文社)「週刊少年マガジン」(講談社)そして「週刊少年サンデー」(小学館)などの連載漫画をトッピングして、全国の少年少女に楽しんでもらおうとしたのがサンデーコミックスの名前の由来である。決して、「週刊少年サンデー」のように「このコミックスを読むとまるで日曜日のように楽しい気分に浸れる」という意味ではない。ましてや「発行日が日曜日」という意味でもない。そもそも英語読みがSunday ComicsでなくSundae Comicsであるのが日曜日でなくデザートのサンデーが名前の由来だと言う事の証明である。

ただし、秋田書店が日曜出勤した社員にデザートのサンデーをご褒美に与えた事がサンデーコミックスの名前の由来であり、最初の英語表記はSunday Comicsであったが、「日曜出勤を奨励するレーベル名をつけるとは何ごとだ」と書店従業員と運送業者からの反発により、英語表記がSunday ComicsからSundae Comicsに変更になったという説もある。

黄金期と幻のレーベル[編集]

サンデーコミックスは全国の少年少女に好評を持って迎えられたことから、1969年に秋田書店はサンデーにソーダを加えたマンデーというデザートにちなんだ「週刊少年ジャンプ」(集英社)の連載漫画をラインナップに加えた「マンデーコミックス」を創刊しようとした。しかし、同年の「週刊少年チャンピオン」創刊時にジャンプと大きな因縁を生んだことから(詳しくは週刊少年チャンピオンの項を参照)、集英社がジャンプの連載漫画の版権売却を全面拒否したために、このレーベルは幻に終わった。そして、翌1970年には秋田書店は「チャンピオン」の連載漫画を収録した「少年チャンピオンコミックス」を創刊した。ほぼ同時期に集英社が「ジャンプ」の連載漫画を収録した「ジャンプコミックス」を創刊した上に、1976年には「ジャンプコミックス」に収まらないクソ優れたジャンプの連載漫画までも子会社の創美社に「ジャンプスーパーコミックス」を創刊させて出させたのは、集英社がジャンプの連載漫画を囲い込む為の作戦である。しかし、週刊少年ジャンプ連載の『ワースト』(小室孝太郎)はサンコミックス朝日ソノラマ)から単行本化された。その事から、秋田書店以外ならジャンプ連載漫画の単行本化は問題はないと思われる。

没落期を乗り越えて今[編集]

サンデーコミックスの成功を受けて、1974年に「少年サンデーコミックス」(小学館)が創刊されるなど、大手出版社が単行本レーベルを整備しだした為に、1970年代後半以降はサンデーコミックスの新刊点数は次第に減少していった。さらには、1980年頃から週刊少年チャンピオンが終わりのない暗黒期に突入した事により、秋田書店の財政状態が急激に悪化して、週刊少年チャンピオン連載の漫画でさえも単行本が出なかったり、連載が単行本二巻以上の分量になっても単行本が一巻で打ち切られる事が多発している(詳しくは週刊少年チャンピオン単行本化待ちの項を参照)。これらの事から、サンデーコミックスは1992年以降新刊が出せない状態になっていた。

しかし、1999年から2000年にかけて手塚治虫の漫画を文庫化するついでにサンデーコミックスでも新刊が出たことがあった。また、他の漫画家の作品でも予告なしに復刻版がでたり重版をすることがあるので、2008年現在もサンデーコミックスの動向は見逃せない。

そもそも、発売から三、四十年も経つ漫画単行本がほぼ発売時の装丁で新刊書店で買える事が驚異的である。ジャンプコミックスで例えれば、『男一匹ガキ大将』『ど根性ガエル』『トイレット博士』が新刊書店で買えるようなものである。

主な作品[編集]

冒険王の連載漫画[編集]

少年キングの連載漫画[編集]

  • サイボーグ009ほか

少年の連載漫画[編集]

週刊少年マガジンの連載漫画[編集]

週刊少年サンデーの連載漫画[編集]

ちなみに、1979年から1981年に「週刊少年サンデー」に連載された『サイボーグ009』は「少年サンデーコミックス」(絶版、現在は秋田文庫他で入手可)に収録された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


キャプテン翼の例のアレ.jpg サンデーコミックス は、漫画関連の書きかけ項目です 」

「 書きかけとかつまらないとかはどうでもいい、サンデーコミックス加筆するんだ! 」 (Portal:スタブ)