サン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
「(かぁぁぁっ)まだ言うか!人間に指図は受けぬ!」
アシタカ について、サン
「其方は、美しい…」
サン について、アシタカ

サン(さん、)とは、歴史を元にしたスタジオジブリアニメ映画であるもののけ姫ヒロイン

概要[編集]

初対面のアシタカに猛烈な拒否反応を示すサン。

サンは、室町時代屋久島に生息していた自称山犬人間である。室町時代に誕生し、山犬のモロ()に育てられた。屋久島の岩の隙間を住処とし、たたら場にいるエボシ(烏帽子)に敵心を抱く。その最中、アシタカ(葦鷹)に出会い、彼に対しては、密かな恋心を抱く(「もののけ姫」は、サンとアシタカとの関係を描く映画でもある。詳しくは、もののけ姫を参照すること)。サンの正体は実はちゅるやさんではないかと言われているが、真っ赤な嘘である。

革製らしき薄茶色の靴を履き、丸いお面を付けている。紺色のした薄い布を羽織り、その山犬の毛皮を着ていて、飲食するものは主に育て親の…って、よく恩を仇で返すマネが出来るな。

またサンはツンデレ少女であり、特にアシタカに対する接し方でそのツンデレが顕著に表れた。最初出会った時は照れ隠しの為、「去れ!」と怒鳴ったが、最後にアシタカに「…好きだ///」と告白した。この一部始終は、確認されている中で日本史上初めてのツンデレとされている。サンがツンデレだと知ったアシタカは、玉の小刀をあげる際にそれがカヤ(蚊帳[1]・アシタカの住んでいた村の少女)から貰ったお守りであることをあえて言わなかった。アシタカ、それをカヤが知ったら怒られるぞ。

サンはアルファベットで「San」と書かれるが、英語圏では「Son」と表記される。その理由として「San」は聖人という意味があり、これは野蛮なサンには当てはまらないので、男っぽいということで「Son(息子)」と書くことになったわけである。また「Sun(太陽)」という表記も見られている。これは平塚雷鳥の「元始、女は太陽であった」というコメントによる。海外が捉えた日本文化の見方を誤った結果である。

物語[編集]

サンの記録が思春期までしかないので、そこまでのサンに関する事項を詳しく記述する。

spoiler
spoiler

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、 コーディの親友は酔っ払いにナイフで刺されて死ぬことや、 パルパティーンの正体はダース・シディアスだったことや、 ボーグがフェニックス号の打ち上げを妨害して歴史を変えようとしたことや、 ミラージュはシンドロームを裏切ることや、 ローズはジャックを犠牲にして生き残ることや、 アトレーユが旅をした理由はバスチアンをファンタジーエンに来させることであることや、 エスターは子供のまま肉体的成長が止まっており、既に精神年齢は成人であることや、 トレッドストーン計画は破棄されずにブラックブライアー計画に引き継がれたことや、 青島はレインボーブリッジを封鎖できることや、 査察を受けた不動産屋は最後に隠し財産の在り処を教えることや、 アンサイクロペディアウィキペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、ポップコーンを手放さないようにしてください。

生まれ[編集]

室町時代のある日、赤ん坊を連れた夫婦が、モロという大きな山犬に出くわし、自分達の命が危ぶまれた。そこで夫婦は手に持った赤ん坊をそのモロにプレゼントして、その場からとんずらした。宿敵のエボシを殺す為の戦士が増えたと大喜びし、その赤ん坊を大切に育てた。それがサンである。サンの由来は、モロの3頭目の子供から来ている。その為もあってか、サンの顔には赤い三角のペイントが3つある。

問題[編集]

成長していったサンであったが、母親のモロやその息子達が人間を憎んでいるように、自分も人間を憎むようになった。それは自分を憎んでいることになり、サンの「自分は山犬である」という勘違いが起因して、矛盾を生じさせた。モロはサンのことを「人間にもなれず、山犬にもなりきれない」と言っているが、それは矛盾を回避させる為の打開策である。

アシタカとの出会い[編集]

エボシとの戦いの中、サンは河岸で青年アシタカに出会った。年の近い男性と会って話すのは初めてで、サンは極度の緊張のあまり「去れ!」と言ってしまった。また、たたら場での二度目の出会いでは、アシタカがたたら場の女性から惚れられていたことでやきもちし、刃物で切りにかかったり、腕に噛みついたりと、相変わらず二人の関係が進展しない。

しかし、シシガミ四肢髪)のおかげもあって屋根の下で一緒に晩を明かすことができ、寝てる間にキスをしたり、禁則事項ですなこともやらかした。

三度目の出会いでは、アシタカから貰った小刀でさしてしまうというトラブルもあったが、別れ際でやっと告白することができたのである。モロやシシ神は亡くなったが、「会いに行く」とアシタカに言われて、とても嬉しかったらしく、堅い表情から笑みがこぼれた。

備考[編集]

サンとアシタカの関係を表現した楽曲に「アシタカとサン」がある(そのまんまだなォィ)。

脚注[編集]

  1. ^ カヤの村の外では想像を絶する戦いが繰り広げられたことから、「蚊帳の外」という言葉が生まれた。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「サン」の項目を執筆しています。