サラダ記念日

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

サラダ記念日(さらだきねんび)とは、サラダを食べることができることに感謝する日である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「サラダ記念日」の項目を執筆しています。

概要[編集]

サラダ記念日とは、サラダを食べることが出来ることに感謝する日である。日本サラダ協会が、サラダを日本で普及させるために、7月6日をサラダ記念日と制定した。

行事[編集]

サラダ記念日は、朝昼晩に必ずサラダを一品つけることや、お菓子などにあるサラダ味の製品を積極的に摂取することを推奨するものである。しかしながら、お菓子などにあるサラダ味については、ただの塩味のお菓子と同じであると言う意見も多く、排除すべきであると述べる過激派も存在するために、日本サラダ協会は、サラダを食べるという本質的な行為のみを推薦している。

短歌集[編集]

サラダ記念日と題した、俵万智の詩集が存在する。命名理由は、刊行日が7月6日であることに因んでいる。俵は詩集で「7月6日はサラダ記念日」というフレーズを入れた短歌を詠い、サラダ記念日を意識した作品を作り上げた。そのようなこだわりが評価されたことが原因であるかどうかは定かではないが、俵の詩集は2800万部を超える異例のベストセラーとなり、世界中で親しまれている。俵は、歴史上の聖戦であるチョコレート革命も同詩集で触れている。

関連項目[編集]