サモンナイト

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「サモンナイト」の項目を執筆しています。
曖昧さ回避 この項目では、バンプレストのシミュレーションRPGシリーズ『サモンナイト』の第1作について記述しているばい! シリーズ全般につ・い・て・は「サモンナイトシリーズ」をCHECK IT OUT!! はい!!!

サモンナイトとはバンプレストが販売したS-RPGプレイステーションベスト版とDS版で3回ばかり発売している。

概要[編集]

当時大した人気のあるオリジナルキャラクター作品がなかったバンプレストの社員がテイルズシリーズの邪城を潰すためにフライトプランに開発を任せてスタートさせた「サモンナイトシリーズ」の第1作。

テイルズシリーズの邪城を潰そうとしたが潰れず、逆にどっちつかずのゲームとなってしまった。これについては今も変わっていないのでなんとも言えないが。

今ではサモンナイトシリーズの便利機能として名高い「ステージの360度回転」も、ブレイブクリアすらなく(いらないけど)、微妙にやりにくかったのでDS版では追加されている。さらに、DS版では『サモンナイトツインエイジ』で一部ユーザーから熱望されたおさわり機能が実装されたが、ファンの期待を大きく裏切るものであった。

システム[編集]

一話ごとの内容は基本的に「アドベンチャーパート」「バトルパート」「夜会話」といった3つのパートに別れているがシリーズ全般がそうだよ。

あとのほとんどはシリーズ全般として同じ。

シリーズの特徴である召喚術は哀しい事に主人公しか作成できない。使える事は他のキャラクターにも使う事ができるが、なぜか主人公しか出来ない。召喚師は出来るかって?出来ない。非常に面倒くさいとしていつだかに改善された。

ニンテンドーDS版ではプレイステーション版には無かった「ブレイブクリア」等の要素が追加されているがやらない人はとことん無視するので要らないといえば要らない。

プレイステーション初代はソフト容器がなぜか大型のものだったが、スペースが無駄とされ、ベスト版では普通の容器に変更されている。なぜ大型のものにしたかというと当初はグランツーリスモのようにウンチク本を入れようとしたのだが時間が無くてやめた、とのことである。


スポイラー
スポイラー

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、モンテ・クリスト伯爵は最期にエドモン・ダンテスに戻って死ぬことや、U.N.オーエンの正体はローレンス・ウォーグレイヴであることや、入れ替わりに実は三年の時差があり、瀧と三葉は既に会っていたことや、南斗最後の将は慈母星のユリアであることや、力石が試合直後に死亡してしまうことや、ジューダスの正体は前作で死んだリオン・マグナスであることや、ウルトラマンはゼットンにカラータイマーを破壊されて絶命することや、阿Qが処刑されることや、ウィキペディアアンサイクロペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、救急箱を手放さないようにしてください。

あらすじ[編集]

主人公は、勝手に名もなき世界にされている「ニッポン」という場所に暮らす高校2年生。高校生活をまぁそれなりに楽しみながらも、物足りなさと漠然とした将来への不安を感じていたがみんな悩んでるっーの。

下校途中、誰もいないことで有名な夕暮れの公園で主人公は助けを求める悲痛な声を聞いたが空耳である。病院行け、と言いたいがその瞬間、主人公はまばゆい光に包まれ意識を失ってしまう。

主人公が意識を取り戻すと、そこはなぞの砂漠だった。そして主人公は命からがら要塞都市サイジェントにたどりついたのだった。

登場人物[編集]

色とりどりの登場人物。すべて飯塚武志の作品である。

主人公[編集]

下校途中に、ニッポンから異世界「リィンバウム」に勝手に召喚されてしまった可愛そうな高校生。ルックスまで可愛いかは不明。とにかくなんだかんだで大事なものレスの強大な召喚の力を身に着けてしまう。ハヤトとアヤ、トウヤとナツミはそれぞれ同じ高校に通っている。名称変更はもちろん可。しかし、名称を変更しようがしなかろうが主人公の名前は会話の時出てこない(2も同じ)。

ハヤト(新堂勇人)
男性主人公の1人。高校ではバスケットボール部所属だがんなことどうだっていいよ。言うまでも無く『スラムダンク』が影響している。
『銀魂』の長谷川のごとく前向きで将来はマダオになりそうなタイプ。なんだかんだで『サモンナイト』の主人公として前線に登場するがハッキリ言って誰も気にしない
トウヤ(深崎籐矢)
男性主人公の1人。高校では剣道部所属だそうだか、刀は装備出来ないところを見る限り自称である。吹奏楽部という噂もあるが真相は不明。
無駄に物事を現実的に見つめ、政治の世界を嘆く。ならお前が変えてみろ。自衛隊の皆様の隠蔽体質を、あの会社の食品安全をそして(以下略)。
ナツミ(橋本夏美)
女性主人公の1人。高校ではバレーボール部所属である。アーン♥♥という必殺技を使い審判に中東の笛のような自分達に圧倒的に有利な笛をふかす能力を身に着けているが戦闘では使えない。『ケロロ軍曹』のヒロインとイニシャル・下の名前まで被ってしまったが当時の流行なので仕方が無い。
未来に対して悲しいくらい楽天的で、運命がどうだろうと自分は自分のやりたいように生きようと考えているらしい。
アヤ(樋口綾)
女性主人公の1人。高校では生徒会長である。主人公が4人もいて女の子だけで2人も居るんなら、こっちはめがねっ娘にすればいいんじゃんと言われ人気はまあまあだった。典型的な召喚師タイプで召喚術でフルボッコを目指すプレイヤー向けである。
お人好しで他人に対して優しく接するが、実はツンデレに近いものであるので注意。実際はデレデレだけどな。

パートナー[編集]

ゲーム開始時の後輩との会話中の選択肢を適当に選ぶことによって、ゲーム本編に登場するパートナーが嫌でも決定する。
突然見たくもないのに主人公達の前に現れ、主人公が元の世界に帰れる方法を探すためにフラットで暮らすようになるが食費がかさむだけで正直迷惑である。さすがテロリストクオリティー。

こいつらは無職の派閥(テロリスト集団)の召喚師であるオルドレイク・セルボルトの実子である。派閥による魔王召喚の儀式にとりあえず携わっており、その儀式の大失敗で残念ながら召喚された主人公の監視を父から言われて主人公達に接触したがこの時点で間違っている。そして次第に主人公達を信頼するようになり、最終的にテロリストである父に反抗した。そう、彼らは反抗期だったのだ
無理矢理パートナーエンドを迎えさせると主人公が元の世界に嬉しそうに帰った後、自身も主人公の悪態に関わらず同じ世界へやってくる。来んなボケ。

ソル
無口でぶっきらぼうでポケモンと会話が出来たりする。『レイアース』にも同じ名前を語る奴がいるが気のせいである。根は優しいという伝説がある少年。主人公がハヤトの時はパートナーにできないが裏技でどうにか出来なくもない。
見た目の割には声のトーンが低すぎる。これは言うまでも無く声優の選定を間違えたからでである。
キール
感情を表に出さない物静かな少年。しかし、こういった記事を読めば大爆笑する。主人公がトウヤの時はパートナーにできないが同じく裏技で(以下略)。
トウヤに似てるが言うまでも無くキャラクターデザインのサボりである。
カシス
明るく元気で音痴な少女。とにかく一言多いがそれは趣味である。主人公がナツミの時はパートナーにできないがとにかく裏技で(以下略)。
服のたれている部分は股隠しである。言うまでも無く色気を出すため変に中国風にするためにデザインしただけのものであり、あれをめくったからといってアーン♥♥が見えるわけではない。なお、このデザインは案外好評で『2』でもアメルに転用されている。
クラレット
おっとりとした性格の少女で方向音痴。内気だが無駄に頑固なところもある。主人公がアヤの時はパートナーにできないが無理矢理にでも裏技で(くどい)。
アヤに似てるが言うまでも無くキャラクターデザインのサボりである。

フラットのメンバー[編集]

サイジェントの南スラムにある孤児達のチーム。元の世界に帰る術を失ってしまった主人公が居候している場所でもあるが主人公も食費がかさむだけで迷惑だ、と考えている

ガゼル
フラットのサブリーダー。弱点はリプレである。『4』にも出てくる。リプレ以外にはその気で勝てるがリプレには絶対勝てない。生活の糧を得るためといって自己の誇張のために、スリや窃盗をやりまくっているが、リプレがあまりにも怖いので表向きにはやっていない。
召喚師をゲテモノのように思っており、最初は召喚術を使えるという事で主人公をゴミのように扱っていたが、後に良き理解者っぽくなる。
日産・ガゼールの名前の由来であるがこいつのせいで絶版となってしまった。
召喚術を使う時『ドラゴンボール』の孫悟空が必殺技を使うように見えるが気のせいである。つーかコイツには召喚術なんて求めるな。コイツには遠距離攻撃が良く似合っているのだから(威力は大した事ないけど)。
リプレ 声:ゆかりん
フラットの家事全般を担っているメイドもどき。料理と裁縫とガゼルの飼いならしの腕はプロ級。エプロンと手に持った麺棒がトレードマークだかこれはれっきとした武器である
孤児達からは「リプレママ」と呼ばせ慕われているつもりである。基本的に戦闘にはワガママ言って参加しないが、好感度を病気のように上げると一度だけ戦闘に参加する。無駄な移動力が素敵。
エドス
フラットメンバー。鍛え抜かれた肉体を披露するため常に上半身裸の露出狂である。石切のアルバイトをしているがこの職場は変態ぞろいである。直接攻撃が強いのは素敵だがクリティカルになかなかならないのが欠点である。
レイド
フラットの金稼ぎ。かつてはサイジェント騎士団に所属し、団長候補にまで昇ったこともあるが、疲れたので騎士団を辞めてしまい、現在は剣術道場で剣をたしなんでいる。ここで先生をしているらしいがアティ先生の100倍教え方がヘタ
アルバ
フラットの孤児。騎士見習いであり、教え方がアティ先生の100倍下手なレイドの剣術道場に通って泣く泣く剣術の稽古をしている。
サモンナイト ツインエイジ 〜精霊たちの共鳴〜』によく似たのが出てくるが気のせいである。
実は『4』にも出てくるが本当にアルドに似てきてしまっているので気をつけること、こっちはただただすけべな方だから気を付ければ判る。
フィズ
フラットの孤児でラミのお姉ちゃん。作っただけである。性別不明。『4』にも出てきて、性別が女性である事が判るがガチホモ面少女になってしまった、ディメーンと瓜二つでサモンナイトの真紅
ラミ
フラットの孤児でフィズのあの軽自動車を反対から読んだだけである。よく屋根裏部屋で空を見ていることがあるがこれは一種の病気である。病院行けと言いたいが金ないんだよ、精神科いく金が。なぜか『4』にも出てくる。

オプテュス[編集]

サイジェントの北スラムを拠点とした不良チームである。チーム名を噛むと殺される。フラットとは対立関係にある。

バノッサ
オプテュスのリーダー。性格は残忍かつ好戦的で、環境の悪い北スラムに住んでいるので肌が白く不健康でサモンナイトの雪華綺晶と呼ばれる程である。二刀流の使い手であるがすぐにライバル作品にパクられている。
昔はエドスと同じ職場で働いていたこともあるらしいが露出狂が多くて辞めたらしい。
とにかく召喚師が嫌いでかわいそうなことに主人公に対して勝手に激しい敵対心を抱くが、いつも主人公達にフルボッコにされ、挙句手下にまで見捨てられる。
バットエンド直行ルートだど生き残るがそうでないとやっぱり主人公達にフルボッコである。
カノン
バノッサとは義兄弟である。ショタ要因。結構強いが戦いは嫌いである。
整った顔立ちと温和な性格ではあるが、見た目に合わず少年である。オカマではない。
武田信玄(明智光秀の可能性もあり)
弓矢を打ち放ってくるウザい奴。弓で打ってこないと思ったら横切りであり、バノッサとカノンの次に強いザコ敵である。

金の派閥[編集]

サイジェントに赴任している金の派閥の召喚師である。傲慢である。性格は中華まんがモデルとなっているそうだが、そんなの知るか

イムラン・マーン(声:ポケモンのタケシ
三兄弟の長男で、サイジェントの顧問召喚師。自称29歳を気取る中年。結構ザコいが横切りである。
名医もさじを投げてしまったという胃痛の持ち主である。しかし、ブラックジャックなら治せる。治す気は無いらしいが。
キムラン・マーン
三兄弟の次男で、サイジェントの警備隊長。腕っ節は強いがとりえはそれだけである。
やくざをも恐れる強面ではあるが、インチキサーカスを人生唯一の楽しみにしていて、下手くそなガーデニングを趣味としている。
カムラン・マーン
三兄弟の三男で、サイジェントの織物工場の監督官を勤めているがその実態は雑誌読んでいるだけである。たまにクソ真面目な百科事典も読んでいたりする。
無駄に華麗な装いを好むナルシスト。サーカス団から、モナティ(後述)をアーン♥♥として買い取ろうとしたがそれは人身売買である。犯罪です。

アキュート[編集]

ラムダが率いる革命組織。過激派である。見つけたら警察に連絡だ。

ラムダ
アキュートをまとめる剣士で尊師。元々はサイジェント騎士団の団長でレイドの上司だったが、レイドがウザくなり騎士団を辞め、アキュートを暇つぶしに結成する一種の馬鹿野郎。
無口でヒトラーの生まれ変わり。無理矢理必要にして犠牲が出させる。
セシル
ストラ(気功のようなもの)を専門としている女医でヤブ医者である。足蹴を得意とするS嬢でもある。下そこいらでぼったくり手当てをした事がきっかけでラムダと知り合い、惚れる。以降M嬢もこなす万能型に転身。
ペルゴ
かつてはラムダの部下だった槍使い。今でもラムダの部下であるが気にするな。
グルメであり、アキュートの拠点である酒場「告発の剣」亭をやっているがここの料理の食品安全は赤福餅並であり、食品安全が心配である。
スタウト
「騙しのスタウト」とあだ名された詐欺師。組織からの逃亡の際ラムダに助けられ、その後なんだかんだでついてくるがはっきり言って邪魔かも。
普段は酒とタバコを好み、下ネタギャグを連発する暑苦しいオヤジである。新橋によく出没する。しかし、いざ戦いとなるとけっこうな戦闘力を見せる。

蒼の派閥[編集]

2』では重要な存在だが今回は別。出てくるだけに等しい。

ミモザ・ロランジュ
蒼の派閥に所属する幻獣界召喚師で、めがねっ娘である。ペンタ君という大量破壊兵器を召喚するテロリストである。

他にもいるが忘れた。

その他キャラクター[編集]

ジンガ(声:タケシ
その昔の少年漫画の主人公みたいな奴で直接攻撃が強い。ストラというもので回復も出来るがMPが24と中途半端である。
賭け試合でオプテュスともめごとを起こし、以来フラットに居つく。いい迷惑である
スウォン(声:野原みさえ
森で狩人をしている少年。あずさ2号を歌いながら狩りをするツワモノだか言うまでもなく音痴である。
便利な弓使いである。ぜひ仲間にしよう。
モナティ
ドジっ娘である。口癖は「—ですのー」。手袋はハッキリ言って清潔感をだすためであり、つける必要は無い。ちなみにこの手袋は名古屋鉄道の運転手一同が薦める、とても電車の運転に適した手袋である。
ガウムと共にメイトルパから召喚されたが、はぐれになった。人間ではない。
カムランのアーン♥♥として売り飛ばされるところを主人公達に救われたので主人公の事を「マスター」と呼ぶが、主人公はコーヒー屋はやらない。1では何気に攻撃力がトップクラスだが、2番外編では中途半端なステータスになってしまう。DS版1では何故かユニット召喚や幻実防御などを習得する。
ガウム
犬のようなネコのような化け物である。グミのように柔らかい身体を持っている。攻撃してもMPを減らす使い道の難しい奴ではある。
アカネ
「薬処・あかなべ」の(自称)かわいい店員さん。分身の術が使える。
イリアス
サイジェント騎士団の団長らしいが、どう見てもレイドとラムダに面倒を押し付けられただけである。
顔もイケメンなら性格もイケメンという、今作におけるレックスだが、騎士団長のくせに攻撃型が何故か剣での「突き」なため小物感が拭えない。
サイサリス
イリアスの副官でジト目の少女。名前が変に韻を踏んでいることから、登場時イリアスの妹かと思われたが全く関係はなかった。
オルドレイク・セルボルト
無職の派閥の大ボス。テロリストである。チンギス・ハンの生まれ変わりである。
3』でも懲りずに出てくるが、どっちにしても主人公達にフルボッコである。
ウィゼル
サイジェントに暮らすおいぼれ。ふざけた名前をした剣、サモナイトソードをくれるだけがとりえである。
西郷克也
日比野絵美
主人公の後輩で、幼馴染どうしである。それぞれ異性の主人公に密かな想いを寄せている。サモンナイトシリーズでも1,2を競う無駄なキャラクターの一人である。

ほかにもたくさんいるがいいだろうが。そんなにたくさん居たって覚えられないしよ。

TVCM[編集]

この作品のみ実写版とアニメ版が作られているが実写版は不評だったのでやめた。
実写版のCMは主人公を製作会社の社員が演じており、ポケモンショック並に視聴者を病院送りにしたことで知られる。
ちなみにDS版は予約特典を武器にしたオタク向けゲームまがいの煽り宣伝を実行。それにより大ヒットをセールしたが、言うまでも無くCMで放送しているほど予約特典のアニメはいいものではなく、金返せと発売元のバンダイナムコゲームスクレーム処理に追われている。
また、この商売は金の無い中高校生を金欠に貶める卑劣な商売だとしてPTAからクレームとサモンナイトシリーズの発売禁止を申しられたが当然発売元のバンダイナムコゲームスは無視している。

関連項目[編集]

この項目「サモンナイト」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)