ゴルゴ13

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
ゴルゴ13
G13 at KyotoUniv.jpg

京都大学構内に設置されたゴルゴ13像
基本資料
本名 不明 
通り名 ゴルゴ13、デューク・東郷 
生没年 不明 
身体情報 不明 
職業 狙撃手とも言われるが詳細不明 
好物 不明 
嫌物 後ろに立つ者 Gの身辺を詮索する者 
出身地 不明 
出没場所 不明 
所属 不明

ゴルゴ13は、世界を股にかけて活動する人物である。世界的に名前の知られた有名人であるが、実際にどんな活動をしているかについては秘密とされている。

概要[編集]

世界中の政府機関・企業宗教団体・個人などを顧客として抱えており、非常に信頼されている。もちろん上述の通り具体的に何を請け負っているかは不明。

人種・国籍・出身地など彼を特定せしめるような情報は一切判明しておらず、下手に詮索しようとすると抹殺されるとも噂される。真偽は不明だが、戦闘機からミサイル攻撃されて全身焼かれて死んだ例もあるという。必要とあらば、の使用もいとわないとも噂される。

なお京都大学では彼の功績を称えてゴルゴ13像を設置したことがあるが、自分の存在が公になる事を好まないゴルゴ13本人(もしくは本人から依頼を受けた第三者)によって撤去されてしまった。このことから、彼は京都大学の出身ではないかと噂されている。

また依頼者とは通訳無しで会話していると言われ、これが事実とすると英米語、(省略)、アラビア語、デンマーク語、など、20か国以上の言語に精通している事になる。これは言語学の天才と称される井筒俊彦慶大名誉教授とほぼ同じである。

生い立ち[編集]

当局の検閲により削除されました

世の中には知らない方が幸せな事もある。

報道[編集]

おいおい…漫画の登場人物出したら、嘘だとまるわかりだって。

彼の活動は劇画の形を借りて隔週でリアルタイム報道されている。麻生太郎前首相が、国際政治の真実を知るための唯一のソースとして活用しているほどである。その劇画においては、彼の仕事は狙撃手(スナイパー)であるとされる。しかしながら…

  • 特段狙撃には向いていない(カスタム化する必要がある)上に、頻繁にメンテナンスが必要で使用不可能な時間が多くなるM16アサルトライフルを愛銃とする。しかも、フルオートで単発射撃に成功している。
  • S&Wリボルバーを愛用するが、リボルバーには無意味なサイレンサーを使用する事がしばしばある。
  • 南アフリカ共和国の同じ刑務所に3回も収監されているのに、2回目以降の収監においても、顔見知りの刑務官がいない。
  • 報酬の支払い方法としてスイス銀行[1]を指定。
  • 1968年頃から活躍しているにもかかわらず、未だに老け込んでいない。2012年にはドナルド・ラムズフェルドと近い世代であることが報道された。
  • 常に細心の注意を払っているにもかかわらず、女とヤル時にはゴムを使用せず、性病の注意は皆無。

などといった有り得ない描写が多く、その描写の信憑性は甚だ疑問が持たれる。おそらく真実を隠蔽するためのガセ情報だと思われる。なおこれは余談だが、上記の劇画中において、ゴルゴ13の実在を(劇画の登場人物としてではなく、実在の人物として)報道しようとしたジャーナリストが、彼の手によって殺害された事件が報じられた事がある。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ スイス銀行という名前の銀行は存在せず、スイスにある銀行という意味しかない。言わば「日本の銀行に振り込め」というのと同じであり、こんな説明では東京三菱UFJ銀行なのか、ゆうちょ銀行なのか、北國銀行なのか、中国銀行なのか、トマト銀行なのか、それとも城南信用金庫江戸川支店なのか判る訳が無い

関連項目[編集]

Wikipedia
ゴルゴ13の情報を求めている資産家のために、ウィキペディアの命知らずの専門家気取りが、「ゴルゴ13」の項目を執筆しています。しかし、この行為は大変危険な行為であり、自殺行為であります。


ゴルゴ13について、詳しく聞かせてもらう必要がありそうだな…………
ただし、俺は依頼人が嘘をつくことも、裏切りも許さない…………! (Portal:スタブ)