ゴランノスポンサー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Golanoth Ponther & Co.
種類 株式会社(非公開)
本社所在地  米国
10118
ニューヨーク州マンハッタン 5番街 350-75 Golanoth Ponther Center-Base 1200階
設立 1902年2月04日
業種 持株会社
事業内容 傘下会社への指揮命令、自己資金による企業買収等
代表者 スタンリー・ゴランノス
資本金 1,200,000,000,000(USD
売上高 8,000,000,000,000(USD
従業員数 4,194,304人(2009年現在)
主要子会社 ゴランノス・ポンサー・ジャパン・コープ 99.99%
関係する人物 ナポゲイツ・ポンサー

ポール・ゴランノス

ゴランノス・ポンサー・ジャパン・コープ
Golanoth Ponther Japan Corporation
種類 株式会社(非公開)
本社所在地 日本
104-0061
東京都中央区銀座7-4-17 電通銀座ビル
電話番号 03(3571)5195 (受付時間 月~金、午前10時 ~ 12時/午後1時 ~ 5時)
設立 1935年2月04日
業種 証券、商品先物取引業および重工業等
事業内容 自己勘定による有価証券の売買、軍需産業、核検閲により削除技術の研究および販売
代表者 スタンリー・ゴランノス
資本金 80兆303億
売上高 530兆
従業員数 1,048,576人(2007年現在)
主要株主 Golanoth Ponther & Co. 99.99%
AC Japan 00.01%
主要子会社 ゴランノ・カクシャー(Golanoth Kucksher) 100%
関係する人物 ナポゲイツ・ポンサー
ポール・ゴランノス
山口滋
ゴランノスポンサーによって支配された企業
「この番組はゴランノスポンサーの提供でお送りします。」
ゴランノスポンサー について、オスカー・ワイルド

ゴランノス・ポンサー(Golanoth Ponther)とは、ポール・ゴランノス(Paul Golanoth、1867年 - 1946年)によって設立された多国籍企業である。アメリカのニューヨークに拠点を構え、各国の財閥に莫大な出資をし、世界的な影響力を誇った。しかしながら株式は一切公開されておらず、また会社の実態も極めて不透明である。テラメント株式会社(日本を代表するコングロマリット)の、グループ会社のひとつである。

沿革[編集]

海運業界での成功[編集]

アイルランド系アメリカ人を父に、ユダヤ人を母に持つユダヤ民族出身のポール・ゴランノスは、フィラアデルフィアの資産家の娘であったナポゲイツ・ポンサーと共同で出資し、1902年に海運会社ゴランノス・ポンサーを設立した。有り金をすべてつぎ込み購入した一隻の船舶で、サウサンプトン - ニューヨーク間の貨物輸送を開始。これを皮切りに経営の立ち行かなくなった同業者を飲み込み、瞬く間に海運王と呼ばれるまでに成長する。そして1910年、当時モルガン財閥が所有していたホワイト・スターライン社(当時はJ.Bruce.Ismay社長)を買収、航海路線の花形に躍り出た。しかし1912年ホワイト・スターライン社所有のタイタニック号の沈没により評判が悪化、低迷の時期を迎え、所有していた豪華客船を全て売却し、貨物船をメインにビジネスを行う。しかし、第一次世界大戦が程なく勃発し、船舶ブームに乗り、多数の貨物船を事前に購入したことから巨万の富を築く。そして1918年、ゴランノスは持っていた船舶を、豪華客船以外全て売却し、新たに金融市場に資金を集中投下した。第一次大戦による「永遠の繁栄」と言われる好景気を利用し、株で大儲けしたのである。

株式市場の支配[編集]

多額の現金を手にしたゴランノスはモルガン財閥と決別し、世界恐慌の演出者として高名なジェシー・リバモアとタッグを組んで投機家・投資家として頭角を現した。株や債権の短期的な売買や、仕手戦、銀行の敵対的買収などを行い、資産の規模を大幅に拡大した。特に世界恐慌の際には、ジェシー・リバモアと共同で大量の株を空売りし、引き金を引いたとされる。その後ゴランノスは株式市場からほぼ撤退、一時彼は実業界から消え去ったかのように見えた。

軍需産業界への参入[編集]

1935年、ゴランノスは電光石火の速さで重機械企業ジェネラル・ダイナミクスを買収した。買収資金は全て自己資金で、株式は全て二十数社の投資銀行を通じ売買されたため、その動きを察知できたものは皆無だった。四年間のブランクの後、突然動き出したゴランノスに警戒を強めるも、時すでに遅しであった。ゴランノスは日本との中国の利権にまつわる軋轢にビジネスチャンスを見出したのである。ゴランノスの予想通り訪れた第二次大戦では、連合国への武器および技術の提供のみならず、アメリカの政治家へのロビー活動を通して、反ユダヤ政策を展開するナチス=ドイツを圧迫し続けた。一説には、第二次大戦の枢軸国の敗因はゴランノスを敵に回したため、とまでも言われている。

マスメディア業界の影の支配者[編集]

テレビ放送が始まると、テレビ局に対する広告出稿数は日本一の企業となる。「この番組はゴランノスポンサーの提供でお送りします。」が慣例となっている。主要スポンサーの中で読み上げられるのは一番最後であり、CI表示もされない。これはゴランノス社の要請であるほか、読み上げられる毎に表示されている別の企業を傘下に置いている事実がある。また、自社のCMを一度も制作して放送されたことがない。ゆえに、企業を認知させる広告効果は、ほぼゼロである。

出稿数の多さのために、ゴランノス社のテレビ局に対する発言力は相当なものであり、今までスキャンダル報道は皆無である。視聴者は「ご覧のスポンサーは…」と誤認することがほとんどであり、企業広告として疑問が持たれている。そのため、テレビ局に対する威圧、圧力のため広告出稿ではないか、という声もある。

現在[編集]

現在のゴランノスはジェネラル・ダイナミクスを手放すも、数々の軍需産業を擁する世界的な兵器メーカーである。また最近では数々の投資銀行や投資ファンドを手中に収め、再び金融界への影響力を強めている。

また現在は、2007年11月に設立されたテラメント株式会社(日本を代表するコングロマリット)のグループ会社となっている。

しかし2011年3月11日の東日本大震災により壊滅的な打撃を受けたため、一時的に日本での活動を自粛。その間は、ACと呼ばれる会社へ権利を委託させて運営を行っていた。その後は3月下旬 - 4月頃にかけて、漸進的に日本へ復帰した。

関係[編集]

ゴランノスの癒着は企業、政治家、省庁、放送局など多岐にわたるとされており、日本のほとんどすべての番組が同社の提供である。そのため、安倍晋三森喜朗マチルダ信孝伊吹弁明小沢一郎などの政治家と親密であると言われ、2007年9月の安倍首相の辞任にも関わっていたのではという噂もある。また、ロシア、アメリカ等でも政界との黒い噂が絶えない。

資本主義の暴走か[編集]

近年、ゴランノスは軍需産業への影響力を縮小する一方で、ゴランノスは欧州のローゼンタール社や北米のグローバル・アーマメンツ社、日本の有澤重工といった軍需関連企業へ莫大な投資を決定した。一説によればこれらの企業は軍事的利用価値の高い、新エネルギーの開発や全く新機軸の兵器の開発を行っており、ゴランノスは国家による統治という、有史以来続いてきた人類社会のあり方そのものを転覆する事を狙っていると言う。定礎グループをはじめとしたその他の闇の巨大企業にも類似した不審な動きが見られ、各国政府は警戒を強めている。

エピソード[編集]

意外にも、出演者のプライバシーに配慮する面も見られる。
  • 24時間以上連続で1番組を放送したり、提供スポンサーが少ない場合はGolanoth Pontherが登場しない(→民法第34条第2項)ことが認められる。また、子会社であるゴランノ・カクシャー(Golanoth Kucksher)社、日本法人の提供(Tekyo)社がたびたび代わりとなって番組を提供することにより、独占禁止法の適用を免れている。
  • 日本における提供スポンサー事業においては、2008年~2012年春にかけてテレビ画面の右上に常時「アナログ社」のロゴマークが表示されていたなどその台頭が見られていた。これにより、ゴランノス・ポンサーの影響力が弱まっていたのではないかとも囁かれているが、同社との関係は不透明な部分が多いため詳細については不明である。[1]
  • なお、テレビ放送に先立って開始されたラジオ放送への番組提供は、これまで一度も行われていない。これは当初、放送そのものに対する広告出稿の費用対効果が社内で疑問視されて、番組提供を一切やらないという方針が立てられたことがあり、その名残から現在に至っている。(ラジオの場合は他各社が同様の事業をやっている。)
  • 代々会長に就任するのはゴランノス家の者であるが、CEO等は別にいる。ゴランノス社のCEOは(収益に連動して)多額の収入を得ることが出来ると言われている。
  • イランの資金源という説もあるが、詳しいことは不明。一部では軍需産業を擁するゴランノスが武器および技術を提供し、戦争ムードを煽っているともされている。イラク戦争時に大儲けしたことから一部でこのような噂が立っていると言える。
  • 薬品、鉄鋼などざまざまな企業の筆頭株主となって掌握していると言われているが、主力企業は軍産ファンド検閲により削除グループであると言われている。
死亡確認.jpg
死亡確認

ごめんなさい。ごめんなさい。
この時代ではお伝えできない事実が含まれていたため、投稿者は消去しました。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ゴランノスポンサー」の項目を執筆しています。

注釈[編集]

  1. ^ ゴランノス・ポンサーの新たな子会社であるとの話もある。