コブラ部隊

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

コブラ部隊( - ぶたい)とは、メタルギアソリッド3に登場する中二病の集まり。

概要[編集]

リーダー格ザ・ボス、隊員のザ・ソローザ・ペインザ・フィアージ・エンドザ・フューリーより形成される。全員コスプレが好き。第二次世界大戦の頃にザ・ボスによって設立するが終戦後に解散。

…が戦隊ゴッコに飽き足らなかったのか復活を果たす。戦場で覚えたそれぞれの感情がそれぞれの名前の由来。名前の由来は単にビックボスに対抗したかったからである。因みに倒した時それぞれのコードネームを叫びながら自決する事でも有名。これは中二病の典型的な末期症状といえる。

追記事項:コブラ部隊一同「名前等無い。」

メンバー[編集]

『無上の換気(ザ・ジョイ)』ザ・ボス
永遠の17歳
決してP&Gのマスコットキャラクターではない。
偽装亡命を企てるが直ぐに情報が流出するCQCというストーキング技術が異常な程得意。彼女との戦いは、ほぼストーキング合戦と言っても過言ではないだろう。一瞬で銃器を解体したり、ネクストもびっくりな反応速度で銃弾を避けることも。
『深淵なる卑猥』ザ・ソロー
幽霊。今回の一件とは直接関わりのない部外者だが自分の存在をアピールする為だけに様々な地域に出没する。…が大抵空気中に溶けてしまう為、スネークに気づかれる事はない。スネークの夢に忍び込んで自分の存在を改めてアピールするも一瞬で灰になる。
オバキュームがあれば一撃必殺だがメタルギアソリッド3に出てこない。
『歯垢の痛み』ザ・ペイン
養蜂業者、ドS、無数ので相手を蜂の巣にしようとしているが自身の顔もまた蜂の巣である。リボルバー・オセロットと戦闘している最中に不意打ちをしようと企むが激怒したスネークにフルボッコにされる。
身長2mを超える巨漢だが、その分銃弾が当たりやすいのでかえってアダとなった。よく下着泥棒と間違えられるのが彼の悩み。
戦隊モノオタクで、名乗る際や攻撃する際に、いちいちやかましいアクション(すべて無意味)をさしはさむのが好き。
仮死薬に2度も引っかかるあたり、実は単純馬鹿なのかもしれない。
『至純の怯夫』ザ・フィアー
やたら足が早い。…が体力の消耗も、ゴキブリに匹敵する程素早い。ゴキブリと間違えて踏み潰したプレイヤーも数知れないだろう。疲れた時は戦闘中だろうが食糧の摂取は欠かさない、毒物だろうが腐った物だろうが構わず食べる。このような異常な食欲からプレイヤーは餃子を食べさせて倒すのが一般的である。独特のキモイ動き方、攻撃する度に奇声を発する事からスネークを精神的に苦しめた。
SM趣味が高じて死亡した。
余談ではあるが松明を使えば圧倒的短時間で倒すことができることが証明されているが、仮死薬で死んだフリ→近くにきて背中を向ける→蘇生→背後からスタン→アサルトを撃ちまくるという手段でも比較的短時間で倒すことができる。要はザコ。
『寝室で終焉』ジ・エンド
年齢が100を超えても光合成で生きる事ができる。普段は死んでいる。あの世でも死んでいる。
その高度な狙撃技術とカムフラージュ術から数多くのプレイヤーを唸らせた。初心者は気をつけよう。もしスネークが森に入らなかったらとっくに彼は死んでいた筈である。もっとも普段から死んでいるが。スネークを殺すまで生きようとしたが逆にスネークによって倒され森に還る。
PS2の内臓時計を一週間進ませると老衰で死ぬ。一週間以内の場合寝込みを襲われて敗北する。また後述の通りジ・エンドの挙動には不審な点が多い為、ゲイという噂もある。
彼のペットのオウムは味の悪さに定評があるが、生け捕りにして放てば彼のところまで飛んでいくので便利。ワニキャプをかぶって川をホフクしていると「ただのワニか」といって見逃してくれる。そのため笑いのセンスはあるようだ。
仮死薬を使うと光合成(自己再生)をやめてくれる。ホールドアップするとタモリ倶楽部OPのマネをする。また戦いに勝っても殺さない。意外といいとこある。
ソロー戦では水中に沈んでいる。オウムが『お爺ちゃん出番だよ!』と声をかけても気づく気配さえ感じ取れない。
車椅子に乗っている時に射殺することも可能。しかしこの場合、ジ・エンドの執念なのか爆発後車いすの車輪がスネークめがけて飛んでくる。当たるとかなり痛い。
このとき必死で逃げるジ・エンドは必見。
『無限の糞土』ザ・フューリー
放火魔、蠢く焼死体、何故か宇宙服を着ており、ドMである。
ヘルメットに6enБЕИという文字が正面に書かれているがこれはロシア語で『撃ってくださいお願いします』という意味。最終的には火炎放射器をフューリー自身に放出した為火だるまになり焼死。
ギャグは不得手。死に際に「管制塔聞こえるか?」と渾身のギャグを言い放つも、意味不明であるためウケなかった。結果として、すべり散らかすだけの存在だったと言える。
きゅうり」と叫び消滅。
シングルアクションアーミーと無限フェイスさえあれば一歩も動かずに倒すことができる。
初心者の場合、火炎放射機の性能に対して怒りが湧いてくる事は想像に難くない。
ちなみに彼の口癖「イグニッション!」とは「点火」のことである。
弟子にくまぇりがいる。

                                                                                                             結論 コブラ部隊は狂ってても強ければ入れる

関連項目[編集]

外部リンク[編集]