コドモドラゴン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

もしかして: コモドオオトカゲ

コドモドラゴンとは、近年になって南海の孤島で発見された生物のこと。

日本ではしばしばコドモオオトカゲと呼ばれるが、コドモなのか大きいのかはっきりせずわけがわからない。

概略[編集]

コドモドラゴンは文字通り子供ドラゴンである。発見された当初、伝説の生物であるドラゴンが実在した、と大騒ぎとなったが、持ち帰られた標本は体長1.7hyde程度と明らかに身体が小さく、これをドラゴンの子供であるとして仮にコドモドラゴンと命名された。

しかし、後の研究においてもそれより大きな(すなわち、成長したと思われる)個体は発見されず、最終的にこの大きさで成体であると結論づけられたが、名称はそのままであった。

生態[編集]

コドモドラゴンは、非常に自己中心的な生態を持っている。

絶滅問題[編集]

コドモドラゴンは特異な生態から大変に珍しがられ、しばしば乱獲された。また、一部の国を中心に、コドモドラゴンの個体数を政策的に制限したこともある。

しかし現在では、特に日本でコドモドラゴンの減少は深刻な問題となっており、個体数回復対策が立てられているが目立った効果は上げていない。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「コモドドラゴン」の項目を執筆しています。