コザ市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情ピザが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

コザ市は、琉球帝国中部の都市の名前である。那覇に次ぐ帝国第二の都市。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「コザ市」の項目を執筆しています。

概要[編集]

那覇の座、県庁所在地をひそかに狙って沖縄を名乗っていたが、独立に伴いコザという名称に変更する。首都になることが出来なかったのでその悔しさのあまり、琉球帝国から独立しコザ共和国を建国しようという動きが出ている。首里コザの人間は仲が悪いことは有名で、帝国内ではこの二つの都市の住民によるいさかいが頻繁に起こっている。

その独自性は帝国内でも群を抜く存在である。特に海外からの移民が多く、日本語はほとんど通じない。琉球帝国その他の都市では、日本語が多く用いられるが、コザでは英語のほうがより多く用いられる。看板の表記は全て英語である。また甲子園では「ザコ」という、業界用語かつ若者的な名前で出場したこともある。

英語琉球語タガロク語が入り乱れ、住民は意思疎通のためサンシーンという装置を持ち歩いている。サンシーンには小型翻訳装置が内蔵されている他、多くの場合、このサンシーンは強力なレーザービームが装着されており、日夜サンシーンによる決闘が絶えない。

コザ共和国への道[編集]

コザ共和国建国という企みは、コザ出身のマサキチ・キナ氏を中心とする。キナ氏は、元ミュージシャンで過激派で知られており、琉球帝国独立の際、「全てを武器に、戦場の華を咲かせ! 勝利を奏でる楽器たれ!」を合言葉に、激しいゲリラ戦を行ない、アメリカ・日本両国による鎮圧軍に大きなダメージを与えた。

琉球帝国が独立したばかりの現在、キナ氏の活動はなりを潜めているが、アイヌ社会主義民主共和国との関係が深い彼の行動を、日本および琉球帝国は注目している。

関連項目[編集]