コカイン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「コカイン」の項目を執筆しています。

コカインとは、コカ・コーラの原料として使用されている、覚醒効果のある麻薬の一種である。アンサイクロペディアでおなじみのクラックもここで解説する。

概要[編集]

通常は水溶液であるコーラの形で流通しているが、純粋なものは白い粉末状である。主に経口で摂取され、その際にはスカッとさわやかな気分になるが、ひとときしか持たない。そのため、Always使い続けることになってしまい、すぐに依存に陥ってしまう。そして依存に陥った廃人たちは一日中「コークプリーズ」と言い続けてさまようのである。

そのような恐ろしい薬であるにもかかわらず、規制は全く行われていない。タバコのように未成年に対する規制すら、である。賢明な親たちはこの恐るべき薬から自分の子供を守ろうとしているが、自動販売機や店舗で簡単に手に入る(しかも、子供のお小遣いでも500ml──コカイン中毒の大人が一日に摂取する量と同等のコーラを1日一本購入できるほどの廉価だ)状況であり、対策の甲斐はほとんどないと言って良い状況である。ちなみに「イ」を消してはならない。

コカコーラの危険性[編集]

危険性は極めて高く、常用者はが黒くなる、眠れなくなるなどの症状があらわれる。 そのほかにもマヒ効果(ぴりぴりとした感覚)により目から涙がでる、など恐ろしい症状がでる。 また常用者は中毒性が薄いといわれるカロリーゼロタイプを買うが、カロリーゼロタイプにはコカイン以外の有害物質である、MDMAが入っているためどちらも危険性はたかいと言える。 また学校で良く使う消しゴムにコーラのにおいの消しゴムがある。これも危険性が極めて高い。(が学校でも使用できるため常用者の間では大人気である)

廃人の行動[編集]

Coca-da-preta.jpg

すでに脳細胞の一つも残さずにどっぷりとコカインにつかってしまった廃人たちは料理にまでコーラを使う。明らかに味覚に変調を来した証拠である。嘘だと思うなら「コーラ 料理」などでググると良い。絶望的な気分になること請け合いである。

また、一種の伝説である可能性は残っているが、IT業界にはコカイン中毒者が多いと言われる。夜も寝ずに働かなければならない、ITドカタと言われる状況故のものであろうか。つまり、あなたの会社の使っているシステムや、Windowsにバグが多いのはコカインで正常な判断ができなくなったせいである。開発者を責めてはいけない。 コカインは、他の麻薬とは違い頭がおかしくなってしまい、女性を求めて走り出し股間にちんぽこをぶち込み始める為股間インを省略したコカインと呼ばれる。

中毒時の症状[編集]

いわゆる覚醒剤、メタンフェタミンは食欲が抑制され、痩せる。しかしコカインを使用した場合、食欲は抑制されるが太る。理不尽だが仕方がない。また、げっぷが出やすくなる、歯が脆くなり、虫歯になりやすくなるなどと言った症状が出ることもあるようである。一説には骨粗鬆症を引き起こすとも言われているが、酸性であるコカインに骨をつけ込んだ場合、カルシウムが溶け出してしまうのだと言うことがわかっている。それに関しては骨に直接すり込むのでもない限り問題ないであろう。

クラック[編集]

クラックとはコカインを更にあれなものにした麻薬である。アンサイクロペディアではスタブに「執筆者がクラックをキメていた可能性もある」と表示される事があるが、アンサイクロペディアンが実際にクラックをキメながら書いたらもっとナニな文章になっているであろう。或いは、クラックをキメているような文章をシラフで書ける事こそ、アンサイクロペディアンに求められている能力と言える。

この項目「コカイン」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)