ゲリラ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ゲリラとは一般的な民主主義国家では民衆を無差別に攻撃できないことを利用して潜伏し攻撃活動を行う軍事活動の一つである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ゲリラ」の項目を執筆しています。

特徴[編集]

ゲリラ戦術はパワーが不足した組織が用いることが多く、国際法上認められていない行為を数多く犯す。そのため一見ゲリラは最強に思えるのだが実際は正規軍は法律で守られているがゲリラは守ってもらえないためどちらがいいかは状況による。 後方に浸透した工作員が後方かく乱のために破壊工作を行うことをゲリラ・コマンド攻撃(通称、ゲリコマ)と呼称する。

攻撃形態[編集]

民衆の中に紛れ込んで萌アニメをばらまいたりするなどの情報工作や商品の売り付けによる金品の強奪、 サイレントな大量殺人などを行う。

鉢巻をつけた女性民兵

服装は所属を示すものがない既製品の服であることが多く、所持物品も目立たないことが多い。 鉢巻など取り外しが容易なもので民間人と識別できるようにすることもある。 しかし、情報宣伝活動を行う際にパフォーマンスとして一般的でない服装をすることもある。 民間人を装うことによって、判別を難しくし、様々な施設に侵入することを容易とする。 優勢になると正規軍のように軍服階級制度等を取り入れ成功に近づこうとする。 突発的に大雨を降らせるといった攻撃も確認されている。 テクニカルにに乗り、器型BB弾発射機で通行人を銃撃し一撃離脱戦法をとるもののいる。 非戦闘時は情報工作活動を頻繁に行っている。情報の収集手段は非常に多様で、最近では 携帯電話の普及により工作活動がより広い範囲に行われるようになった。 これにより、広い範囲の同時系列の情報を集めることが可能となり、この情報から対象者のマインドを 敏速にとらえ要求を満たすことが資金収集のために行われている。 それを嫌った閉鎖空間を生み出す涼宮ハルヒとの対決もリアルタイムに商品化して利益と知名度 を得たり、ハルヒを精神的に不安定にして社会から疎外するなどして勝利することができた。 また、インターネットのアクセス監視なども合わせることにより、敵の動きを察知し多角的な方向化から検証し攻撃するC3I が容易に行えるようになった。 民間企業としてして工作活動を行い資金を得ることもあり利益誘導のために情報工作で得た情報を 活用する場合がある。

戦闘時には築いた情報インフラを用いて部隊を運用し多様な破壊工作を行う。 軽微な攻撃は日常的にくわえておりコンデンサ逆実装や固有名詞の作品への挿入などを行っている。

防御方法[編集]

尋問の様子。ここがええのけ?ここがええのけ?

人質をとることによるゲリラとの交渉なども行われたことがあったが、最近では皆殺ししてゲリラと交渉しない戦術が多用される。 情報を集めることが基本だが、捕獲した場合、相手は所属を示せないため、激しい拷問を加えて抵抗する意思を挫くまたは凌辱してストックホルム症候群を生じさせるなどして尋問し情報を聞き出すなどの方法もとられる。

関連項目[編集]