ゲッターロボ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「ゲッターロボ」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「真ゲッターロボ」の項目を執筆しています。

ゲッターロボとはゲッター線という怪しい放射能で動く怪しい一連の機械およびそれを題材にした躁アニメおよび漫画の総称である。すべての爬虫類の敵である。韓国の『テコンV』よりも早く武道をロボットに組み込んだことで有名。

目次

[編集] 概要

ゲッターに一族を滅ぼされて悲しむ娘。百鬼ブラァァァイ

ゲッターロボの開発は浅間山近くの変な形の研究所で行われた。研究所のデザインは磁石の形の研究所プールが割れて魔人が出てくる研究所よりもさらに奇特な、変な花のような形の研究所で正直センスは悪い。立地条件がこの場所なのはゲッターロボが危険なロボットであるため、人口密集地帯から少しでも離そうという配慮であり、長野県民にとってはいい迷惑である。もっとも浅間山の噴火などでゲッターが暴走すれば東日本は壊滅する。所長はマッドサイエンティストとして名高い早乙女博士。

ゲッターロボはおおむね一号・二号・三号の三つに分かれる。一号は空を飛べてを振り回す機体、二号機はドリル、三号機はガンタンクである。壱号機にはカラテカが乗ることが望ましく、二号機には過激な学生運動家が乗る事が理想的である(居なければテロリストでもいい)。三号機はなぜか異常に人員の消耗が激しいので丈夫で長持ちする人を乗せておこう。またこのロボットを操縦するには大声で「チェェェェンジゲッタァァァァァァ」などと大声で叫ばないといけないため、羞恥心の低い人物の方がパイロット向きである。

ゲッターロボはそのインチキな力でもって人類と地球に挑む厄介な敵と戦うことになる。主な敵としてはトカゲインベーダー陰陽師宇宙人未来人超能力者などである。この中に居たら早乙女研究所まできなさい、以上

劇中では若い命を真っ赤に燃やしたり、守りたいものがあれば鋼の砦になったり、夢見た明日を必ずいつか捕まえるために熱くなったり、熱き怒りの嵐を抱いて戦うために飛び出したり、悪の野望を叩き潰すために怒ったりする。つまり非常に暑苦しい。 デッドエンドがわかっている未来はまっぴらという人や夢を奪い去るものはどんな奴も許さないという人や我武者羅すぎる生き方が忘れられない人や強く今を生きる友を憂いながら明日の希望を取り戻したい人にお勧めである。 ここでもし怯んだら世界の果てまで後ずさることになりますよ。今がその時だ!

[編集] 漫画版

アニメ版は初代テレビ版と『ゲッターロボG』以外はそれぞれパラレルワールドの物語となっている。だが石川賢が描いている原作漫画版『ゲッターロボ號』は『ゲッターロボG』の後日談になっていて、恐竜帝国が完全壊滅していなかった事実も判明する。さらに続編の『ゲッターロボアーク』は流竜馬の息子が主人公になっている。

なお『ゲッターロボアーク』では石川賢のスタンド能力「打ち切り」がパワーアップし、雑誌ごと打ち切られた。また、そのスタンド能力は本体である石川賢の死後も解除されておらず、『ゲッターロボ飛焔』は雑誌ごと打ち切られ、『偽書ゲッターロボDASH』はゲッターIIIに変形して敵母艦を倒したところで「俺たちの戦いはこれからだ」エンド(と言っていたらその数ヶ月後に『DASH』を連載していた雑誌『月刊マガジンZ』も打ち切られた。しかしこっそり移籍していた)。ここから打ち切りは独立起動型のスタンドと思われ、雑誌ごと打ち切られる能力のようである。もしくはゲッター線が石川賢の後釜として正当に自身を描くものが表れない限り『ゲッターロボ』シリーズを掲載した雑誌は打ち切られるのかもしれない。その場合、『遊戯王』のソリッドロイドは「ゲッターロボとは関係がない」とゲッター線自身が認めることとなる。

[編集] ゲッター線

プリキュアの連中にゲッター線を当ててみた場合。お察しください

ゲッターロボの動力に使われている怪しい放射線はゲッター線と名づけられている。これは爬虫類や鬼を平気で虐殺するほど危険な上、他の相手も勝手に進化させるという厄介な代物であり、たとえ相手が人間でも機械でも何でもかんでも触れるものをどんどんと進化させる。メガドライブに当てるとセガサターンに進化し、ザクに当てると通常の三倍で動くようになり、ダッチワイフに当てればメイドロボに進化する。もちろん進化した後は元には戻らない。ゲッター線に進化させられた錬金術師の兄弟が元の体に戻すために旅に出るという事態まで発生した。

厄介な事にこのゲッター線は何かの意思を持っているらしい。地球上のおかしな出来事の七割近くはこのゲッター線の仕業であり、ゲッター線は生き物が進化によって困惑し奇行を疲労する事を最大の楽しみにしている。NHKマスコット気味の悪い殺人鬼に進化したのも、ウィキペディアのパロディとしてアンサイクロペディアが生まれたのも、ノートで合意が形成できないのも、国鉄が民営化したのも、大日本帝国が連合軍に降伏したのも、ディオが人間を辞めたのも、伊藤誠が女好きで最終回がNice boat.なのも、日本の都市が毎回毎回ゴジラに壊されるのも、デコ助野郎は金田に「さん付け」しないといけないのも、ノンケだって平気で食っちまう自動車修理工にホイホイとついていってしまったのもすべてゲッター線のせいなのである。

その上、宇宙からは無限にこのゲッター線が降り注ぎ、気に食わない生き物を絶滅させたり、面白そうな生き物を進化させてしまう。やつらにとって人間などおもちゃでしかない。アムロやララァがニュータイプに進化したのも実はゲッター線のせいである。宇宙に行った向井千秋さんはゲッター線によって真・向井千秋(チェンジむかいちあき)に進化させられたことは耳目に新しい。

おっと、ゲッター線の悪口を言ってはいけない。やつらはいつも人類を見張っているのだ。彼らの機嫌を損ねたら今度は君が進化という喜劇の主人公になるぞ。

[編集] 真の制作経緯

マジンガーZ』のジャンボマシンダーやら超合金などの玩具類が売れたので、「ロボが3体居れば3倍売れるぞ!」と言う安直な意向で制作が決定された。極めて不純な動機で造られたロボットである。

[編集] ゲッターロボの種類

[編集] 初代ゲッターロボ

ゲッター1の必殺技、ゲッタービーム
ゲッター3の代名詞、大雪山おろし

プロトゲッターを戦闘用に凶暴にしたゲッターロボ。「粘土合体」と言う物理的にありえない変形をするが、そのあたりはお察しください。各ロボの重量が違うという質量保存の法則を無視した科学を舐めているマシーン。『フレッシュプリキュア!』の主役3人の元ネタでもある。

ゲッター1
場合によりボロボロのマントを装着していたり、マントから怪光線を発射したり、変なガトリング砲を持っていたりするが、そっとしておいてください。ただしビームは尻から出る。指から出るのは偽物だ。亀甲面でダサく、漏らした黄色いパンツを履いている。頭はピカチュウ。他にトマホークと言う原始的な武器を使う(パイロットも自認)。中の人は本作後にライディーン、メカンダーロボ、ガイキング、ダイモスと色々乗り換えたがロボットに厭きてしまい、牛丼好きの超人になった後、触れると相手を爆発させる無慈悲な拳法家を経てスケベな拳銃違法所持のもっこり男になった伝説のあの男である。
ゲッター2
ドリルのドリルによるドリルのためのゲッターロボ。どう考えても自分の身体が入れるようなサイズの穴なんか掘れそうにない細いドリルで余裕で地中に潜る素敵なドリルロボ。すべてのドリル少女のお姉さんに当たる機体であり、EMS-05アッグは良きライバル、日本ドリルロボ協会の理事長もしている。逃げ足が速い。中の人は『ちびまる子ちゃん』のナレーション。
ゲッター3
戦車型のゲッターロボ。戦車型なのに水中でもガンガンいける。何故だ。主な武装は特攻。中の人は『あしたのジョー』で鼻からうどんを垂らして減量に負けたあの男。戦死(合掌)。
「足なんて飾りです。偉い人にはそれがわからんのですよ。」
ゲッター3 について、リオ・マリーニ曹長

[編集] ゲッターロボG

さらに強化をしたが、その代償で不細工になった(ただしドラゴンだけ)ゲッターロボ。この機体からゲットマシンとゲッターロボの名前が一致するようになった。

ゲッタードラゴン
トゲだらけ。ドラゴンとはあんまり関係ないし、中日ドラゴンズとも関係ない。むしろ広島カープに親近感を持つ赤い機体。ゲッター1に比べて約二倍のを持つ。暗いところでもよく見えるように全身を発光させる必殺技シャインスパークがあるが、三人の息がぴったり合わないと使えない上、エネルギーが尽きる。伝説のあの男が搭乗。
ゲッターライガー
空飛ぶドリル。筋肉はドリル、牙はドリル、燃える瞳は原始のドリル。腕のドリルは紛失しないように鎖がついている。逃げ足が速すぎて残像が見えるほど。某プロレスラーとは無関係であると言われてるが産みの親は同じで義理の兄弟。
ゲッターポセイドン
新型ゲッターの三号機にして『バビル二世』の三つの僕のひとつ。海を行け。念願の足を手にいれたぞー!そして、空も飛べるようになった。大雪山おろし?何それ美味しいの? 中の人は伴宙太で役処どころか性格も同じである。その後タイムボカンシリーズで悪役として活躍した。

[編集] 真ゲッターロボ

真ゲッター3

ゲッター線の照射しすぎと大人の事情で悪人面になってしまったゲッターロボ。変形の方はごまかしきれなくなったのか、モーフィングで変形することもできる。機体の方はしん、タイトルの場合はチェンジと読む。何故かはわからないが、SDガンダムのような目玉を装備している。漫画版、OVA共に竜馬が乗ったり、號が乗ったりする主役の判明を混乱させる機体。中二病ファンからは絶大な支持を得ている。

真ゲッター1
巨大な首切り斧を振り回し、コウモリみたいな翼で物理法則を完全に無視した動きをするゲッター。移動速度に「亜光速」とか書かれて、70年代アニメ制作会社や円谷の中の人の苦労が水泡に帰す。ストナーサンシャインを撃つためだけの機体と言うと凹む。しかし『スーパーロボット大戦』では完全にストナー発射機扱いである。真シャインスパークの事は忘れてください。
真ゲッター2
凶悪にパワーアップしたゲッター2、顔が。もちろんドリルもパワーアップ。物理法則を完全に無視した法則で逃げる。1の飛行速度が亜高速とかなっちゃったので、もう掘って逃げるしかない。
真ゲッター3
やっと生えた足をまたもやキャタピラに改造されたやわらか戦車。別名ミサイルハリネズミ。彼だけは物理法則をしっかり守った動きしかしない。てかできない。昔から際立っていたなんでいるのかわかんないポジションがシリーズ中最たるものとなっており、速度も火力も中途半端なので認知はされているがそれほど活躍の場はない可哀そうな機体。

[編集] ゲッターロボアーク

勝手に火星に行かない子。真ゲッターの試作機の割に口は開くは爪が生えるは、あげく耳がコウモリみたいだとは早乙女博士の正気を疑う。真ゲッターよりエネルギー効率はいいらしい。神隼人はこの世代まで頑張って登場していた。

ゲッターアーク
真ゲッターよりさらに悪人面。避雷針で飛ぶ。メインパイロットは流竜馬の息子・拓馬だが、彼の仲間は隼人や弁慶の血縁者ではない。
ゲッターキリク
ついに両腕ドリルになった。道路に穴をあけて国会を悩ませる。
ゲッターカーン
キャタピラに飽きたのか自分自身がタイヤ(トゲ付き)になった。一回しか出ない。

[編集] ゲッターロボ號

ゲッター線を使っていない国産の偽ゲッターロボ。ネオゲッターロボとも呼ばれる。この機体のみパイロットの名前が冠されている。

たいていの場合は神隼人によって開発される。その場合は真ゲッターまでのつなぎ。恐れ多くも各ゲットマシンの名前は過去の合体状態のゲッターロボと同じである。おもちゃでも再現できる程度の変形しかしない。

ゲッター號(ネオゲッター1)
ロケットパンチを搭載。青くて陸戦型。ゲッターライガーではない。漫画版とゲームでは合体後にホバー・ローターが無くなる為にブーメラン・ソーサーが使えなくなる。でも、プラズマサンダーは強力。中の人はドロロ兵長(TVシリーズ)および、テントモン(OVA)である。
ゲッター翔(ネオゲッター2)
おっぱいミサイル+ゲッター2。赤くて唯一空を飛べることからこの機体が本当の主人公機であることはいうまでもない。パイロットのヌードをアニメ、漫画共に披露。しかし描いてる人は女性の裸体を描くのが苦手らしく漫画版は全く色気がなかった。アニメ版も乳首の色素なし。敵の疑似体によるヌードだったがドロロ兵長から「あんなに(おっぱいが)デカイ訳ねえだろ」と突っ込まれていた。中の人はオーキド博士の孫(TV)および、ミズキ・立花(OVA)である。
ゲッター凱(ネオゲッター3)
パイロットと流竜馬=伝説のあの男の関係はリボンズとアムロのそれと同じである。
キャタピラ付きマジンガー。よりによって股間にドリル。必殺技はトマホークブーメラン。
スーパーゲッター號(そんなものは存在しない)
Gアームライザーとかいう4号機とゲッター號が合体。翔や凱にも付くようにしろよ。
プロトタイプ・ゲッター
合体変形機構が付く前のゲッター號。違う所では勇者王たちに盗まれる。どう見てもゲッタードラゴンです。本当にありがとうございました。

[編集] 新ゲッターロボ

OVAで登場したリメイクゲッター。なんかゴテゴテした今時のメカになり、搭乗者共々悪人面になった。敵はなんでか鬼だった。炉心交換でパワーアップしたが、なんでか竜馬単独のほうが強かったりする。 神様4人とケンカできる。

ゲッター1
キ○ガイバージョンの竜馬用。赤鬼。真ゲッター並のゲッタービームぶっ放して新宿一帯消滅させたとんでもない機体。しまいにはチェンゲよろしく惑星両断トマホークまで繰り出した。
ゲッター2
狂人バージョンの隼人用。初代ゲッター2よりトゲトゲしくなった。右手が3本爪だけどトマホーク掴んで敵をぶった切れる意外と器用なゲッター2。ドリルアタックはOP以外通用した例がない。
ゲッター3
武蔵坊弁慶と言う歴史上の人物をパクった人物が搭乗。「大雪山おろし」使用可能。パイロットがお坊さんなのでミサイル撃つときは合掌する。水中戦もあり、存在感はまあまあ。
プロトタイプ・ゲッター
早い話が初代ゲッターロボ。達人さんが乗ってたやつはほんとに初代そのまんま。寸胴。自爆装置あり。よく見ると版権的に怪しい機体も交じっているが気にしてはいけない。
巨大ドラゴン
別名ゲッター聖(セイント)ドラゴン。ゲッターロボが人間と融合する迷惑な世界を支配するおっかない機体。ご免である。

[編集] 偽書ゲッターロボ

リメイク漫画で登場した最新のゲッター。ただし、初代ゲッターロボをアレンジした卑しいニセモノ。しかも動力はアンチゲッター線である。

ゲッターI
ゲッター1のリメイク。口の中から牙をのぞかせているのがニセモノっぽい。
ゲッターII
ゲッター2のリメイク。他の2体と比べると変更点は少ない。ドリドリ。
ゲッターIII
ゲッター3のリメイク。搭乗者が元ネタと別人なので、下半身が潜水艦になっている。ますます出番が無くなりそうな予感。

[編集] その他のゲッターロボ

米国産の偽ゲッター、テキサスマック。
ブラックゲッター
プロトゲッター
初代テレビアニメ版に登場した、宇宙開発用の平和なゲッターロボ。平和ボケしすぎたため、最初に撃破された。『バビル二世』の元しもべのロデムが変身した早乙女達人がメインパイロット。
ゲッターQ
初代テレビアニメ版に登場した、ゲッター1を女性化したようなロボット。設計者は早乙女博士だが、実際に作ったのは恐竜帝国である。
テキサスマック
米国産の偽ゲッターロボ。怪しい日本語で大活躍する。それがユーのマキシマムですか?!
ゲッターエンペラー
通称ゲッペラー。インチキなまでに大きくてバカみたいに強いゲッター。ゲットマシンは芋虫である。イデオンとガチ勝負できる数少ない機体。能力を書き足したい最強厨の人はゲッターエンペラーの記事で。
ブラックゲッター
ごく普通のゲッター1を魔改造した機体。そんなに強くないくせに劇中では凶悪な活躍をする。パイロットには残虐行為手当が手交される。キチ○イ竜馬専用機。

[編集] 主要人物

[編集] 味方側

流 竜馬(ながれ りょうま)
初代の主役。原作ではキチ○イ空手家だったが、教育的指導により初代テレビシリーズではサッカー部のキャプテンに設定変更された。シリーズとしては全体的にメインパイロットだが、空戦担当のクセに高所恐怖症だったり適正度を疑う。
『偽書ゲッターロボ』ではなんとショタ化、了(リョウ)として登場する。ゲッター1系担当。『魔法騎士レイアース』の獅堂光のモデルでもある。
歌舞伎町に道場がある。
神 隼人(じん はやと)
足して付けた様な名前だが『仮面ライダー』とは無関係。原作では狂人学生運動家だったが、教育的指導により初代テレビシリーズでは神重工業の御曹子に設定変更された。原作シリーズでは最後まで生き残り、色々利用される羽目になる。しかも初代パイロットでは『ゲッターロボ飛焔』にも唯一登場している。置いてきぼり要員。
『偽書ゲッターロボ』ではヴィジュアル系になり、ハヤトとして登場する。ゲッター2系担当。『魔法騎士レイアース』の龍咲海のモデルでもある。
巴 武蔵(ともえ むさし)
柔道部主将。「大雪山おろし」と大食い以外は特徴なしのデブ1号。シリーズでも必ず死亡フラグが立つ人物で何度も殺されている。『黄色い子はいらない子』の法則として微妙な人物。基本ゲッター3固定。
『偽書ゲッターロボ』では…、同名の萌えキャラクター・ムサシ(後述)に差し替えられて登場しません。
早乙女 ミチル(さおとめ みちる)
初代テレビシリーズではヒロインであるが、『新ゲッターロボ』以外では新しいシリーズができる度に冷遇されている。原作と『世界最後の日』では殺されてるので、もはや有象無象である。一度だけ號に転生し、日の目をみた。しかし、『偽書ゲッターロボ』では敵幹部になっている。
早乙女 博士(さおとめ ひろし)
これが本名らしい。だって一回も名前出ないし、字幕でもそうなってるし。原作ではマッドサイエンティスト。全ての現況はこいつのセイ。
なお、『偽書ゲッターロボ』では下の名前が賢(けん)になった上に立場も敵首領になっている。
早乙女 元気(さおとめ げんき)
博士の次男でミチルの弟。かと思ったら、『世界最後の日』では博士の次女でミチルの妹だった(しかもケイとしてヌード披露)。『偽書ゲッターロボ』では敵幹部になっている。
早乙女 達人(さおとめ たつひと)
博士の長男でミチルの兄。シリーズで必ず死亡フラグが立つ人物その2。1~2話目で彼が死んだ後に竜馬がゲッターに乗るという形がほとんど。
『偽書ゲッターロボ』では悪の道に走った家族に代わって、ゲッターチームの司令官として生き残っている。ムサシ加入までベアー号を操縦していたがゲッターを操れるだけの体力がない人間が搭乗するとどうなるかはお察し下さい
車 弁慶(くるま べんけい)
武蔵の後釜だったり後輩だったりする人でデブ2号。野球部で捕手だがシリーズが進むにつれて、どうでも良く成っていった。基本ゲッターポセイドン固定。
一文字 號(いちもんじ ごう)
この男もシリーズ次第で役処が変わるが、基本は竜馬の後釜でゲッター1系担当。『世界最後の日』ではミチルのクローンで、『ネオゲッター』では地下プロレスのレスラー。竜馬と同時に登場してる時もあるので一概に主役とは断定出来ない時もある。
橘 翔(たちばな しょう)
隼人の後釜でゲッター2系担当。女の子で良くひんむかれるが、あまり可愛くなくヒロインと言うには?フラグが着く。オリジナルTV版ではキューティーハニーのパチモンで、『世界最後の日』ではケイちゃんと入れ替えられ登場しなかった。
『ネオゲッター』では居合の達人。
大道 凱(だいどう がい)
弁慶の後釜でゲッター3系担当。オリジナルTV版ではスマートな二枚目で声が竜馬だったが、本来はデブでウドの大木である。扱い的には翔よりややマシと言う程度。
敷島 博士(しきしま はかせ)
おそらく作中最高のキチ○イ。武器の発明家だが、自分の武器で相手が死ぬのを見るのが大好き、そして自分の作った武器で死ぬのが夢。しかも『アーク』では自分をサイボーグに改造。そのため、初代テレビシリーズには登場できなかった。
キャラクターの改変が激しい『偽書ゲッターロボ』でもまったくブレない。しかもゲッターロボの開発者に昇格した。
橘 博士(たちばな はかせ)
ゲッターロボ號の開発者であるが、シリーズによって登場しない時が多々ある。もはや黒歴史人物。一応は翔の父であるが、その翔すら登場しない時もある。
ジャック・キング
テキサスマック担当。もはや色者。あっちの方も早撃ちらしい。
ケイ
『世界最後の日』で翔からヒロインの座を分捕った女性。真ゲッターのスタッフだったり、早乙女元気の成長した人物だったりする。
武蔵坊 弁慶(むさしぼう べんけい)
『新ゲッターロボ』における巴武蔵の代理キャラクター。まんま風貌も性格も同名の歴史上の人物のパクリである。しかもイチモツをチラ見せしたことがある。
ムサシ
『偽書ゲッターロボ』における巴武蔵の代理キャラクター。『恋姫無双』なツインテール美少女で、原作のミチルの代理でもある。どうせなら武蔵坊より彼女のアソコのチラリのほうがマシ。ちなみに命の恩人(および原作での死亡仲間)である達人に惚れている。

[編集] 敵役

帝王ゴール
恐竜帝国の親玉でゲッターチームの第1の敵。基本は初作のみの登場であるが割と出番多いお方。アニメでは中間管理職だったり、漫画では置いてけぼりにされたり、気の毒である。
バット将軍
ゴールの腹心。アニメでは幹部の中で一番最初に死ぬが、漫画版ではジジイになっても生き延びている。おまけに認知症である。
ガレリイ長官
恐竜帝国の博士。出番は少なく、隼人と同じ声。
ブライ大帝
百鬼帝国の親玉でゲッターチームの第2の敵。ゴールと同じくチョイ役では良く出てる。
ヒドラー元帥
百鬼帝国の軍事最高司令官。『G』以外では出番なし。あまり人気がなかった様である。見た目や性格が某総統に似すぎである。
グラー博士
ヒドラーと同じだが、漫画版では少し出番が増えたらしい。
プロフェッサー・ランドウ
『號』のみ登場。中の人はロビンマスク
女帝ジャテーゴ
漫画版『號』に登場するランドウを影で操っていた人物で、ゴールの娘らしい。初代テレビシリーズのゴーラ(偽名:早乙女ミユキ)と同一人物かどうかは不明。

[編集] 関連事項

ゲッターの力を信じろ。
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス