ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
幼少期のヘンデル。窓枠に挟まって困っている。
成人したヘンデル。胸元を開けてバッハを誘っている。誘惑は成功し、その結果音楽が生まれる。

ゲオルク・フリードリヒ・ハレルヤ・ヘンデル(Georg Friedrich Hallelujah Händel 、1685年- 1759年)は、ドイツ音楽家である。「音楽の父」バッハと並び、「音楽の母」と称される、神に遣わされし偉大なるドイツの作曲家である。ハレルヤ!


第一部 メシア到来[編集]


ヘンデルは、1685年、つまりバッハの生まれたのと同じ年の2月23日、中部ドイツのハレにて誕生した。ハレルヤ!彼の家系は音楽とは縁遠く、宮廷つきの医者であった彼の父親は息子を法律家にしたがっていた。楽器の代わりに法律書を与えられ、机の前に縛り付けられ、芸術的センスに恵まれていたにもかかわらず、ヘンデルは大学で法律を専攻した。しかし音楽の道に強くあこがれ、それをあきらめることがどうしても出来なかった彼は最終的に、「ごめん、ごめんよ父ちゃん。でもおいら、音楽が好きなんだ。きっと父ちゃんの気に入るようないい音楽を作るから、許しておくれよ。」と、嵐の夜に、誰にも告げることなく家を出たのだった。


彼の才能を最初に見抜いたのはライプチヒの音楽家の家系で著名なオルガン奏者であったツァハウという人物であった。彼の熱心な指導により改革教会の見習いオルガン奏者となり、ついでハンブルグオペラのヴァイオリニストとなったヘンデルだったが、17歳のとき、あっさりそこを見限りイタリアに移った。このときから、天才音楽家ヘンデルの華麗なる活動が本格的に始まったのである。ハレルヤ!彼は各地で演奏を行い、得意の外国語でゴマをすりまくって、イタリア音楽界の重鎮たちと親しい仲になった。そして1710年、そのうちの一人ステファニの推薦により、ハノーヴァー朝の宮廷楽長という極めて高い地位を手に入れる。ハレルヤ!それから長いこと彼はその地位を利用して、ある女性チェリストへの執拗なセクハラを含む傍若無人な振る舞いの限りを尽くすが、彼の伝記には、この期間のことは彼の数多くの素晴らしいオペラオラトリオの作曲と演奏についてのことを除いてほとんど記述されていない。1712年、「きれいな絵がたくさんある」という理由でヘンデルはイギリスに帰化した。後年彼を悲劇が襲うことになるが、これは彼の軽率な行動に対する神からの罰であろう。ハレルヤ!


1743年、ロンドンでオラトリオ『メサイア』が演奏された。閉め切ったホールの中で、むっとする空気に耐えつつ、このあとの食事会を楽しみにして来た人々はうんざりとした顔で席にかけた。時の国王ジョージ2世は、最初のうちはおとなしく音楽に耳を傾けられ、いかにも分かっているといった風に首を振るなどしておられたが、そんな中ハレルヤ・コーラスが流れてきて状況は一変した。ハーレルヤ、ハーレルヤ、ハレルヤ!ハレルヤ!ハレールヤ!頭の中がハレルヤでいっぱいになった国王は、思わずお立ち上がりになって拍手をなさった。周りの人々も面倒臭そうに国王に従った。次第にみんなテンションが上がってきた。これが今日のスタンディングオーベションの発祥とされる。終盤、コーラスが盛り上がりをみせると会場のムードはさらに高まり、あまりの興奮に耐え切れなくなった国王をはじめ多くの聴衆のとった行動は、スタンディングオナベーションのはしりとされる。ハレルヤ!


1749年、ロンドン、グリーンパークで、アーヘンの和議のための祝典が行われた。祝福の曲の演奏を任されたヘンデルは、前日から武者震いが止まらず、就寝前にミルクと間違えてチョコレートを飲んでしまったため、夜通し興奮して「よーし!よーし!」と叫ぶ羽目になり、一睡も出来ず当日を迎えた。演奏が始まり、人々が聴き入る中、彼は震える手で導火線のスイッチをオンにした。途端、トランペッターたちの頭が端から順に大きくのけぞり、トランペットの中に仕込んだ火薬が次々と空に向かって噴出し、美しい花火があちこちに上がった。トランペッターたちが顔を黒焦げにして倒れても演奏はやまず、歓声があがり続ける中、大王ジョージ2世様は口の端に泡をおためになって、一心に見入っておられた。大成功であった。彼の栄光の前には自然界すらひざまずいた。ハレルヤ!

第二部 受難と復活[編集]



1751年2月、オラトリオ『イェフタ』作曲中のヘンデルは、自らのの不調に悩んでいた。医師の診断は緑内障で、回復の見込みはないとのこと。そのあまりに悲しい知らせを受け、ヘンデルの神への祈りはさらに熱心なものとなる。『イェフタ』の作曲を続けながらの毎晩の祈りもむなしく翌年8月に脳卒中で倒れ、完全に光を失った。音楽家生命の危機であった。そんな彼の元に二人の自称名医が現れ、ワラにもすがる思いのヘンデルは喜んでその敏の11月に手術を受ける。しかし、これによって視力が戻ることはなく、むしろヘンデルの両目は完全に破壊された。手術に参加した「名医」のうち一人はかのバッハを失明させたとの悪名高きヤブ医者ジョン・テイラーであり、したがって医療ミスがあった可能性がある。

「ああ、なんと不幸なことであろうか。視力を失った今となっては、かつてのように大規模な花火大会を行ったり、チェリストの歯をシロフォン代わりに叩いたり、絵画のコレクションをじっくり楽しんだり、いや、それどころか、首の後ろを掻いたり、鼻毛を抜いたりすることすらままならないのだ。おお、情けない。」失意の底にあったヘンデルの肩に優しく何者かの手が触れ、続いてものすごい力で鼻毛を引きちぎった。まさにそのときである、彼がひらめいたのは。そうだ、目が見えなくても、即興演奏なら出来るぞ、と。

第三部 メシアのもたらされし救い[編集]



そのことがあってから、彼は即興演奏者として第二の人生を歩んだ。若いころにみっちり習得したオルガンやヴァイオリン、チェロなどの楽器の演奏のテクニックは老いて光を失ってもなお衰えていなかった。ハレルヤ!彼は多くの音楽家たちから、かつてほどではないにせよ高い評価を受けるようになった。彼の演奏した『鼻毛のための協奏曲』の楽譜は残念ながら現存していない。

彼はまたかつてのオペラやオラトリオの再演も積極的に行った。彼の音楽には聴く人を浄化する作用があるといわれ、演奏会には毎回多くの客が訪れた。また、国王ジョージ2世は、ヘンデルが何度同じ曲をやっても、手を叩いて心から喜んでおられた。以前と比べるとささやかな、しかしおそらく適度な幸せの中で、1759年4月14日、ヘンデルは安らかに永遠の眠りについた。ハレルヤ!

ヘンデルの人生は、人は何度でもやり直せるということを我々に教えてくれる。彼の遺した数多くの曲は人々をより善き者にし、そのほとんどがハッピーエンドの彼のオペラにはみな心洗われる心地がする。ゲオルク・フリードリヒ・ハレルヤ・ヘンデルは、いまなおその音楽により多くの人を正しく導き、心から愛される、ドイツの生んだ素晴らしいキリスト教音楽家である。イギリスのハンドルさんではない。そう、あくまで、ドイツの音楽家なのである。

ハレルヤ!ハレルヤ!ハレルヤ!

使用楽曲[編集]

  • ハープシコード組曲 第一曲 第五章
  • 組曲『水上の音楽』より、ア・ラ・ホーンパイプ
  • オラトリオ『メサイア』より、ハレルヤ・コーラス
  • 組曲『王宮の花火の音楽』より、歓喜
  • オペラ『リナルド』より、私を泣かせてください
  • オペラ『セルセ』より、ラルゴ

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル」の項目を執筆しています。ハレルヤ!