ケント白石

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「ケント白石」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
「ツァーと共にあれ」
ケント白石 について、スティーブ・ジョブズ
「お腹すいたわー」
ケント白石 について、北竜町長
「今度うちもライトアップしてくれよ」
ケント白石 について、偉大なる将軍様

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!

ケント白石こんと しらいし)はartist、芸人、アルファブロガー、マンションオーナー、ご意見番、偉大なるツァー、壁紙およびライティング職人である。なお、この名称は壁紙職人の屋号である。なお、今後は観光地創造業と政界進出が予定されている。

肩書[編集]

artist[編集]

これから書く発想はもちろん僕自身の発想です。

他人の発想は分かりませんから…。 またこれから書く事を読んで、「それは違う!」と突っ込まれても困ります。

もし違うと思えば、それはそれで良いでしょう。 100人Artistがいれば100通りの発想があります。

それがArtist(アーティスト)ですから。
つまりartistとは・・・

偉大なるツァー(Czar)として[編集]

生まれつきツァーに敏感なものは未修練であっても、流れを読むことができ自在に操作できるとされる。
これは訓練により不慣れな者でもある程度のレベルまで引き上げることが可能であり
氏は他の指導者が利用する器具を一切排除しながらも効率的な訓練が行えるため
ツァーの偉大なる者として名誉をほしいままにしている。
なお、器具を利用する人々を徹底して否定しており、一方的に敵視しているが誰も気にしない

ツァー(Czar)の主な能力[編集]

  • 天候の予知
    • 気象現象の発生日時を認識することが可能になる
  • 水平・垂直の認識能力拡大
    • たとえ宇宙空間でも水平と垂直を保ち続けられる
  • 他者の心を操る
    • あふれるツァーの力を発現することにより、他者の心を掌握できる
  • 自身の考えを相手に送る
    • 上記と併せて応用すると、他者を思いのままに操作することが可能である
  • 霊体化
    • 数百キロ離れた場所であっても、念じるだけで移動が可能になる
  • 緑の雷撃
    • ツァーの光と暗黒面双方をみた者にだけ使える、蘇生と致死双方の効果をもたらす神の稲妻を頭部に常時発現させる。

壁紙職人[編集]

宗教団体の扱う端末に壁紙として採用されたことで一躍脚光を浴びる。
ことある毎にこの肩書きをつかうが、他の職人は謙虚で誰一人として名前を表に出していない為、批判も多い。
ただし、続きが当たらないので事実上の廃業となっている。

ご意見番[編集]

壁紙コンテストなどでトラブルがあると、呼ばれていなくても自ら首を突っ込んで意見を述べる
イメージ的にはサンデーモーニングに出てきて、喝連呼するご意見番的ポジションか
ただし、擁護しているつもりで擁護相手を逆に追い込んだり、疑惑を持ったものが潔白だったりするが
それらの失言はツァーの力でだいたい消えているので全く問題はない。

マンション[編集]

北海道の美瑛町にマンションを所有しているが、外装が世界で最も革新的なゴミ箱に酷似しているため
入居者は宗教信者がわずか数名で事実上、民泊宿となっており信者は信心を積むために住み込みスタッフとして奉仕している。
なお民泊者が多い理由は食事が林檎のフルコースのみが提供されることによる、強制ダイエットを狙ったものである。
なぜか宿泊サイトに登録があり、日本旅館として著名であるが・・・もちろんツァーの力です。

芸人[編集]

断れない。(被害者多数)
「突撃!役所にもの申す!」がTVで放送され大ヒットし現在の人気番組となっている。
本人のFacebookでは、過去の動画をすべて見ることが可能、著作権はツァーの力で黙らせている。
アポイントなしで役所もしくは首長に突撃し、いろいろなことをもの申す様が放映されている。
ちなみアポイントメントを取らないが取材を断ると・・・

略歴[編集]

2011年[編集]

緑のちまっきー時代
ブロガー”緑のちまっきー”として華麗にデビュー、Mr.FOXT君との触れ合いを情感豊かに表現したブログが好評を得る。
ふなっしーばりに身を張った、ちまき汁ぶっしゃーパフォーマンスも人気を博す。
同年7月10日にブログ閉鎖。コメントが2000件、ユニークアクセスは10000人/日あったとのことで9月に華麗な復帰を果たした。
ただし、7月10日から8月29日までの間についたコメントは4件。
なお、”緑のちまっきー”時代のほとんどは削除されている。本人曰く、あの時代はツァーの暗黒面に囚われていたので思い出したくないらしい。

2012年[編集]

壁紙職人としてヒット
7月 壁紙として宗教団体に緑の水たまりが作品として採用される。
これを機に"ちまき"からケント白石へと屋号を変更、マンションの名前にも屋号を入れ全面的に世界へアピールを開始。
亀爺および協会との闘い
同年より亀爺という生物を世界から抹殺すべく活動するとブログで宣言、時折ブログで狩猟結果が報告されるようになる。
亀爺を繁殖させているとする協会を一方的に敵視、不倶戴天の怨敵と見なすようになった。

2013年[編集]

写真販売のチャンスを逃す
自由に登録・販売できる壁紙サイトへ宗教団体に採用された壁紙と非常に酷似したものを登録したところ、信者による著作権侵害の通報多数により当該画像が非表示にされる。
運営者と懇意だったことから、直接話をさせるようサポートにメールで毎時1000通におよぶ猛抗議をしたところ、非表示はあっさりと解除された。
この写真販売の機会損失により100万ドル以上とバカラとリーデルのグラスをありったけ投擲したことで家屋半壊という損害を被った。

2014年[編集]

ライトアップ職人とTVデビュー
壁紙の元となった水たまりをライトアップする計画が発動。ライトアップ職人としてもキャリアを積むべく奔走。
青色LEDを利用して投身・溺死者防止につとめる一方、意見番として覚醒「突撃!役所にもの申す!」を行うようになり大人気ネタとなる。

2015年[編集]

壁紙で勝負
壁紙コンテストの審査員に抜擢されるが、壁紙職人としての資質を疑った人間により、非公式で金銭をかけた壁紙大勝負を行う。
相手は勝負中に暴走したツァーの余波によりあえなく棄権したため、勝利と莫大な資産を獲得。
物欲をマッスルx2でハッスルx2した様なお客様と写真で勝負
マンションの民泊者に写真対決を求められたため、相手の800万円するカメラをかけて勝負に挑む。もちろん自分が負けても相手には渡さない。
三脚を使おうとする相手を見て「僕の不戦勝ですね!」とかるく挑発、精神にダメージを与えつつ
ツァーにより相手を無自覚のまま操ることで、ぶれた写真を撮影させ勝利を一方的に宣言。
ついでにツァー講座(有料)に強制参加、顛末をブログで晒し上げて華麗な死体蹴りを決めた。客商売ってなんだろう。

2016年[編集]

哲学の木
有名な木が知らない間に倒され撤去されたことに憤慨、氏はとても懇意にしていたはずの相手にもかかわらず最後を呼ばれず立ち会えなかった。
その木はツァーにおいて重要な地点であったため、しばらくの間怒りが収まらず溢れ出たツァーの影響でMr.FOXが巨大化した。
コンテストにもの申す
頼まれてもいないのに壁紙コンテストの作品へ物申すため1600kmを霊体化により一瞬で転移、嫌疑をかけた作品はまさかのシロ判定。
釈明文は28000字を超える膨大な長文で綴られていた大作だったが、釈明の内容はわずか1行で残りは自分へのフォローが延々記載されていた。
また、なぜかたったの1週間で謝罪文どころか嫌疑をかけたスレッドごと削除された。管理者にツァーの力が及んだのかは不明。
コンテストにもの申す Part2
首都写真機部のパンフレットコンテストにおいて、青紅葉を手でばらまいたと思われる疑惑の写真が出展され話題となる。
撮影者への批判が殺到するも、写真への苦情はカメラメーカーにするべきであるとし、
これ以上の狼藉を働くなら、私のブログ上で誹謗中傷をした人間の情報を公開する!と宣言。
なお、現在はきれいさっぱりそのページは消滅している。
突撃関連
「突撃!役所にもの申す!」はメモリアル回として、夕張市役所での観光振興を目的に突撃を敢行、空振りに終わったことで夕張市長への突撃を予告している。
最新回では北竜町長に突撃を敢行、自分のみ名物のお昼ご飯を食べながら対話に望んだが、番組後半には空腹に耐えかねた町長と殴り合いに。
クラウドファンディング
町長と殴り合いを経て、ひまわり畑をライトアップすることになり、有志団体が資金400万円を得るべくクラウドファンディングを行う[1]
が、光害とライトアップ職人の取り分が高額だったことから抗議が殺到、あえなく北竜町はいったん断念した。
これに対し「光害なんてものより、観光振興の方が重要だ!」と怒り心頭の発言とともに、ひまわり畑With立ってる女性という新作壁紙を公開するが、反響がなかったためかその後は音沙汰がなくなった。
宗教団体立ち上げ
マンションの住人たちからカリスマ性を持ち上げられたことで、教祖となって新たに壁紙職人育成を目的とした宗教を設立
ネット限定の新規信徒(数量限定)を募集し壁紙講座を行い、SNSでコミュニケーションがとれるのがウリとなっている
ちなみにお布施は明文化していないが、階位認定制度として月額が実質的にきめられている
24時間トークショーやオフシーズンにガラガラの民泊宿を埋めるための催しも計画中とかなんとか
なお、信徒の入門条件にプロの壁紙職人はお断りと記載されているのは、的確なツッコミを防止するためである。
募集が即日埋まるほどの大盛況をみせているが、そちらにかかり切りになったことで「突撃!役所にもの申す!」の放送休止
さらには金にならないブログの更新がほとんど途絶えてしまっており、入信までは踏み切れない人々を大いに落胆させている。

2017年[編集]

特別番組「東川町への突撃!役所にもの申す!SP」放映
宗教団体立ち上げ後は、作品発表もまばらになり表舞台から消えていたが、人々に忘れられるのを恐れたのか突然に放映が決定される。
内容は東川町在住のラーメン屋経営の男性が、同町での規模の大きな国内写真イベントが行われているのにもかかわらず、全くお声がかからないことに氏がなぜか憤慨、役所に採用するよう突撃を仕掛けた。
そもそも誰も呼んでいないのにとつぜん現れた氏が「俺はこいつを評価しているから、こいつ撮影した写真を日本でも規模の大きい歴史あるイベントや役場に大々的に飾るべきだ」とねじ込むという内容である。
しかし、周辺のツァーの力を完全無効化する謎の動物が役所周辺には多く生息していたことから、「寝言は寝てから言ってくださいね、お爺ちゃん♪」と優しい塩対応で門前払いされてしまう。
これに憤慨した氏はネットにてまさに大噴火。暴走したツァーの力によりブログが妙にこぎれいになり
信徒たちは(無自覚に)こぞって東川町のイベント告知ページに突撃を繰り返し採用するよう執拗に迫り続けた。本人は直接関与していないので何も問題もない。
ただの迷惑行為でしかない上に、ツァーの力が及ばない東川町には完全無視される結果となった。一方で放送後の反応はツァーの力により上々であり、レジェンド回と評価が高い。
北竜町のライトアップと花火
1日限りの開催としてひまわり畑のライトアップと花火が同時開催。
氏の新作壁紙もお披露目されたが、ツァーの力を入れすぎたのかハイレベルすぎて常人には理解されない領域へ進んでしまったようである。
観光振興を目的としているのに「ここの花火はしょぼい」と愚痴ってしまうのは、本人曰くリップサービス。

関連項目[編集]


Hito.png この項目「ケント白石」は、手抜き状態のため発狂寸前です。正気に戻すかもっと発狂させてください。 (Portal:スタブ)
  1. ^ なお、最低寄付額が1万円と高額にもかかわらず、お礼は米だけ。どこの誰がどういう意図で行うのかも全く不明で連絡先すらなかった(当時)