ケンケン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ケンケン(犬々、:Muttley)は、『チキチキマシン猛レース(英:Wacky Races)』に登場する根性の悪いの名前である。ブラック魔王(英:Dick Dastardly)と共に同レースでは常に悪役を演じており、どう見ても好印象がもてるキャラクターではないはずだが、かつてアンサイクロペディアでは絶大な人気を誇っていたようだ。しかし後番組で主役の座はブラック魔王に奪われた。その為ブラック魔王のグッズは大体ケンケンとセットである。

名前の由来

原語のMuttleyは「雑種の犬」という意味だが、日本で放映するに際し、「アメリカのアニメをそのまま翻訳しても日本の視聴者には受け入れられない」という理由で、アニメのタイトル、キャラクタ名、サブタイトルそしてセリフに至るまで徹底的に日本語化にこだわった。

その結果、Muttleyは「陰」からケンケンと名付けられた。ケンケンの日本名は、このアニメのキャラクターの中で真っ先に決まっている。

なおブラック魔王(原語:Dick Dastardly)は元は「卑怯者のディック」という意味であるが、悪役という事で「魔王」をつける事が先に決まり「それだけだとありふれている」という理由で「ブラック」をつけてブラック魔王となった。

ケンケンが人気を集める理由

笑うケンケン
悪役だが、ドジであるため
悪役を務めるキャラの中には、その行動が間抜けであるがゆえに、好感を集めるものある。ブラック魔王とケンケンはまさに、それに該当するキャラクターといえる。その間抜けさ故に、どこか憎めないのもチャームポイントであろう。
悪役だが、ギャグになっているため
上とかぶる要素でもあるが、ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタなどと同様に言動に何か「笑い」「好感」を感じさせるものがあるかもしれない。特にケンケンの場合、その独特の嫌な笑い方が視聴者に強い印象を与えていると思われる。
スピンオフ作品で活躍したため
ブラック魔王とケンケンはスピンオフ作品の『スカイキッドブラック魔王』にも登場した。そのため、印象に残りやすい所があったかもしれない。

ケンケン人気の実例

  • 本編発表から48年も経っているのにキャラクターグッズが新発売された。
  • 江口洋介が物まねをしてみせたが、しっかりウケた。
  • 近年でもしっかりCMに登場している。正直、ブラック魔王より目立っている。
  • なんだか、あちこちで名前を見る。ような気がする。

関連項目

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「チキチキマシン猛レース」の項目を執筆しています。