グローバル・フットボーラー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

グローバル・フットボーラーとは、サッカーの(クラブチーム、国家代表を問わず)国際試合において、いろんな意味で重要な位置を占めるポジションである。このポジションはFW、MF、DF、GK等通常定義されるものとは異なり流動性を伴うため、「GF」と呼称される。GFといっても、「彼女(尻上がりに発音)」に淘汰されたガール・フレンドの略称ではないので、用いる際には注意が必要である。

概要[編集]

このポジションにある者は、フィールドにおける「12人目の選手」である。しかし対戦相手のユニフォームを着用し、チームにも実によくなじんでいるように見えるので、潜入されたチームの構成員や審判にも判別不可能であるといっても過言ではない。彼が果たすべき任務はFWとおぼしき場合にはチャンスを潰し、場合によってはボールをクリアすること、MFとおぼしき場合もほぼこれに準ずる。DFの場合は、味方(のように見える)との調和を乱すことで敵(のように見える)へチャンスを与えること、GKの場合は赤紙をもらって退場することなどが上げられる。

今まで観察されたGF一覧[編集]

このリストは間違っているかもしれないのだ。どんどん直して欲しい。

  • イェンス・レーマン(GK)

2005-06UEFAチャンピオンズリーグ決勝戦、予選からの無失点記録を捨て、ファイナルを開始数分後に赤紙を頂戴し退場で終える偉業を達成した。己の栄誉を顧みない捨て身とも言える献身に全米が泣いた。しかし、彼は神になったり笑神なったり疫病神になったりところころ変わるので敵の味方なのか味方の敵なのかどっちなのかよくわからなくて混乱させてくれるので素人にも玄人にもやっぱり区別がつかないのだった。

  • アーネ・フリートリッヒ(DF)
  • ルーカス・ポドルスキー(FW)
  • ジャングルウーマン (MF)
  • ルカ・トニ(FW)

関連項目[編集]

この項目「グローバル・フットボーラー」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)